ニュース
» 2012年03月01日 16時32分 UPDATE

Exadataを遠隔地から運用管理するサービスを提供 日本オラクル

ユーザー企業が導入したデータベースマシン「Oracle Exadata Database Machine」をオラクルの技術者が遠隔で運用管理するサービスを日本オラクルが発表した。

[ITmedia]

 日本オラクルは3月1日、同社のデータベースマシン「Oracle Exadata Database Machine」を遠隔で運用管理するサービスを発表した。同日より提供開始する。

 新サービス名は「Oracle Exadata On Demand」。ユーザー企業に導入されているExadataをオラクルの専門技術者が遠隔地から24時間365日監視、運用管理を行うことで、障害時の迅速な対応が可能になるとしている。併せて、オラクルのサービス担当者がユーザーに対して定期的に報告したり、必要に応じて改善提案を行ったりする「ガバナンスサービス」も提供する。

 提供形態は、ユーザー企業のデータセンターにシステムを設置してオラクルの技術者が遠隔地からサービス提供する「@Customerモデル」と、パートナー企業のデータセンターにシステムを設置する「@Partnerモデル」、オラクルのデータセンターにシステムを設置する「@Oracleモデル」の3つ。

 価格は、Exadata On Demand@Customerが年額855万9734円(税込)から、ガバナンスサービスは同835万4203円(税込)から。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -