ニュース
» 2011年08月02日 14時03分 公開

企業データの品質を管理する新製品を発表 SAP

SAPジャパンは、新たな企業情報管理ソリューション「SAP BusinessObjects Information Steward」の提供を開始した。

[伏見学,ITmedia]

 SAPジャパンは8月2日、企業情報管理ソリューションの新製品「SAP BusinessObjects Information Steward」の提供を開始した。

 同製品は企業データマネジメント製品「SAP BusinessObjects Enterprise Information Management 4.0」を構成するソフトウェアの1つ。企業のさまざまなシステムに散在するデータ資産の発見・定義、品質管理、継続的な監視などを同一の環境下で実行できるのが特徴。

 具体的な機能として、データがビジネスの定義と予測に適合するかを分析したり、データの完成度や冗長性などをチェックする「データプロファイリング」、メトリクス(品質測定)に基づいてデータ品質パフォーマンスを評価、追跡したり、データ品質に関する弱点を特定する「データ品質監視」、BIレポートからデータソースまでのデータを追跡する「メタデータ分析」などがある。

SAP ソリューション営業統括本部 BA&T事業開発 EIM事業開発マネジャーの坂本環氏 SAP ソリューション営業統括本部 BA&T事業開発 EIM事業開発マネジャーの坂本環氏

 企業を取り巻く情報量は膨大に増え続けており、構造化データや非構造化データなど、情報の質も多様化している。そうした中、情報をビジネスに生かすために情報管理はますます重要になってくるが、多くの企業では、複数のシステムにさまざまなデータが分散しているため、すぐに欲しい情報が引き出せなかったり、不正確あるいは不十分な情報だったりと、その管理に問題を抱えている。

 SAP ソリューション営業統括本部 BA&T事業開発 EIM事業開発マネジャーの坂本環氏は「データ活用においては、そのデータの信ぴょう性が何よりも重視される」と強調する。新製品は、データの鮮度や品質、信ぴょう性を保つために効果的なデータ管理を行える点が強みだとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -