ニュース
» 2012年04月10日 21時27分 UPDATE

大和総研、仮想デスクトップのネットワーク基盤にブロケード「VDX」を導入

1600台の仮想デスクトップのネットワーク基盤にブロケードのスイッチ製品を導入し、ネットワークの設計・運用の簡素化を図る。

[本宮学,ITmedia]

 大和総研は、国内外の拠点で稼働している1600台の仮想デスクトップ環境のネットワーク基盤として、ブロケード コミュニケーションズ システムズのデータセンター向けスイッチ製品「Brocade VDX 6720」を導入した。ブロケードが4月10日に発表した。

 VDX 6720は、データセンター内でイーサネットファブリックを構築する10ギガビットイーサネット(GbE)対応のスイッチ製品。ネットワークのループ構成を防ぐためのSTP(Spanning Tree Protocol)が不要なほか、複数のスイッチをつないで1つの仮想スイッチとして機能させる「仮想リンク・アグリゲーション機能」を備える。ブロケードは同製品の納入を通じ、大和総研のデータセンターにおけるネットワークの設計・運用を簡素化するとしている。

 大和総研は今回、ネットワークを構成する上位のコアスイッチと下位のサーバ/ストレージを挟む構成で2台のVDX 6720を導入し、1つの仮想スイッチとして運用を始めている。導入に当たっては、ソフトウェアライセンスによってポート利用数を制限する「ポートオンデマンド」機能を利用し、初期の導入コストを抑えることができたという。

 同社は今後、仮想デスクトップ環境の規模拡張に合わせてVDX 6720の導入数も増やしていくとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ