ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「裁判」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「裁判」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

川崎麻世、“機能性発声障害”を初告白 20年前の訴訟で発症も「役者として欠陥商品だと思われたくなかった」
きっかけは20年前の訴訟。(2021/3/4)

建物の大規模修繕工事に対応できない会計学と税法(7):
【最終回】建物の長期使用「SDGs」を取り巻く、会計学と税法上の諸問題を解消する“価格構造メソッド”
本連載では、建物の大規模修繕工事で生じる会計学や税法上の問題点やその解決策を千葉商科大学 専任講師 土屋清人氏(租税訴訟学会 常任理事)が分かりやすくレクチャーする。最終回の第7回は、価格構造メソッドを取り巻く法律関係で押さえておきたいポイントを解説する。(2021/3/4)

高根英幸 「クルマのミライ」:
“高齢”免許を定年制にすべきか? マツダ福祉車両から見るミライ
裁判の進捗状況に怒りを覚えた方も少なくないのではないか。「上級国民」という流行語を生んだ、池袋暴走事故を起こした旧通産省工業技術院の元院長飯塚幸三被告(89)の態度である。在宅での起訴となり、供述ではペダルの踏み間違いを認めていたにもかかわらず、裁判に入るや供述を覆し、クルマの故障を訴えだしたのだから、国民の感情を逆なでしたことは間違いない。(2021/3/1)

プロバイダ責任制限法、改正案が閣議決定 投稿者IPアドレスなどの開示手続きを簡略化
政府がプロバイダ責任制限法の改正案を閣議決定したと、共同通信などが報じた。インターネットで誹謗中傷を受けた被害者が訴えを起こしやすいよう、裁判手続きを簡略化する。(2021/2/26)

iPhone XR発火で夫婦が死亡したとして、遺族がアップルジャパンを提訴
当時新機種だったiPhone XRを購入2週間後のことだったという。(2021/2/25)

営業秘密流出、情報入手側に訴訟リスクも 「持ち込ませぬ」対策急務
ソフトバンクの元社員が楽天モバイルに転職した際に営業秘密を持ち出したとして逮捕された事件は、デジタル社会の負の側面を顕在化させた。高額な損害賠償を求められるなど入手した側のリスクも大きく、持ち込ませないための対策も急務となっている。(2021/2/24)

民事判決、メールで通知 法制審中間試案、迅速化へ半年審理も検討
法制審議会の民事訴訟法部会が、民事訴訟手続きの全面IT化に向けた中間試案をまとめた。訴訟当事者は訴状や準備書面などをインターネットで提出。判決が出ればメールで通知を受け、ネット上で判決文を確認できるようにする内容だ。(2021/2/22)

Epic Games、AppleをEUで提訴 米英豪での訴訟に続き独禁法違反を主張
米Epic Gamesが、独占禁止法に違反しているとして米Appleを欧州連合(EU)に提訴した。App Storeからの「Fortnite」削除をめぐる訴訟。すでに米国とオーストラリア、英国でも訴訟を進めている。(2021/2/18)

存在感増す中国ByteDance 統制強化で大手牽制、IT市場に変化
中国IT業界で、ByteDanceの存在感が増している。中国政府が独占禁止法の強化でTencent、Baidu、Alibabaなどの巨大企業に制限を掛けようとしている中、ByteDanceはTencentに対して訴訟を起こすなど働きかけている。(2021/2/12)

同人誌違法アップロードサイト「同人あんてな」を作家が訴えた裁判が決着 サイト運営者はVTuber「ゲーム部」にも関与
「ゲーム部」の炎上や、さらに過去には「マジカルストーン」問題でも話題になった“れそ”こと上西恒輔氏が関与していたことが明らかに。(2021/2/8)

TechTarget発 世界のITニュース
VMware、NutanixのラマスワミCEOを契約違反で提訴 双方の言い分は?
NutanixのラマスワミCEOを契約に違反で提訴したVMware。NutanixとVMware、両社の言い分とは。(2021/1/25)

建物の大規模修繕工事に対応できない会計学と税法(6):
【第6回】建物の利益付け替えを行う“価格構造メソッド”の手法
本連載では、建物の大規模修繕工事で生じる会計学や税法上の問題点やその解決策を千葉商科大学 専任講師 土屋清人氏(租税訴訟学会 常任理事)が分かりやすくレクチャーする。第6回は、20年ごとに行う大規模修繕工事の資金を確保するため、早期に減価償却を可能にする“価格構造メソッド”で、建物勘定と建物附属設備勘定を50:50に案分する手法について解説する。(2021/1/22)

バイデン政権下で巨大IT企業はどうなる【前編】
バイデン政権誕生で「GAFAの解体」が進むのか?
反トラスト政策を支持する勢力は、バイデン政権が反トラスト関連の訴訟や法制化を進めると予想する。本当にそうなのか。(2021/1/20)

同一労働同一賃金、実務上の対応ポイント(3)定年再雇用で、賃金はどこまで減額可能か?
同一労働同一賃金の中心となる「パートタイム・有期雇用労働法」では、定年再雇用者も、改善の対象になります。しかしながら、これまでの裁判例からも、契約社員やパート・アルバイトとは異なった判断がなされている部分があります。(2021/1/15)

Visa、フィンテック企業Plaidの買収を断念 司法省は独禁法提訴を取り下げ
Visaは昨年1月に発表したフィンテック企業Plaidの53億ドルでの買収を断念した。昨年11月に司法省がこの買収を独禁法違反だとして提訴したため。(2021/1/13)

ネット被害、裁判迅速化へ 地方の負担軽減は不透明
ネット上で他人を中傷した投稿者を特定する手続きが年内にも簡易化されそうだ。だが、特定までの手続きが東京地裁に集中する問題について、有識者会議が議論を深めた形跡はなく、地方在住の被害者の負担軽減策が盛り込まれるかどうかは不透明だ。(2021/1/13)

AWSにサーバ停止されたSNS「Parler」、AWSを提訴「政治的敵意によるもので、独禁法違反だ」
保守派の利用者が多いSNS「Parler」が、利用規約違反だとしてサーバを停止したAWSを提訴した。サーバ停止はAWSが得意客のTwitterの利益になるよう画策したもので、独禁法違反だと主張している。(2021/1/12)

ソフトバンク元社員が逮捕 楽天モバイルにネットワーク情報を不正に持ち出し
2019年末にソフトバンクを退職し、現在楽天モバイルに勤務する人物が、1月12日に警視庁に不正競争防止法違反の容疑で逮捕された。楽天モバイルに、ネットワーク技術の情報を不正に持ち出していたことが判明した。ソフトバンクは楽天モバイルに民事訴訟を提起する予定。(2021/1/12)

「DEAD OR ALIVE」シリーズのキャラクターを無断で“裸改変” DVD販売業者を書類送検
コーエーテクモゲームスは悪質な行為と判断し、刑事事件とは別に民事訴訟を提起する予定。(2021/1/6)

「逆転裁判」シリーズが500円から! カプコンのホリデーセールでDLソフトが最大87%オフ
ワンコインで「異議あり!」ができるぞ。(2021/1/6)

上告棄却:
「マリカー訴訟」任天堂の勝訴確定 公道カート会社に賠償命令
公道カート会社に対し、任天堂が「マリカー」の略称などの使用差し止めを求めた訴訟で、最高裁が被告側の上告を棄却。使用差し止めと5000万円の賠償を命じた控訴審判決が確定した。(2020/12/28)

「マリカー」訴訟、任天堂の勝訴確定 損害賠償額は5000万円
企業「マリカー」(現商号:MARIモビリティ開発)とその代表取締役に対し、任天堂が提起していた訴訟について、任天堂の勝訴が確定した。最高裁判所が被告らからの上告を不受理としたため。(2020/12/28)

“マリカー”訴訟で任天堂の勝訴確定 最高裁が上告認めず
MARIモビリティ開発(旧マリカー)に損害賠償金5000万円の支払いと不正競争行為の差し止めを命じた控訴審判決が確定となりました。(2020/12/28)

SNS誹謗中傷に保険も登場 官民で対策加速
ネットでの誹謗中傷への対策が官民で加速している。総務省が裁判手続きを簡素化する法改正を目指す中、ネットのトラブルに特化した少額保険にも関心が集まっている。(2020/12/24)

みずほ証券免責認めず 最高裁判決、粉飾上場訴訟で差し戻し
 上場企業の粉飾決算で損失を受けた株主約200人が、株の売り出しで中心的な役割を担う主幹事のみずほ証券に損害賠償を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(宮崎裕子裁判長)は22日、みずほ証券の調査が不十分だったとして賠償責任を認め、同社の免責を認定した二審判決を破棄、審理を東京高裁に差し戻した。5裁判官全員一致の結論。(2020/12/23)

泉佐野市のふるさと納税3.0 次は返礼品を開発の新境地
 ふるさと納税に7月から復帰した大阪府泉佐野市が新境地を模索している。返礼品が地場産品に限定される中、10月には、泉佐野市内で返礼品開発を行う取り組みを支援する新制度「#ふるさと納税3.0」をスタート。地場産品の創出へ市内外の企業が続々と名乗りを上げている。返礼品をめぐる訴訟で国と争い、最高裁で逆転勝訴した同市が、再びふるさと納税を活性化させることができるのか注目される。  (牛島要平) (2020/12/21)

Googleを米38州が検索サービスでの独禁法違反で提訴 大型訴訟は10月から3件目
超党派の米38州がGoogleを検索サービスでの独禁法違反で提訴した。10月の司法省による提訴、前日の共和党10州による提訴に続く3件目。Googleはこの訴訟は消費者から有益な情報を奪い、企業が顧客と直接つながる手段を損なう方法で検索を再設計しようとしていると主張した。(2020/12/18)

Googleをテキサス州など10州が独禁法違反の疑いで提訴 Facebookと共謀したと主張
テキサス州のパクストン司法長官が、Googleを反競争的行為を理由に提訴したと発表した。同氏は「このインターネットの巨人は、その力を利用して市場を操作し、競争を破壊し、消費者である皆さんに危害を加えた」とツイートした。(2020/12/17)

弁護士が解説!知財戦略のイロハ(8):
他社が製品を模倣した! とるべき法的アクションやリリース作成時などの注意点
本連載では知財専門家である弁護士が、知財活用を前提とした経営戦略構築を目指すモノづくり企業が学ぶべき知財戦略を、基礎から解説する。今回は、他社が自社製品を模倣した場合、どのような法的措置を講じる選択肢があるのか、あるいはその逆に、模倣していると自社が訴えられた場合の対処法を解説する。(2020/12/14)

米当局がFacebookを独禁法違反で提訴 Instagramの売却など求める
違法に独占を維持したとして米連邦取引委員会(FTC)が提訴。(2020/12/10)

Facebookを米FTCと46州が独禁法違反で提訴
FacebookのInstagramとWhatsAppの買収は独禁法に違反する疑いがあるとして、米連邦取引委員会と米国の46の州とワシントンD.C.、グアムの司法長官が、Facebookを提訴した。Facebookは法廷で争う姿勢を示した。(2020/12/10)

建物の大規模修繕工事に対応できない会計学と税法(5):
【第5回】建設会社の役割とは、顧客に快楽を与えることである
本連載では、建物の大規模修繕工事で生じる会計学や税法上の問題点やその解決策を千葉商科大学 専任講師 土屋清人氏(租税訴訟学会 常任理事)が分かりやすくレクチャーする。第5回は、建設会社が顧客に満足を与える“価値”とは何かについて、経済学や会計学の観点から多角的に考察していく。(2020/12/2)

小説版ドラクエ著者、新たにスクエニ・東宝などを提訴 「主人公の名前を盗用された」
ゲーム「ドラゴンクエスト」のノベライズを担当した小説家、久美沙織さんが、小説に登場する主人公の名前と称号が無断で使われたとして、映画スクウェア・エニックスや東宝などを提訴した。(2020/11/26)

Apple、旧iPhoneの意図的減速の米州訴訟で和解、1億1300万ドル支払い
Appleが旧モデルiPhoneの動作をOSアップデートで意図的に減速させ、買い替えに誘導したとして米国の30以上の州が起こしていた裁判で和解が成立。Appleは1億1300万ドル支払う。5月には別の集団訴訟で5億ドルの支払いで和解した。(2020/11/19)

太田光、初出廷での“不謹慎発言”の真相告白 裁判中にネタで吹き出す人見て「コレ結構イケるかも?」
裁判すらもフリにする太田さん。(2020/11/18)

ネット誹謗中傷対策、被害早期救済を重視 表現の自由保護で課題も
総務省がネット上で誹謗中傷を受けた場合に投稿者を特定しやすくするための制度見直しに向け、裁判手続きの迅速化を柱とする最終案を取りまとめた。被害者の早期救済が可能になる一方で、乱用されれば表現活動を萎縮させる恐れもある。(2020/11/13)

ジョニー・デップ、米ワーナーに「ファンタビ」グリンデルバルド役の降板求められ同意 DV記事裁判の敗訴受け
キャリアには影響しないとジョニー。(2020/11/7)

米司法省、Silk Roadから盗まれた10億ドル相当のビットコイン押収
米司法省が、ダークウェブSilk Roadから盗まれたビットコイン、総額10億ドル超相当を押収したと発表。押収額としては過去最高だ。同省はこれを没収するために民事訴訟を起こした。(2020/11/6)

トランプ大統領、演説で「選挙は盗まれた。訴訟は最高裁まで行くだろう」
郵便投票分の開票に時間がかかり、まだ結果が出ていない米大統領選について、ドナルド・トランプ現大統領が記者会見を開き、「正しい開票をすれば私が簡単に勝つ」が不正が行われており、多数の訴訟を起こすと語った。(2020/11/6)

ジョニー・デップ敗訴、元妻へのDV「おおむね真実」 元妻側は今後「おびただしい量の証拠を提出する予定」
このあと米国での裁判に突入、証拠はたっぷりそろっていると元妻弁護士。(2020/11/3)

「キヤノンのインク仕様変更は違法」 リサイクル品業者が提訴 大阪地裁
インクカートリッジの仕様を変更し、リサイクル品を販売できなくしたのは独占禁止法違反にあたるとして、リサイクル品製造販売の「エコリカ」がキヤノンを相手取り、計3000万円の損害賠償や違反行為の差し止めを求め、大阪地裁に提訴した。(2020/10/29)

川上未映子さん、殺害予告した人物の地裁提訴を報告 「ぜったいに許されないのだという前例に」と信念つづる
世の中が変わる一歩に。(2020/10/27)

建物の大規模修繕工事に対応できない会計学と税法(4):
【第4回】なぜ減価償却の減少が、大修繕工事の資金準備を妨げるのか?
本連載では、建物の大規模修繕工事で生じる会計学や税法上の問題点やその解決策を千葉商科大学 専任講師 土屋清人氏(租税訴訟学会 常任理事)が分かりやすくレクチャーする。第4回は、減価償却が減少することが、なぜ大規模修繕工事の資金準備を妨げるのかを解説する。(2020/10/28)

Googleさん:
「Google検索は競争を阻害している」のか? 米司法省とGoogleの言い分を整理してみた
米司法省がGoogleを独禁法違反で提訴しました。これから長くなりそうなので、訴訟の要旨をまとめてみました。(2020/10/25)

米Google提訴、日本での規制論議に影響も
米司法省が米Googleを独占禁止法違反で提訴した。日本も巨大ITへの規制について議論を行い、デジタル・プラットフォーマー取引透明化法を成立。今後は公正取引委員会が欧米に歩調を合わせて規制を強化するかどうかが焦点になるとの見方がある。(2020/10/22)

米司法省、Googleを独禁法違反で提訴 Googleは「ユーザーがわれわれを選んでいる」
米司法省がGoogleを独禁法違反で提訴した。検索および検索広告市場を不法に維持していると指摘。Googleは、この訴訟は「ひどい欠陥」があるとし、「ユーザーは強制されてではなく、自らGoogleを選んでいる」と主張する。(2020/10/21)

違いがあるかないか:
バイトにボーナス? 同一同賃がやってくる
非正規労働者は4割を超える割合を占めている日本。大阪医薬大のアルバイトが、正職員だけボーナスをもらうのは差別であるという訴えを起こした裁判で、最高裁が正規職員だけにボーナスを出すことを合理性があると認めました。(2020/10/18)

いしだ壱成、『週刊文春』の“生活保護不正受給”記事を否定 「名誉毀損にあたる為……」と法的措置を示唆
いしださん「ジャーナリズムのカケラもない嘘記事、10%の真実に90%の嘘」(2020/10/10)

漫画の「キャラクター」は著作物ではない? 「同人誌の法的位置づけ」を巡り画期的判決、弁護士にポイントを聞いた
同人作家が無断転載サイトを訴えていた裁判の控訴審が決着、判決文に意外な形で注目が集まりました。(2020/10/9)

サブウェイのパンはパンではない アイルランドの裁判所で判決
「付加価値税ゼロの対象となるパンの定義に当てはまらない」と判断されたというお話。(2020/10/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。