ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「データ品質」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「データ品質」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

今日のリサーチ:
AI活用の取り組みが日本で二極化 導入済み企業でも顧客体験創出など「攻めの投資」では米国と差――PwC調査
PwCの最新調査にみるAI活用5つのトレンドと4つの提言。(2021/4/5)

「データ主導型企業」に必要な人材育成の勘所【前編】
「データリテラシーの高い社員」が「分析ツールを使える社員」よりも貴重な理由
競争力を高めるためにデータ主導型の意思決定を目指す企業は、何をすればよいのか。重要なのは人材育成だが、分析ツールが使える従業員を育てることだけが全てではない。鍵は「データリテラシー」の向上だ。(2021/3/8)

スマート工場最前線:
技術者が行けない! タイでの新製品量産を遠隔立ち上げしたOKIデータの挑戦
COVID-19により人の移動が制限される中、従来は技術者を派遣していた海外工場での量産立ち上げなどが行えない状況が生まれている。こうした中で、新規設計製品の量産立ち上げを完全リモートで行い成功したのがOKIデータである。カラーLEDプリンタ戦略製品の遠隔立ち上げへの取り組みを紹介する。(2021/3/2)

AaaSからXaaSまで
「as a Service」主要43種の一覧 あなたは幾つ知っている?
クラウドサービスの普及と共に、多様化が進んだ「as a Service」。具体的にはどのようなサービスがあるのか。主要なas a Serviceをアルファベット順に紹介する。(2021/4/1)

2021年のDXトレンド予測【後編】
「リアルタイムデータ処理」「MLOps」が2021年のDXに必要な理由
2021年はビジネスそのもののスピードを加速させる技術に注目が集まるだろう。リアルタイムのデータ処理を可能にする技術分野や、機械学習モデル開発の効率化、といったトレンドを探る。(2021/2/24)

サプライチェーン改革:
在庫過剰を解消し、サプライチェーンの強靭化を促すAIソリューション
NTTデータ グローバルソリューションズは2021年2月17日、AIを活用した在庫管理ソリューションを展開する米国スタートアップVerusenとの協業開始を発表した。クラウドベースのAI在庫データ管理ソリューションを通じて、企業が過剰に在庫を抱える状況を防ぎ、コストを低減する。(2021/2/18)

多様な販売形態へ“3つのポイント”にも注目:
AIの「安全な取引市場」を国内に作れるか 新たな流通基盤サービスが示す可能性は
産官学が連携し、データやAIの学習モデルを含む幅広いデータ取引を可能にするクラウド基盤が始動した。生成者からユーザー、間に入る事業者に至るサプライチェーンを網羅する形で、ニーズに合った契約や知財権の保護、セキュリティなどの仕組みをどう実現するのか。新たな基盤の中身からは、国内のデータ市場が抱える課題も見えてきた。(2021/2/18)

ITリーダーが直面する「DX」の3大課題【前編】
ITリーダーは「コロナ禍で生まれた新たな顧客ニーズ」にどう応えればよいのか?
新型コロナウイルス感染症の問題が続く中で、顧客ニーズが大きく変化している。こうした中、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する企業のITリーダーが直面する課題とその解決策は。(2021/1/26)

FAニュース:
IO-Link対応で工場の生産性を向上する、省電力小型の自律型アクチュエーター
Maxim Integrated Productsは、50%以上の省電力化が可能な自律型アクチュエーター「PD42-1-1243-IOLINK」を発表した。モニタリングの量と質を高めることで、ダウンタイムや試運転時間を短縮し、工場の生産性を向上する。(2021/1/20)

マップサービス最新動向:
王者Googleマップにライバル登場!「Mapbox」はどこまで使えるか?
これまでWebサイトにマップ(地図)を載せるなら、「Googleマップ」(Google Maps JavaScript API)を使うのが「普通」だった。だが最近、「Mapbox(マップボックス)」が徐々に存在感を示し始めている。どれくらい「使える」のか、簡単な比較をしてみた。(2021/1/13)

映像データの品質はそのまま、転送サイズ10分の1に――自動運転の見守りAIに新技術
NECは、AIで車などの遠隔見守りの高度化に貢献する「学習型メディア送信制御技術」を開発した。車載カメラ映像をAIで最適化することで、無線通信帯域を最大10分の1に削減し、リアルタイムな遠隔運行管制や緊急時の遠隔操縦を支援する。(2021/1/12)

Gartner Insights Pickup(188):
データとアナリティクスのチーム作りにおける5つの落とし穴を避けるには
文化変革をリードし、データリテラシープログラムを開発し、既存スタッフのスキルを向上させることなどにより、効果的なデータとアナリティクスのチームを構築する。(2020/12/25)

維持検査・点検:
道路空間の取得と路面点検を1台に集約した新型の計測車両、パスコ
パスコは、道路点検用のデータも含む多目的の利用に資する道路空間データを、一度の走行計測で取得する新たなコンセプトに基づく計測車両システムを開発した。(2020/12/10)

製造業DX:
PR:製造業はDXとどう向き合うべきか、鍵となる「正しいデータ」と「試行錯誤の数」
製造業のDX化への取り組みが加速している。DXを成功させるための考え方やポイントについて、「データ収集」の支援をしてきたアプトポッドの代表取締役である坂元淳一氏と、「データを蓄積し活用する」ところを支援してきたアマゾン ウェブ サービス ジャパン テクノロジーパートナー本部 セグメントリード(AI/機械学習・IoT) 小澤剛氏 に話を聞いた。(2020/12/9)

AI画像認識ソリューションに新機能 「短期開発」と「早期PoC」を支援
日立ソリューションズ・テクノロジーは、周辺のモノや人を検知し、安全性把握や密集密接予防などに活用できる「画像認識エッジソリューション」の新バージョンを発表。AIの学習期間を短縮するツールや、高ニーズの機能のパッケージなどを追加した。(2020/12/3)

作って試そう! ディープラーニング工作室:
PyTorchでCIFAR-10を基にDCGANで画像生成をしてみよう
前回に作成したDCGANと同様な構造のニューラルネットワークモデルで学習をしながら、識別器が算出する値と損失関数の関係などについて考えてみましょう。(2020/11/27)

2020年11月中に提供開始へ:
SAPが満を持してCDP市場に参入 他のベンダーにない強みとは?
「SAP Customer Data Platform」がリリース。フロントオフィスデータのみならずバックオフィスデータも含め企業プロセス全体のデータを顧客に結び付けてパーソナライズされた顧客体験を提供する。(2020/11/13)

顧客データの一元化でCXを再定義する――SAPジャパンが新製品をリリース
SAPジャパンは、顧客データ基盤「SAP Customer Data Platform」を発表した。コマース、マーケティング、セールス、サービスにわたる企業プロセスのデータを顧客と結び付けて一元化し、あらゆるチャネルで一貫したCX(顧客体験)の提供を支援する。(2020/11/12)

医療機関はデータ品質を高められるのか【後編】
医療機関が「データ品質」問題を放置してはいけない深刻な理由
医療機関にとってデータ品質の問題は、患者の生命に関わる問題に発展するリスクがある。医療業界に特有の課題について、データ分析の専門家は何を問題視しているのか。(2020/10/22)

医療機関はデータ品質を高められるのか【前編】
医療機関を困らせる「データ品質の低下」はこうして起こる
医療現場において、データの品質は患者の生命に関わる要素だ。だがデータ品質維持に課題を抱える医療機関は少なくない。背景には何があるのか。(2020/10/14)

Neo4jの導入事例
「グラフデータベース」を新型コロナの接触追跡に活用 医療機関が挑戦
複数のデータの関連性を示すグラフ構造を持つ「グラフデータベース」は、新型コロナウイルス感染症の研究に役立つ可能性がある。ドイツの医療機関における事例を紹介する。(2020/10/5)

エッジコンピューティング:
製造業のAI導入で最重要な「MLOps」、機械学習モデルができたら終わりじゃない
アマゾン ウェブ サービス(AWS)のオンラインユーザーイベント「AWS Summit Online」に、東大発のAI(人工知能)ベンチャー・アイデミー 社長の石川聡彦氏が登壇。「製造業におけるIoT×AI/ML基盤の構築とその運用事例」をテーマに講演を行った。(2020/10/2)

事例で学ぶデータ活用成功の鍵【後編】
急成長のエネルギー企業が「データ品質」を何よりも重視する納得の理由
質の高いデータ分析は、どうすれば実現できるのか。そのために重要なことは「データ品質」の維持だと、データ分析を成長に生かすエネルギー企業のEmber Resourcesは指摘する。それはどういうことなのか。(2020/10/1)

ウチには何人いる? データとアナリティクスの活用に重要な12の人材とは
ガートナー ジャパンは、ITリーダーに向けて、ビジネスにおけるデータとアナリティクスの活用を推進する際に重視するべき12の役割を発表した。ビジネス成果の創出のため、各企業はこれらの役割の強化が必要だという。(2020/9/25)

Ansys INNOVATION CONFERENCE 2020:
ホンダが挑む高効率材料開発、マテリアルズインフォマティクスの活用に向けて
アンシス・ジャパン主催のオンラインイベント「Ansys INNOVATION CONFERENCE 2020」のAutomotive Dayにおいて、ホンダは「マテリアルズインフォマティクスを活用した高効率開発のための材料データベース」をテーマに講演を行い、同社の材料データベース導入、マテリアルズインフォマティクスの取り組み事例を紹介した。(2020/9/14)

ファミマとドコモ、広告で新会社 購買データ活用
NTTドコモ、ファミリーマート、伊藤忠商事、サイバーエージェントが、広告事業を手掛ける新会社「データ・ワン」を設立すると発表した。(2020/9/2)

サプライチェーン改革:
複合機オプション品の需要予測にAIを活用、コニカミノルタが考える成功のカギ
NECは2020年7月13〜17日、バーチャルイベント「NEC iEXPO Digital 2020」を開催。本稿では、テーマセッションAIの業務適用に向けたポイント〜コニカミノルタが推進する需要予測へのAI活用〜」として登壇した、コニカミノルタ SCM部 部長の神田烈氏の講演内容を紹介する。(2020/8/6)

「DWH」を賢く選ぶ【前編】
「DWH」(データウェアハウス)はなぜ生まれたのか? なぜ必要なのか?
「DWH」(データウェアハウス)はどのように生まれたのか。なぜDWHが必要なのか。歴史を振り返りながら、DWHの存在意義を探る。(2020/8/6)

PR:離れた場所のデータをつなぎ、活用を加速せよ NTTコミュニケーションズとインフォマティカの協業がDXにもたらす「価値」とは
DX時代に加速するデータ活用のニーズを支える基盤をどう実現し、増加するデータにどう対処するのか。そんな課題に挑むのがNTTコミュニケーションズとインフォマティカだ。2019年に協業を発表した両社は、ネットワークからアプリケーションまで、幅広いレイヤーで効率的なデータ管理と迅速な活用を支援する。その取り組みの内容と、コロナ時代の世界を見据えた今後のビジョンとは。両社が対談で明かした。(2020/8/7)

PHR分野の標準化を図る:
日本マイクロソフトとTIS Azure利用のヘルスケアサービス実装テンプレートを提供開始
日本マイクロソフトとTISはPHR分野において連携することを発表した。Azureを利用したヘルスケアサービス実装テンプレート「ヘルスケアリファレンスアーキテクチャー」を提供し、PHR分野の標準化を図る。(2020/7/10)

マーケターがAIを学ぶには:
Amazonもハマった、「AIを使うとき」の落とし穴
AI時代、マーケターはどのようにスキルを学んでいけば良いのだろうか。Amazon.comやある旅行会社の事例をヒントに、AIを導入・活用する際の留意点を紹介する。(2020/7/9)

製造ITニュース:
日本企業の多くが未成熟、国内企業のデータ運用成熟度
IDC Japanは、国内企業におけるマルチクラウドのデータ運用成熟度調査の分析結果を発表した。データ管理におけるユーザー成熟度分布では、少数の先進的企業に対して、未成熟な企業数の割合が多いことが分かった。(2020/7/3)

2020年、AI活用の成否を分かつ技術とは(2):
AIプロジェクトの成否は「MLOps(機械学習基盤)」にかかっている
人工知能(AI)を活用して価値を提供する企業が現れる中、PoCでつまずく企業が見直すべきポイントはどこにあるのか。そして今後必要不可欠になる考え方とは何か。機械学習に必要な教師データを企業に提供するLionbridgeに話を聞いた。(2020/7/1)

今日のリサーチ:
Salesforceが世界29カ国約7000人に調査 ニューノーマル時代のマーケターの役割とは?
Salesforceが発表した年次調査レポート「マーケティング最新事情」(第6版)日本語版のハイライトを紹介します。(2020/6/29)

2020年のアナリティクス技術のトレンド、トップ3は「よりスマートなAI」「データストーリー」「意思決定インテリジェンス」――ガートナー発表
ガートナーは、データ/アナリティクス技術のトレンドのトップ10を発表。NLP(自然言語処理)や適応学習などを活用したAI分析の需要が高まり、2024年末までに、75%の組織がAIを“試験的な導入”から“実運用”に移行させるという。(2020/6/25)

企業のAI開発を包括的に支援 IBM「Cloud Pak for Data V3.0」の提供を開始
日本IBMは、データプラットフォーム「Cloud Pak for Data V3.0」の提供を開始すると発表した。企業のAI開発を包括的に支援する同パッケージだが、今回、既存アプリケーションや非機能要件の強化に加え、自社やサードパーティー製品などの新規コンポーネントを追加したという。(2020/6/18)

「Planning Analytics」を統合:
日本IBMが統合データ/AI基盤「IBM Cloud Pak for Data」のv3.0を発表、京セラは全社基盤の整備に活用
日本IBMは2020年6月15日、同社の統合データ/AI基盤製品である「IBM Cloud Pak for Data」の新バージョン、v3.0について説明した。全社的なデータ分析/機械学習/AIのサイクルを自動化する統合基盤を目指した製品で、京セラも採用したという。(2020/6/16)

データ運用基盤の戦略的な再構築が求められる状況にある:
「データ管理に関して未成熟な企業が多い」 IDCが国内企業のデータ運用成熟度分布を発表
IDC Japanは、国内企業のデータ運用成熟度分布を発表した。国内のユーザー企業を対象に実施した調査を基に分析し、5段階で分類した。その結果、第2段階にある企業が最も多かった。データ管理に関して先進的な企業に比べて未成熟な企業が多く、偏りがあることが分かった。(2020/6/10)

国内企業のデータ運用の成熟度、1〜3段階目が最多 求められるのはデータ運用基盤の戦略的構築――IDC調査
IDC Japanが実施した国内ユーザー企業のデータ運用成熟度調査によると、マルチクラウドなどのデータ運用環境を既に整備し、活用しているのは少数の先進的企業で、多くは環境整備が不十分で“未成熟”な状態にあることが分かった。データ運用基盤の戦略的な再構築が求められる状況にあるという。(2020/6/9)

「データカタログ」とは何か【後編】
「データカタログツール」とは? 主要機能とベンダーを紹介
データ分析担当者は、分析に利用するデータの入手に苦労することがしばしばある。そうした課題に対処する手段が「データカタログ」ツールだ。その主要機能とベンダーを取り上げる。(2020/5/13)

「データトレンドレポート 2020」解説(後編):
データに基づく意思決定ができる企業の組織と文化
アナリティクスとデータ活用の将来を左右する主要トレンドを分析したTableau Softwareの年次レポート「データトレンドレポート 2020」解説後編。(2020/4/21)

Weekly Memo:
なぜ、最高データ責任者が企業にとって必要か――PwCコンサルティングのレポートから読み解く
企業のDXにおいてデータの有効活用がますます重視される中、「最高データ責任者(CDO)を置くべきだ」との声が高まってきている。そう訴えるPwCコンサルティングのレポートを取り上げながら、CDOの必要性について考察してみたい。(2020/4/6)

ブームではなく、通過点として:
PR:「DXの次」を見据えたデータガバナンス 長期的な戦略に基づいた保護・管理とは
日本企業のDXへの取り組みは遅れがちで、このままでは世界経済から取り残されてしまう――そのような警鐘は「見慣れたもの」になりつつある。だがDXは目的ではなく手段であり、通過点にすぎない。DXを目的化せず「その先」に起きることを見据えれば、採るべき手段も見えてくる。(2020/3/18)

従来比10分の1以上の圧縮を実現:
AI認識に必要最小限まで映像データを圧縮する新技術
富士通研究所は2020年3月5日、高精細/大容量な映像データをAI(人工知能)が認識可能な必要最小限のサイズまで高圧縮する技術を開発した、と発表した。従来の人間による視認を目的とした圧縮技術と比較し10分の1以上の圧縮が可能となり、運用、伝送回線コストを大幅な削減が実現できるという。同社は、2020年度中の実用化を目指している。(2020/3/5)

Gartner Insights Pickup(144):
AI導入の3つの障壁
AIの導入が進んでいるが、課題も残っている。企業は、AIで何ができて何ができないかを理解する必要がある。AIプロジェクトを成功に導くには、その裏にある真の障壁を克服しなければならない。(2020/2/7)

AI基礎解説:
「AI駆動システム」が急速に成長、2020年に注視すべき5つのAIトレンドとは
2020年は「AI駆動システム」の年になる。AIが低消費電力、低コストの組み込み機器へ導入されるようになり、強化学習がゲームから実世界の産業用途へと移行するにつれて、新たなフロンティアが成長をけん引するだろう。(2020/1/27)

データドリブン経営に向けて
サイロを乗り越え「使えるデータ」を生み出すために何をすればいいのか
データドリブンの経営を目指す動きが広がる中、データ活用の大前提となるのがさまざまなシステムに分散したデータの統合だ。データ集約はできても中身の整理ができていなくてはどうにもならない。この最初にして最大の課題をどうするか。(2019/12/17)

製造IT導入事例:
YKK APがArasを採用、柔軟性やサブスクリプションなどを評価
アラスジャパンは、YKK APがArasプラットフォームを採択した事例について発表した。同プラットフォームのアーキテクチャや柔軟性、アップグレードのしやすさ、サブスクリプション価格で利用できる点が評価され、採用に至った。(2019/12/12)

NEC「AI品質ガイドライン」策定 機械学習のモデル作成用データ品質を定量的に判断
AIを活用するシステム開発が広がっているが、その品質はどうやって確保すべきだろうか。多くのAIシステム開発を手掛けてきたNECが知見に基づいたガイドラインを策定した。(2019/12/10)

テクノロジー活用で企業の収益成長率に2倍以上の差――アクセンチュア調査
テクノロジーを活用していない“出遅れ企業”の損失は雪だるま式に増える予想も。(2019/12/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。