ニュース
» 2011年10月04日 16時20分 UPDATE

Oracle OpenWorld 2011 Report:「ビッグデータ」時代への回答

年次カンファレンス「Oracle OpenWorld 2011」の2日目では、「ビッグデータ」に対応するいくつかの新製品が発表された。

[伏見学,ITmedia]

 一足早い秋の訪れを感じる米国・サンフランシスコ。地元に住む参加者によると、例年と比べてこの時期の気温としては低いそうだ。市内の主要な通りであるマーケットストリートを行き交う人々もどことなく足早に歩いている。

米Oracleのマーク・ハード社長 米Oracleのマーク・ハード社長

 あいにくの雨模様ということもあり、一段と厳しい冷え込みとなった10月3日(米国時間)、2日目を迎えた米Oracleの年次カンファレンス「Oracle OpenWorld 2011」では、今回のメインテーマである「クラウド」と「ビッグデータ」の重要性とその対応が繰り返し強調された。

 午前中のキーノートに登場したマーク・ハード社長は「(幅広い製品群を取りそろえるなど)Oracleは顧客に選択肢を与えている。クラウドに関しても、プライベート、パブリック、ハイブリッドという3種類を用意する」と強調。顧客の立場に立った製品戦略によって、2010年のライセンスフィーは20%成長したと説明する。今後も各分野の技術力を向上させ、45億ドルの研究開発投資を行っていくと述べた。

単なるBIではない

製品開発担当 エグゼクティブ・バイスプレジデントのトーマス・クリアン氏 製品開発担当 エグゼクティブ・バイスプレジデントのトーマス・クリアン氏

 そうした中、ビッグデータに対するOracleの具体的な回答として、カンファレンス初日に発表されたのが、エンジニアド・システムのビジネスインテリジェンス(BI)製品「Oracle Exalytics Business Intelligence Machine」である。1テラバイトのRAM、計40コアの「Intel Xeon E7-4800プロセッサ」を搭載するサーバ「Sun Fire」に加え、既存のBI製品である「Oracle Business Intelligence Enterprise Edition」と「Oracle Essbase」を含む「Oracle BI Foundation」ソフトウェア、

インメモリデータベース製品「Oracle TimesTen In-Memory Database」でシステム構成される。Exalyticsでは、レポーティングやダッシュボードだけでなく、ビジネスモデリング、予算編成、予測、シミュレーションやシナリオ分析にまで活用することが可能になるという。

 ハード社長に続いて登壇した製品開発担当 エグゼクティブ・バイスプレジデントのトーマス・クリアン氏は「高速インメモリによって膨大データを人間の思考スピードで瞬時に分析、処理できる。この飛躍的なパフォーマンスの向上によって、企業で今まで不可能だったさまざまなことが実現できるようになる」と意気込む。こうした業が成せるのも、ソフトウェアとハードウェアを一体化させたエンジニアド・システムによるところが大きいという。

「アプリケーションに手を加えずとも、ExalyticsやExadata、Exalogicといったエンジニアド・システムを使えば、パフォーマンスが向上するだけでなく、コストの抑制にもつながるのだ」(クリアン氏)

 Exalyticsの先行ユーザー事例として、ビデオ映像で紹介のあったPolkのビジネスインテリジェンス担当バイスプレジデントであるケリー・ガルシア氏は、「より多くのエンドユーザーに分析データを提供できるようになったほか、データとインタラクティブにかかわることで素早く意思決定できるようになった」とコメントした。

ビッグデータのためのシステム

 また本日、新たにアナウンスされたエンジニアド・システム製品が「Oracle Big Data Appliance」である。

 同製品は、Apache Hadoopのオープンソース・ディストリビューション、拡張性の高い分散Key-Valueストア型(キーと値のペアからなるシンプルなデータモデルに基づくデータストア)のデータベース「Oracle NoSQL Database」、Hadoop対応の高性能データ統合ソフトウェア製品「Oracle Data Integrator with Application Adapter for Hadoop」、Oracle Database 11gで効率的なロードと分析を行うために最適化されたデータセットを作成する「Oracle Loader for Hadoop」、R言語のオープンソース・ディストリビューション、「Oracle Linux」、「Oracle Java HotSpot Virtual Machine」で構成される。

 Oracleが推奨するように、データベースマシン「Oracle Exadata Database Machine」とビジネスインテリジェンス(BI)製品「Oracle Exalytics Business Intelligence Machine」と組み合わせることで、ユーザーはビッグデータを取得、整理、分析、レポートする上で必要な機能がすべて享受できるという。

 クリアン氏は「パフォーマンスだけに目が行きがちだが、管理機能も統合されている点が大きい」と強調する。こうしたシステムの運用管理面を支えるのが管理ソリューションの最新版「Oracle Enterprise Manager 12c」だ。同製品については、詳細を追ってレポートする。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ