ニュース
» 2011年10月18日 13時40分 UPDATE

シスコ、60ワットの電源供給可能なPoE機能を発表

ネットワークスイッチ「Cisco Catalyst 4500E」向けのパワーオーバーイーサネット機能をシスコシステムズが発表した。

[ITmedia]

 シスコシステムズは10月18日、モジュラネットワークスイッチ「Cisco Catalyst 4500E」向けのパワーオーバーイーサネット(PoE)機能である「Cisco Universal Power Over Ethernet(UPOE)」を発表した。

 PoEとは、一般的な電源プラグの代わりにLANの配線で使用されるイーサネットケーブルを通して電力を供給する技術。これを活用することで、ネットワーク経由の電源管理が可能になり、使用していない機器の消費電力を削減できる。Cisco UPOEは、一般的に利用されているPoE Plusの30ワット電源供給に比べて1ポート当たり2倍の電力を供給できるため、Cisco IPフォン、パーソナルテレプレゼンスシステム、コンパクトスイッチなど、さまざまなデバイスへ電力供給が可能となる。

 UPOE機能を搭載したCisco Catalyst 4500Eは、CPUモジュール、電源ユニットとファンの冗長性によって高い可用性を実現するほか、Cisco Catalyst4500Eにバックアップ用の電源基盤を統合することで、低い導入・管理コストで電源インフラを構築できるという。

 そのほか、Cisco UPOEは、企業が電力消費量を管理するための新たなプラットフォーム「Cisco EnergyWise」との統合で電源管理機能を拡張でき、簡素化されたネットワークや電源ケーブル基盤を通じて、従来のPoE機器以外のデバイスのポリシー設定も可能となる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -