ニュース
» 2011年10月26日 18時13分 UPDATE

「データセンタービジネスが絶好調」とシスコ、新製品群を投入

シスコは、拡張性や大量データの高速処理を求めるデータセンター向けに、多数の新製品およびサービスを投入すると発表した。ネットワークやサーバ機器の採用が急拡大しているという。

[國谷武史,ITmedia]

 シスコシステムズは10月26日、都内で記者会見を開き、データセンター向けのネットワーク機器の新製品群や複数の新サービスを発表した。併せて、データセンター市場における同社の事業動向も説明した。

 発表された新製品は、コアスイッチ「Cisco Nexus 7000」シリーズのエントリーモデルとなるNexus 7009、Nexus 7000シリーズ向けの2種類のモジュール、1Uサイズのスイッチ「Cisco Nexus 3000」シリーズのNexus 3048および同3016。またNexusシリーズ製品の運用性を高めるとした機能の拡充も図ったとしている。

 またクラウド環境の統合運用管理を可能にするというソフトウェア群「Cisco Intelligent Automation for Cloud」や、クラウド環境を短期間で構築できるというパッケージ「Cisco Cloud Starter kit」、クラウド環境の設計、構築から運用改善までを支援するという「ライフサイクルサービス」も発表している。

cisco001.jpg Nexus 7000シリーズの性能を大幅に高めるという新モジュール

 Nexusシリーズについては、7000シリーズ製品が大規模データセンターでの利用に対応したものであり、それより小規模なデータセンターにおけるネットワークの統合化を可能にするために、550Gbpsの帯域を持つNexus 7009を投入したという。一方、既存製品の利用シーンではさらなる処理能力が求められているといい、2種類のモジュールは初代製品の2倍以上の性能を有するという。そのうちの一つのF2ラインカードは、L2/L3のフォワード機能を持ち、ポート当たり9ワットという低消費電力を実現した。3000シリーズではラインアップの拡充で、1/10/40ギガビットイーサネットの低遅延ネットワークを構築できるようにした。

 機能の拡充では、大容量の統合型ネットワークの構築を支援する「Cisco FablicPath」機能を、年内にNexus 5500シリーズでも利用できるようにする。また、「ファブリックエクステンダー」という機能も年内に提供する。同機能は、物理的なネットワークインタフェースカード(NIC)だけでなく、仮想化マシンの仮想NICもサポートする。2000台の以上の仮想マシンを1台のスイッチ(Nexus 5596)に集約し、一貫したネットワークポリシーを適用できるようになるという。

cisco002.jpg Cisco Cloud Starter kitの概要

 Cisco Intelligent Automation for Cloudは、シスコが自社のデータセンターの運用で蓄積したノウハウや買収した企業の技術や製品を統合したもので、サービスポータル、運用の自動化エンジン、クラウド基盤の仮想化ツールの3つの製品で構成される。SaaS、PaaS、IaaSの全てのレイヤをカバーし、他社製の運用管理ツールとも連携できるといった特徴を持つ。

 Cisco Cloud Starter kitは、開発やテスト用途に適したハードウェアおよびソフトウェアの標準構成に、Cisco Intelligent Automation for Cloudを組み込んだもの。最短5営業日で稼働させることが可能だという。

 新製品群の投入理由について、データセンター スイッチング プロダクトマネージャの及川尚氏は、データセンターがクラウド対応に加えて、Webサービスの広がりやビッグデータへの対応、さらには金融向けシステムにみられるようなハイパフォーマンスコンピューティング性能の実現といった課題に迫られているためだと解説した。

 同社はデータセンターの課題に対して、Nexusシリーズやサーバシステム「Cisco UCS」などを柱にしたソリューションを展開する。及川氏よれば、データセンター市場における10ギガビットイーネットスイッチの売上高は年平均254.6%で成長しているという。また、発売から2年が経つCisco UCSは、x86ブレードサーバでの世界シェアでHP、IBMに次ぐ3番手となったこと、特に米国でのシェアではHPに次ぐ2番手になったことを明らかにした。

cisco003.jpg ネットワークベンダーとしてだけでなく、サーバベンダーとしても存在感を増しているとするシスコ

 「Nexusシリーズの採用も急拡大し、Cisco UCSはx86サーバ市場で最速の成長を遂げている。Cisco UCSはネットワークとの親和性が高いので、その点が企業ユーザーから高く評価されているようだ」(及川氏)といい、同社のデータセンター向けビジネスが急成長を遂げていることを強調した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -