ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「裁判」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「裁判」に関する情報が集まったページです。

「APIは著作権で保護されない」と主張:
AndroidはJavaのAPIを無断で利用してもよいのか? Oracle有利の決定にRed HatとIBMが異議
Red HatはIBMと共同で米国連邦最高裁判所に法廷助言書を提出し、OracleがGoogleに対して起こした訴訟で2018年に連邦巡回区控訴裁判所が下した「GoogleはAPIを複製した」という判決を覆すよう求めた。(2020/1/22)

東京地裁、Cloudflareに対する漫画村運営者情報の開示請求を棄却 米国企業ながら裁判の管轄は東京地裁と明らかに
運営者全員が逮捕されたことにより、運営者の特定が終わっているため。(2020/1/22)

コーエーテクモゲームス、「真・三國無双」「信長の野望」「三國志」等のコンテンツをWeb広告に無断使用した中国企業提訴
コーエー側は「当社ゲームの開発に携わるすべての関係者の努力を踏みにじるもの」とコメント。(2020/1/18)

いきものがかり・山下穂尊、女性トラブル告発に「事実無根です」 法的措置も視野に
17日発売の『FRIDAY』で女性トラブルが報じられています。(2020/1/17)

Microsoft Teamsで民事訴訟事件の争点整理 2020年2月から裁判所に順次導入
民事訴訟手続きをIT化する取り組みに「Microsoft Teams」が採用された。TeamsのWeb会議機能によって裁判所だけでなく、弁護士事務所などからでも争点整理に参加できる。Teamsの画面共有を利用して、関係者全員が書面や図面の同じところを見ながら協議できる。(2020/1/10)

東京地裁など、民事訴訟の争点整理に「Microsoft Teams」活用 意思疎通を円滑化、裁判の期間短縮へ
日本マイクロソフトが、複数の裁判所に「Microsoft Teams」を提供する。関係各所の意思疎通の円滑化と、裁判の期間短縮を目指す。提供先は、知的財産高等裁判所、東京地方裁判所、大阪地方裁判所など14カ所。(2020/1/9)

Sonos、Googleをスピーカー技術の特許侵害で提訴
オーディオメーカーのSonosが、Googleを米連邦地裁に提訴した。マルチルームスピーカー技術など、5件の特許を侵害したとしている。また、米国際貿易委員会への提訴で、Google製品の輸入禁止を申し立てた。(2020/1/8)

なぜ、痛ましい事件が相次ぐのか:
ブラック企業大賞を2年連続で受賞した三菱電機 過労死を繰り返す「隠蔽」の構図を探る
19年夏に三菱電機で発生した社員の自殺。激しいパワハラが問題視されたが、同社のこうした事件はこれが初めてではなかった。なぜ、痛ましい事件が相次いでしまうのか。背景には、遺族の訴訟や申請を「コスト」と見なし、事実を隠蔽する姿勢が透けて見える。労働問題に詳しい今野晴貴氏が解説する。(2020/1/8)

竹書房、海賊版サイト問題で米クラウドフレアを提訴 サーバ提供会社への損害賠償請求は初
「漫画村」にサーバを提供していたことでも有名でした。(2020/1/7)

竹書房、米Cloudflareを提訴 海賊版サイト巡り、損害賠償とデータ削除求める
竹書房がCDN事業者の米Cloudflareを提訴。海賊版サイトの運営者が違法にアップロードした漫画などのデータをサーバ上から削除しなかったとして、損害賠償とデータの削除を求める訴訟を起こした。(2020/1/7)

Huawei、中国政府から特別な経済的支援を受けているというWSJの記事に反論
Huaweiへの中国政府による資金援助が累計で最愛750億ドルになるというWall Street Journalの記事は虚偽だとしてHuaweiが反論し、同メディアの提訴を検討してるとツイートした。(2019/12/27)

世界を読み解くニュース・サロン:
世界の有能人材が「日本を避ける」未来 元TBS記者の性暴行事件が及ぼす深刻な影響
ジャーナリストの伊藤詩織氏が元TBS記者の山口敬之氏に性的暴行を受けたと訴えた裁判で判決が言い渡された。この事件は海外でも多く報じられており、「男尊女卑」「独裁」という日本のイメージが強まっている。日本への不信感で有能な人材を遠ざけることになるかもしれない。(2019/12/26)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(59):
これは、もう「無理ゲー」じゃない?――IT訴訟解説ebook、好評にお応えして早くもパート2 どーん!
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第59弾はみんな大好き「IT訴訟解説」のパート2です。(2019/12/20)

Googleがまた組織化した従業員を解雇 元従業員は同社を提訴
Googleに解雇された元エンジニアが、不当解雇だとして同社を全米労働関係委員会(NLRB)に提訴した。Googleは従業員に対しこのエンジニアがポリシーに違反したと説明したが、エンジニアは組織化活動を罰せられたとしている。(2019/12/18)

「違法な労働横行するアニメ業界の是正第一歩」 アニメ制作会社「STUDIO 4℃」の未払い残業代訴訟、東京地裁で始まる
Aさん自ら意見陳述を行い、アニメ業界の窮状を裁判官に直接訴えかけました。(2019/12/16)

海外でのウルトラマン利用権めぐる米国での訴訟、円谷プロが控訴審でも勝訴
地裁に続き、控訴裁でも円谷プロが勝訴。(2019/12/10)

Huawei、米連邦通信委員会(FCC)を米控訴裁に提訴
米連邦通信委員会(FCC)がHuaweiとZTEの製品の米通信事業者による調達を禁じる命令は米憲法違反だとして、HuaweiがFCCを米控訴裁に提訴した。(2019/12/6)

まとめサイトのサーバ管理会社に発信者情報開示を求める判決 京アニ事件でNHKが訴訟 大阪地裁
NHKがまとめサイトに虚偽の内容を掲載されたとして発信者情報の開示を求めていた訴訟で、大阪地裁はサーバ管理会社に情報開示を命じた。NHKは発信者に損害賠償を請求する方針を示している。(2019/12/5)

Intel、「Qualcommの不正な競争障壁のせいでモデム事業をAppleに売却して大損」と主張
Intelが、QualcommとFTCの裁判に提出したアミカスブリーフで、Qualcommがモデムチップ市場で構築した不正な障壁のせいで撤退を余儀なくされたと主張。Appleにモデム事業を売却したことで、数十億ドルの損失があったとしている。(2019/12/2)

講談社、海賊版リーチサイト「はるか夢の址」への訴訟で勝訴 運営者に約1億6000万円の支払命令
「はるか夢の址」運営者が漫画を無断でアップロードしていたとして講談社が訴訟を起こしていました。(2019/11/18)

「STORIA法律事務所」ブログ:
AI開発にまつわる紛争や訴訟リスクを減らすには? 弁護士が解説
AI開発ではどういった紛争や訴訟が起こりうるのでしょうか。AIや知財に詳しい柿沼弁護士が解説します。(2019/11/8)

WhatsApp、NSO Groupを提訴 脆弱性突いたマルウェア攻撃に関与か
WhatsAppは、狙った相手に電話をかけるだけでスパイウェアを仕込める脆弱(ぜいじゃく)性を、NSO Groupが悪用したと主張している。(2019/10/30)

YouTube、虚偽の著作権侵害申し立てを行ったユーザーを提訴、虚偽申請を禁止に
被告は人気YouTuberに著作権を侵害されたと虚偽の申し立てをしていました。(2019/10/21)

アニメ制作会社「STUDIO 4℃」社員が未払い残業代を求めて提訴 「海獣の子供」の制作進行を担当、労基が是正勧告も未だ支払われず
顔出しで業界の悪習を変えたいと語るAさんにお話を伺ってきました。(2019/10/18)

ソフトバンク傘下SprintとT-Mobile合併をFCCが承認 残るは18州の訴訟終了
米携帯キャリア3位のT-Mobileと4位でソフトバンクグループ傘下のSprintの合併を、米連邦通信委員会(FCC)が承認した。あとはニューヨーク州など18州による合併反対の訴訟を終了すれば、合併は完了する見込みだ。(2019/10/17)

チケットのキャンセル・転売禁止は違法か USJを提訴、大阪のNPO法人
大型テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」のチケットをめぐり、来場できなくなった場合にキャンセルや転売ができない利用規約は消費者契約法に違反するとして、NPO法人が規約の一部差し止めを求める訴訟を大阪地裁に起こした。(2019/10/17)

「流産しろ」「窃盗してた」「放火するチャンス」 川崎希、3年耐えた“嫌がらせ”の詳細明かす 開示請求で個人特定、訴訟へ
川崎さん「有名税とかそういう言葉で済ませることは出来ない」。(2019/10/9)

「家族の安全を脅かすような内容も」 川崎希、ネット上の誹謗中傷に法的措置 開示請求が認められ対応へ
川崎さん「書き込みをした人は匿名だと思い込んでると思うんだけど」。(2019/10/5)

Googleは「忘れられる権利」をEU圏外に適用する必要なしとEU最高裁
Googleが仏規制当局と2015年から争っていた「忘れられる権利」の適用範囲についての裁判で、欧州司法裁判所がこの権利は欧州圏外にまで適用する必要はないという判決を下した。(2019/9/25)

出版4社「第2の漫画村」を米国で提訴 「今後も断固とした措置をとっていく」
6月以降急速にアクセスを集めていた、サイト「星のロミ」の運営者に対し。(2019/9/18)

大手漫画海賊版サイト「星のロミ」を出版4社が提訴と海外報道 サイトは消滅、閲覧不能に
「ポスト漫画村」最大手として急速に人気を伸ばしつつありました。(2019/9/14)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
Appleは訴えたのにAMDは見逃し、GLOBALFOUNDRIESによるTSMC提訴の背景
エレクトロニクス/組み込み業界の動向をウオッチする連載。今回は、2019年8月の業界動向の振り返りとして、GLOBALFOUNDRIESによるTSMCおよび顧客企業への訴訟とその背景を考察する。(2019/9/12)

カプコンとコーエーテクモの特許を巡る係争に判決 コーエーテクモ側が約1億4400万円支払いで決着
「過去作のディスクを併用すると新作で特典を得られる仕様」などの特許がコーエーテクモに侵害されたとして、カプコンが2014年に提起していた訴訟。(2019/9/11)

京都市立芸術大学、京都造形芸術大学を提訴 「京都芸術大学」改称差し止め求め
「大学運営上の混乱を回避するため」やむなく提訴したとしています。(2019/9/3)

AppleやGoogleも対象に:
GFがTSMCと顧客企業を提訴、製造技術の特許侵害で
GLOBALFOUNDRIES(GF)は、TSMCが使用する16種のGF製半導体デバイスならびに製造技術の特許が侵害されたとして、20社の大手企業に対し、米国とドイツで25件の訴訟を起こした。(2019/8/29)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(55):
真夏のホラー、召し上がれ――全エンジニアが震え上がる阿鼻叫喚の生き地獄 IT訴訟解説連載、初のebook化
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第55弾は@ITイチの人気連載「IT訴訟 徹底解説」です。(2019/8/20)

あおり運転暴行事件、女性同乗者のデマ広がる 「名誉権を著しく侵害する」として法的措置を検討
“帽子やサングラスを付けた状態の顔”が似ていることなどからデマが拡散。(2019/8/19)

LGBTQチャンネル運営のYouTuberがGoogleとYouTubeを提訴 差別を主張
YouTubeが不公正にLGBTQ動画の収益化を停止し、動画を制限していると主張しています。(2019/8/15)

梶裕貴の道徳上不誠実な交際に関するうわさについて事務所がコメント 「事実は一切ございません」「法的措置を視野に入れ対処」
SNSに「許さない」「クズ」といったコメントが多数投稿されています。(2019/8/11)

「小説ドラクエV」作者・久美沙織さん、映画ドラクエ製作委員会を提訴 「主人公の名前『リュカ』を無断で使用された」とクレジット求める
「小説ドラゴンクエストV」作者の久美沙織さんが8月2日、映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」の製作委員会を、長野地裁に提訴した。久美さんが創作した小説の主人公の名前が無断で改変されて映画に使われ、名誉が毀損されたとし、映画に久美さんの氏名をクレジットすることや、謝罪などを求めている。(2019/8/5)

コンビに排除措置命令 ベビーカーなどで価格拘束 公取委、アップリカに続き 背景に価格競争の激化
2大メーカーに法的措置。(2019/7/24)

Nintendo SwitchのJoy-Con、欠陥疑惑で集団訴訟がアメリカで提起 スティックが勝手に入力される「ドリフト問題」
「米任天堂は問題を認識していながら開示せず、無償修理を拒んでいる」と主張。(2019/7/24)

製造マネジメントニュース:
マツダが住友理工を控訴、163億円の損害賠償請求で
マツダ車3車種でパワーステアリングの不具合が発生し、不具合の原因が住友理工(旧東海ゴム工業)製の部品にあるとして、マツダが住友理工に損害賠償を求めた訴訟で、マツダは2019年7月10日、一審の広島地方裁判所判決を不服として広島高等裁判所に控訴した。(2019/7/12)

講談社、海賊版リーチサイト「はるか夢の址」運営者に損害賠償請求 
講談社が海賊版リーチサイト「はるか夢の址」に損害賠償を求める民事訴訟を提起。大阪地裁が7月9日に受理した。(2019/7/9)

JASRAC、ネットで物議醸す「音楽教室に潜入調査」報道にコメント 「違法ではないと認識」
JASRACが音楽教室に、職員を約2年間通わせて“潜入調査”していたと、朝日新聞デジタルが7月7日付で報じた。著作権料徴収の正当性をめぐる裁判で、JASRACは、潜入調査した職員の供述を証拠資料にする考え。(2019/7/8)

Samsungをオーストラリア当局が提訴 「Galaxyの宣伝は海水でも使えると誤解を与える」
オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)がSamsungを提訴した。一連のGalaxyシリーズの宣伝の、ビーチやプールで使っている画像は、同端末の防水性能が淡水以外にも対応するという誤解を与えるとしている。(2019/7/5)

今治タオル問題で中傷が続くオルネット、改めて関与を否定 今後は法的措置も
まとめサイトやSNS上に誤った情報の掲載が続いている他、Googleの口コミへの事実に反する評価も。(2019/6/26)

製造マネジメントニュース:
住友理工に対するマツダの163億円賠償請求、広島地裁が棄却
マツダ車3車種でパワーステアリングの不具合が発生し、不具合の原因が住友理工(旧東海ゴム工業)製の部品にあるとして、マツダが住友理工を相手に損害賠償を求めた訴訟の判決で、広島地方裁判所は2019年6月24日、マツダの請求を棄却した。(2019/6/25)

米アダルトグッズメーカー、広告を拒否され地下鉄会社を訴訟へ 「ED治療薬の広告はOKなのになぜ」
性的な健康を目指す点はバイブレーターも同じなのに、男性向けのED治療薬だけ許されるのは性差別との主張。(2019/6/20)

私たちは当事者なんです:
高木浩光氏が危惧する、「不正指令電磁的記録に関する罪」のずれた前提と善なるエンジニアが犯罪者にされかねない未来(Coinhive裁判解説 後編)
一審無罪となったCoinhive裁判。しかし判決の裏には、条文の誤読や残された論点がある。裁判で被告人証人となった高木浩光氏が、裁判、法律解釈について詳しく解説した。(2019/6/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。