ニュース
» 2012年04月25日 16時55分 UPDATE

政府になりすますサイバー攻撃対策でNISCとAdobeが連携

日本政府発行の電子証明書をAdobe Reader/Acrobatで自動的に確認できる機能を提供する。

[ITmedia]

 内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)とアドビシステムズは4月25日、サイバー攻撃への対策で連携すると発表した。政府になりすましたPDFを悪用してマルウェア感染などを狙う攻撃に対処する。

 連携の一環として、アドビは日本政府の認証基盤(GPKI)を使って発行された電子証明書を、Adobe Reader/Acrobatで自動的に確認する機能を提供。この機能は4月21日から提供され、適用済みのユーザーは既に利用可能となっている。Reader/Acrobatが、政府機関が提携する機能と連携するは世界初という。

 NISCではGPKIによる電子証明書を使って政府発行のPDF文書が正しいものであることを証明する取り組みを進めており、既に1月19日からWebサイトに掲載するPDFファイルの一部に電子証明書を付与する運用を開始している。またアドビが提供する脆弱性修正などのアップデートを速やかに適用するよう府省庁に注意喚起を行った。

 アドビは日本政府との連携を契機に、今後は他国の政府機関から要請が合った場合でも対応したいとコメントしている。

adobenisc001.jpg 日本政府のGPKIで発行された電子証明書の検証結果

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -