ニュース
» 2012年02月15日 11時33分 UPDATE

世界のモバイルトラフィック、2016年には130エクサバイトに――Cisco予測

iPadのようなタブレットの普及などにより、世界のモバイルデータトラフィックは2016年には2011年の18倍、年間130エクサバイトになるとCiscoは予測する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 世界のモバイルからのインターネットトラフィックは2016年には2011年の18倍になる――。米Cisco Systemsは2月14日(現地時間)、2011〜2016年の世界におけるIPトラフィックの増加予測「Visual Networking Index Forecast」を発表した。

 Ciscoが毎年発表するこの調査は、Cisco独自の予測に加え、ブロードバンド接続率、ビデオ加入者数などを調査するIDCやGartnerをはじめとする調査会社14社のデータを基に作成したものだ。

 Ciscoによると、向こう5年間でモバイルデータトラフィックは2011年の約18倍になり、2016年には年間で130エクサバイト(=1000ペタバイト)に達するという。

 cisco 1 向こう6年間のモバイルデータトラフィック推移(資料:Cisco Systems)

 この急成長の理由として、Ciscoは以下の5つを挙げている。

1. コンテンツ配信の増加

 単純なコンテンツのダウンロードよりもオンデマンドやストリーミングでのコンテンツ消費が高まり、モバイルクラウドトラフィックがCAGR(年平均成長率)95%で伸びる。

2. モバイル接続の増加

 2016年にはモバイル接続する端末が100億台になる。73億人と予測されているその時点での世界人口より多いのは、端末間接続(M2M)に使われる端末が増えるからという。M2M端末とは、例えば車載GPSシステムやデジタル広告の更新を無線経由で行うのに使われる端末だ。

3. モバイル端末性能の向上

 モバイル端末の性能が向上することで、生成/消費できるコンテンツ量も増える。特にタブレットによるトラフィックは2016年には2011年の62倍になり、1カ月当たり1エクサバイトになるとCiscoはみている。

4. モバイルネットワークの高速化

 4Gネットワークの普及などでモバイル向けネットワーク接続速度が高速化することで、コンテンツ消費も増加する。

5. 動画消費の増加

 モバイルでの高精細動画の視聴が増加し、2016年には全モバイルデータトラフィックの71%を占めるようになる。

 cisco 2 モバイルデータトラフィック増加の主要因(資料:Cisco Systems)

 また、2016年までには、全スマートフォンおよびタブレットの71%がIPv6経由でのネットワーク接続に対応するという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -