ニュース
» 2012年05月11日 07時00分 UPDATE

Citrix Synergy 2012 レポート:クラウドへのシフトを明確にしたCitrix

米Citrixの年次カンファレンスが米国サンフランシスコで開幕した。初日の基調講演ではマーク・テンプルトンCEOが、クラウドコンピューティングへの同社のビジョンを語った。

[渡邉利和,ITmedia]

 米Citrix Systemsは、5月9から3日間の日程で年次カンファレンス「Citrix Synergy 2012」をサンフランシスコで開催している。初日午前の基調講演では同社のCEO、マーク・テンプルトン氏が、“クラウドに向けたシフト”が同社のビジョンにどれほどまで密接に関わっているかを語った。

クラウドサービスツール群の発展

synagy01.jpg マーク・テンプルトンCEO

 同社のクラウドへの取り組みは、この数年一貫している。しかし、メッセージの内容は数年前とは大きく変わってきている。かつては同社の基幹製品「XenServer」「XenDesktop」「XenApp」といった製品の最新情報を順次紹介するような講演も行われた。これら製品群が順調に成熟してきたことを受けてか、同社は製品にスポットを当てるよりも製品を通じて実現しようとしていること、そのコンセプトを語ることに軸足が移ってきているようだ。

 一方で個々の製品の話もあり、アップデートや新製品、企業買収などの最新情報が公表される場であることは従来通りだ。全体的には力点の置き場が変わりつつあるとみられる。

 企業買収を伴う製品の強化は、Virutal Computerの買収によるXenClinetの強化(XenClinet Enterprise Editionの追加)と、企業向けコラボレーションツールベンダーのPodioの買収が大きなところとなった。

 Virtual Computerは仮想化クライアントを対象とする運用管理技術を保有していた企業。この買収を通じてCitrixのクライアントハイパーバイザ「XenClient」の運用管理機能にVirtual Computerの機能が加わり、新たに「Enterprise Edition」として提供されることが発表された。

 Podioの企業向けのコラボレーションツールは、Facebookによく似たイメージだ。インターネットサービスではなく、企業内システムとして利用されることが前提となっていたようだが、さまざまなアプリケーションを追加することで機能を拡張できる「アプリケーションプラットフォーム」としても機能する。Citrixはリアルタイムのコラボレーションプラットフォーム「GoTo Meeting」を展開しているが、非同期的なコラボレーションの場としてPodioを追加したという。当然ながら、既存ツール群との統合作業が開始されており、同社が推進する「モバイルワークスタイル」を支えるツールと位置付けられている。

 このほか、同社のクラウド関連製品である「CloudBridge」「CloudGateway」は、それぞれ「CloudBridge 2」「CloudGateway 2」へとアップデートされた。また先日、Apache Foudationへのコードの寄贈が発表されたCloudStackに関しては、同社の商用版の名称が「Citrix CloudPlatfom powered by Apache Cloudstack」となることも明らかにされた。

Project Avalonの発表

 基調講演の最後にテンプルトンCEOは、「どこかで見たような……、そういえば最後にもう一つ、今回の最大の発表だ」と話し、「Project Avalon」を発表した。詳細は2日目の10日午前のゼネラルセッションでデモを交えながら明らかにするとのこと。基調講演の同氏の演出は、いわば予告的な発表にとどまっている。

 基本的なコンセプトは、「Windowsアプリケーションとデスクトップを“真の”クラウドサービスとして配信する」というもので、同社のXenAppおよびXenDesktopのクラウド対応であるようだ。さらに、Project Avalonの周囲にはNetScaler、CloudGateway、CloudBridge、ShareFile、CloudPortalといった製品群が取り囲むように組み合わされ、ソリューションを形成している。Project Avalonは単独の新製品というよりは、むしろインテグレーションの方向性を示したものと推察される。

 Project Avalonについては、ゼネラルセッションの内容を含めてレポートする。

synagy02.jpg 最後にもう一つ……、と紹介された「Project Avalon」
synagy03.jpg Project Avalonの構成イメージ。中核となるXenDesktop(XD)とXenApp(XA)はマルチハイパーバイザ対応(XenServer、VMware、Microsoft Hyper-Vなど)。さらにCloudStack上で稼働することが想定されている。バージョンの異なるXD/XAを併用するなど、柔軟な環境構成も可能とのこと。全体を束ねるポータル的なインタフェースとして提供されるのが「サービス・オーケストレーション」だ。この構造からも、Project Avalonが単一製品と言うよりも既存製品を改良した上で組み合わせるというものだと分かる
synagy04.jpg Project Avalonは大規模かつ柔軟なクラウド環境を作り上げることになる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -