ニュース
» 2012年06月26日 09時06分 UPDATE

LulzSecの幹部メンバー、サイバー攻撃の実行を認める

逮捕されたハッカー集団「LulzSec」の幹部メンバー2人が、英国および米国の政府機関や企業に対してサイバー攻撃を実行したことを認めた。

[ITmedia]

 ハッカー集団「LulzSec」や「Anonymous」がWebサイトに対するサービス妨害(DoS)攻撃や機密情報の窃盗を実行したとされる事件で、英米で訴追されたメンバー6人のうち、2人が英国での裁判で罪状の一部を認めたという。6月25日(現地時間)に英国メディアやセキュリティ企業などが報じている。

 英紙Telegraphが伝えたところによると、罪状を一部認めた2人は、LulzSecの幹部メンバーとされるライアン・クレアリー被告とジェイク・デイビス被告(通称:topiary)。デイビス被告はLulzSecやAnonymousの広報役として2011年7月に英国で逮捕された

 LulzSecとAnonymousは、米国や英国の政府関連機関をはじめ、ソニーや任天堂、英News Internationalなどの民間企業の多数のWebサイトに分散型サービス妨害(DDoS)攻撃を仕掛けてダウンさせ、事業を妨害したとされ、今年3月に幹部メンバー6人が米連邦捜査局(FBI)に訴追された

 英セキュリティ企業Sophosによれば、25日の裁判ではデイビス被告が英組織SOCAに対する攻撃など4件の事件のうち2件について、クレアリー被告がCIAや米国防省などに対する攻撃など8件のうち6件についてそれぞれ関与を認めたという。

 残るメンバーの裁判は2013年4月に行われる予定だという。

関連キーワード

LulzSec | 裁判 | 逮捕 | サイバー攻撃 | Anonymous


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -