ニュース
» 2011年09月19日 20時25分 UPDATE

三菱重工でウイルス感染の疑い、システム情報が流出か

三菱重工業で8月上旬にウイルス感染の可能性が判明し、調査を実施している。

[ITmedia]

 三菱重工業は9月19日、同社のコンピュータがウイルスに感染した疑いがあるとして、外部の専門家と共同で調査および対応を進めていると発表した。

 ウイルス感染の可能性が判明したのは8月上旬。現時点ではウイルス感染による被害拡大は止まったものとしている。過去に社内の一部コンピュータのシステム情報(ネットワークアドレスなど)が流出した可能性があり、製品や技術に関する情報が社外に流出した事実は確認されていないという。

 同社は警察当局に報告、相談するとともに、外部の専門家と共同で対応に当たり、ウイルス駆除などの被害拡大防止策を講じた。引き続き調査を進め、対策強化を図るとしている。

関連キーワード

三菱重工業 | ウイルス | 感染


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -