ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「逮捕」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「逮捕」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

威力業務妨害容疑で「へずまりゅう」逮捕 Tシャツに難癖
大阪府警南署が、威力業務妨害と信用毀損の疑いで「へずまりゅう」を名乗るYouTuberを逮捕した。衣料品店で商品のブランドTシャツを偽物だとして罵声を浴びせ、返品を迫った様子をYouTubeに投稿したとされる。(2020/10/19)

迫る中国の産業スパイ、取引先装いSNSで接触か
営業秘密にあたる技術情報を中国企業に漏えいしたとして、積水化学工業の男性元社員が書類送検された。警察関係者は「手口は多様化している。現実に即した対応を迅速に取らなければ、財産が流出し続けることになる」と警戒感を示している。(2020/10/15)

強豪大学サッカー部でも……SNSで若者に広がる大麻汚染
SNSの普及で、若者の大麻使用者が増加している。摘発者数は2019年に過去最多となり、20代以下は15年の2.5倍、大学生以下は4〜5倍に増えており、専門家は「健康被害や禁止の理由、使用した際のリスクを納得できるよう説明すべき」と指摘する。(2020/10/9)

「持続化給付金を不正受給してしまった」相談相次ぐ 逮捕者は30人に
梶山経済産業相が、全国の国民生活センターに「持続化給付金の不正受給をしてしまったが返金したい」などとする相談が相次いでいると明らかにした。(2020/10/7)

ジョン・マカフィー氏逮捕、脱税とICO違法宣伝でDoJとSECがそれぞれ起訴
セキュリティ企業McAfeeの創業者、ジョン・マカフィー氏が、脱税などの疑いで米司法省に逮捕、起訴された。有罪判決を受けた場合、最大5年の懲役と罰金の支払いが科せられる見込みだ。(2020/10/6)

“ディープフェイクポルノ”初摘発 AIで演者と芸能人の顔を差し替え公開した疑い 千葉県警
警視庁と千葉県警が、“ディープフェイクポルノ動画”を公開したとして、男性2人を名誉毀損と著作権法違反の疑いで逮捕した。ディープフェイクによるポルノ動画を巡る逮捕は初。(2020/10/2)

「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で二度目の逮捕 2016年に出所
紅白歌合戦にも出演。(2020/9/23)

「沢山のものを失ったけれど」 高知東生、薬物逮捕で得た「人生で本当に大切なもの」明かす
2016年6月に覚せい剤取締法と大麻取締法違反の疑いで逮捕。(2020/9/11)

TVerが「未満警察」最終回の配信を停止 伊勢谷友介容疑者が出演
TVerが、テレビドラマ「未満警察 ミッドナイトランナー」最終回の配信を停止。9月8日に逮捕された伊勢谷雄介容疑者が出演していた。(2020/9/9)

伊勢谷友介容疑者の所属事務所がコメント 学長務めるLoohcs高等学院も「教育事業を行うものとして、その責任を痛感」
伊勢谷容疑者は大麻取締法違反の疑いで逮捕。(2020/9/9)

次々止まった携帯・水道・電気……ストーカーなりすまし被害の恐怖 ネット申請悪用で郵便物入手も
警視庁高井戸署がストーカー規制法違反容疑などで逮捕した男は、出会い系サイトで知り合った女性に嫌がらせ行為を繰り返した。Twitterアカウントを特定して個人情報を推定。転居手続きサイトを悪用して郵便物を入手するなどさまざまな手口で情報を取得していたとみられる。(2020/9/8)

香港の民主活動家・周庭さん、Twitterを再開 「日経広告が犯罪の証拠はおかしい」警察の姿勢に疑問
香港の民主活動家・周庭さんが9月2日、公式Twitterアカウントを更新した。8月に国家安全維持法に違反した容疑で逮捕された際、警察が犯罪の証拠として挙げたものが、2019年に日本経済新聞に掲載された意見広告であることに疑問を呈した。(2020/9/2)

転売のハンドソープは子供に人気の限定品  
新型コロナ感染拡大で品薄になっているハンドソープを高額で転売したとして、京都府警福知山署は24日、国民生活安定緊急措置法違反の疑いで、インターネットショップ経営の上本実容疑者を逮捕した。(2020/8/24)

集英社『アクタージュ』出荷停止が発表 フリマサイトではコミックスの高額出品が急増中
原作者・マツキタツヤさんの逮捕を受けて。(2020/8/17)

5000万円背任容疑、NTT西元課長を再逮捕 大阪府警
【お知らせ】本記事を削除しました。(2020/8/17)

香港の民主活動家・周庭さん、日本語でYouTube配信 「本当に怖かった」「引き続き注目してほしい」
香港の民主活動家・周庭さんが、日本語で公式YouTubeチャンネルを更新。国家安全維持法の違反容疑で逮捕されたときの恐怖や、香港への注目を呼び掛ける日本語のメッセージを収めた動画を公開した。(2020/8/13)

オンライン授業受講せず、叱責され逆上 父刺し自殺の次男を書類送検
奈良県警西和署は、男性会社員が大学3年の次男に脇腹を刺され重傷を負った事件を巡り、犯行後に自殺した次男を殺人未遂容疑で書類送検した。次男は父にオンライン授業を受講しなかったことを叱責され、逆上したという。(2020/8/13)

漫画『アクタージュ act-age』週刊少年ジャンプ36・37合併号の掲載をもって打ち切り決定 原作者の逮捕受け週刊少年ジャンプ編集部が発表
8月11日発売の「週刊少年ジャンプ36・37合併号」の掲載をもって連載終了に。(2020/8/10)

ジャンプ編集部、『アクタージュ』原作者逮捕の報道にコメント 「重く受け止めております」
事実関係を確認した上で適切に対処するとしています。(2020/8/9)

槇原敬之被告、判決を受け活動休止を発表 ファンからは「ずっと待ってます」「ゆっくり休んで」の声
2020年2月に覚せい剤取締法違反などの疑いで逮捕。(2020/8/3)

冷静な判断奪う:
「2800億円を提供」 大手チェーン会長が魅了された「M資金」の魔力
先の大戦に敗れた日本を統治したGHQが接収したとされる巨額資産「M資金」を提供すると持ち掛け、多額の現金をだまし取った男らが、神奈川県警に逮捕された。大手飲食チェーンの運営会社会長が狙われ、30億円以上を詐取されたとみられる。(2020/8/3)

有名人のTwitterアカウント乗っ取り事件、当局が3人を逮捕し訴追
容疑者には未成年者も含まれています。(2020/8/1)

Twitterアカウント大規模乗っ取り犯逮捕 主犯は米在住の17歳
Twitterでビル・ゲイツ氏などの著名人アカウントが大量に乗っ取られ、ビットコイン詐欺ツイートをして10万ドル以上の被害の出た事件の犯人が逮捕、起訴された。主犯は米在住の17歳の未成年で、他に英国在住の19歳、米在住の22歳も共犯として逮捕、起訴された。(2020/8/1)

給与ファクタリングは「ヤミ金」 大阪府警が全国初摘発
 将来受け取る給与を債権として買い取るという形式で、現金を貸し付ける「給与ファクタリング」と呼ばれる手口でヤミ金を営んだとして、大阪府警生活経済課は29日、貸金業法違反(無登録営業)の疑いで、山形市成沢西の会社員、岩田俊一容疑者(29)ら男女4人を逮捕した。警察が給与ファクタリングを貸金業とみなして摘発するのは全国初。(2020/7/30)

「なぜ生きなければ」ALSの女性、ブログにつづった苦しみ 医師の嘱託殺人容疑事件
 ALS(筋萎縮性側索硬化症)の女性患者に薬物を投与し殺害したとして、2人の医師が嘱託殺人容疑で逮捕された事件。事件で亡くなった女性は開設したブログに「なぜこんなにしんどい思いをしてまで生きていないといけないのか、私には分からない」などとつづり、ALS患者として生きることの苦しさを1年以上にわたってつづっていた。(2020/7/28)

元・愛内里菜、実妹が商標法違反で逮捕の報道に「深く深く反省しています」
逮捕の報道を受けてツイートしています。(2020/7/16)

この頃、セキュリティ界隈で:
“犯罪者チャット潜入捜査”成功させた欧州警察のマルウェア大作戦 暗号破って通信を傍受、数百人逮捕
犯罪者が巣食うメッセージングサービスで欧州警察の「高度な攻撃」はどのように展開されたのか。(2020/7/14)

国交省技官らを逮捕 有料衛星放送の不正視聴プログラム提供の疑い
警視庁生活経済課は、有料衛星放送を無料で視聴できる不正プログラムを知人らに提供したなどとして、国土交通省航空局に勤める技官らを逮捕した。2人は容疑を認めているという。(2020/7/7)

英国“サイバー潜入捜査”で快挙 犯罪者専用サービスの暗号解読、700人余りを逮捕
英国家犯罪対策庁などは、世界で約6万人が使っていたEncroChatのメッセージングサービスに潜入し、暗号化通信の解読に成功した。(2020/7/3)

「コナミを爆破」と脅迫、「ゲーム不具合に立腹」男子高校生を逮捕 警視庁
コナミデジタルエンタテインメントに対し爆破予告をしたなどとして、警視庁築地署は、威力業務妨害と脅迫容疑で東京都の高校生を逮捕した。調べに対し「通信を切断されると負ける不具合が解消されず、腹が立ってやった」などと供述している。(2020/7/3)

神奈川のAmazon倉庫で窃盗疑い、社員の男逮捕 「商品が1000万円分ほど足りない」
神奈川件にあるAmazonの倉庫でPC部品などを盗んだとして、神奈川県警高津署がアマゾンジャパン社員の男を逮捕した。2019年5月ごろから商品を40個から50個盗んだと、容疑を認めている。(2020/7/2)

Facebook、匿名化OS「Tails」ユーザーの正体暴く技術を開発 米FBIへ提供していたことが明らかに
米Facebookが米連邦捜査局(FBI)に協力し、犯罪者のネット上での足取りを割り出す技術を開発、提供していたことが分かったと、米ニュースサイトが報じた。この技術の利用により、ネット上での動きを“匿名化”していた性犯罪者の逮捕に至ったという。日本でも、ウイルスを使った捜査を取り入れるか検討の準備が始まっている。(2020/6/30)

LINEプロフィル画像を著名人に改変疑い 少年ら書類送検
 無料通信アプリ「LINE(ライン)」のシステムに発生した脆弱(ぜいじゃく)性をつきサーバーに不正接続したなどとして、警視庁サイバー犯罪対策課は不正アクセス禁止法違反の疑いで、東京都世田谷区の高校2年の少年(16)と、埼玉県川越市のアルバイトの少年(19)を書類送検した。(2020/6/29)

アイドル脅迫の男逮捕 Twitterで「殺しますよ」
【お知らせ】本記事を削除しました。(2020/6/19)

道端アンジェリカ、芸能活動再開と独立を発表 「モデルとして再スタートを切りたい」と動画でコメント
恐喝容疑で書類送検された件については「不起訴とし、事件がなかったことを認めていただいております」。(2020/6/15)

高級車の電子キー解錠機器を販売、窃盗ほう助疑いで業者を摘発
兵庫県警が、高級車の窃盗グループに電子キーの代わりとなる機器を譲渡し、犯行を手助けしたとして、鍵店を営む男を窃盗ほう助の疑いで書類送検していたと分かった。悪用された機器の販売元が摘発されるのは異例という。(2020/6/12)

東大発AIベンチャーで約33億円着服 元役員を逮捕 「FX取引に使った」
医療画像の診断AIなどを手掛けるエルピクセルは6月10日、同社の元取締役が業務上横領の容疑で警視庁に逮捕されたと発表した。被害額は約33億5000万円で、容疑者は主にFX取引に使ったとしている。(2020/6/10)

石川由依を脅迫した容疑者が逮捕 ファンからの励ましの声に「感謝に絶えません」
本当によかった。(2020/6/4)

マンションのポストから布マスク窃盗疑い、81歳女逮捕
 政府が新型コロナウイルス対策として全世帯に配布する布マスクをマンションの集合ポストから盗んだとして、京都府警北署は4日、窃盗容疑で京都市北区の無職女(81)を逮捕した。「空き部屋のポストから取ったので悪いことをしたとは思っていない」などと話しているという。(2020/6/4)

たつき監督に殺害予告、容疑の男逮捕 ネット掲示板でほのめかす
アニメ「けものフレンズ」を制作した監督、たつきさんにネット掲示板で殺害を予告したなどとして、警視庁が京都府の男を逮捕した。アニメ声優への脅迫についても関連を調べる。(2020/6/4)

たつき監督、脅迫容疑者の逮捕受け「ご心配おかけしました」と報告 「誹謗中傷もそうですが今日日お手軽な殴り逃げでは済まないです」
5月に被害届を出したことを報告していました。(2020/6/3)

俳優コール・スプラウス、抗議デモで逮捕されていたことを公表 「白人男性だからといって特別視しないで」
「スウィート・ライフ」シリーズや「リバーデイル」などのドラマ作品に出演。(2020/6/3)

ゴーン色払拭もコロナ後の将来像示せず 波乱含みの日産連合
 日産自動車、ルノー、三菱自動車の3社連合が27日、連合を取り仕切っていたカルロス・ゴーン被告の逮捕から1年半を経て、ようやく新たな協力計画を示した。内紛の一因だった「経営統合」を棚上げし、コスト高につながった世界販売台数の追求からの脱却を掲げた。だが、新型コロナウイルスにより激変している事業環境下での将来像は示せなかった。経済危機が深刻化する中で仏政府がルノーへの関与を強める姿勢も見せるなど、連合の進む道のりは今後も波乱含みだ。(2020/5/28)

京アニ放火事件の青葉容疑者を逮捕、容疑認める
 昨年7月、京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」(京アニ、本社・京都府宇治市)第1スタジオで起きた放火殺人事件で、京都府警は27日、殺人容疑などで無職、青葉真司容疑者(42)=さいたま市見沼区=を逮捕した。調べに対し、「間違いありません」と容疑を認めている。青葉容疑者は自らも重いやけどを負っており、入院して治療が続けられてきたが、府警は一定程度回復し、取り調べなどにも耐えられると判断した。殺人事件として平成以降で最悪の犠牲者を出した未曽有の事件は発生から約10カ月で大きな節目を迎えた。(2020/5/27)

京アニ、放火事件の容疑者逮捕を受けコメントを発表
「被疑者に対し、改めて寄せる言葉はありません。行いと結果が全てです」(2020/5/27)

ロシアのソフトバンクスパイ事件、捜査終結 アントン・カリニン元代表代理を書類送検
在日ロシア通商代表部の幹部職員が、ソフトバンク元社員から機密情報を受け取っていたとされる事件で、警視庁公安部はアントン・カリニン元代表代理を書類送検した。一連の捜査は終結となる。カリニン代表代理はロシア対外情報庁のスパイで、科学技術の入手を担う「ラインX」のメンバーだったとみられている。(2020/5/25)

「新型コロナ問題に便乗し、違法アップロードで日銭を稼ぐ不届き者は許さない」 牙狼シリーズ出演俳優が漫画村運営者特定弁護士と最恐タッグを組み摘発へ
エンタメ業界が大きな打撃を受ける中、違法アップロードが急増しているとのこと。(2020/5/8)

IT基礎英語:
テレワークの敵、「爆撃犯」は逮捕も 横行するZoom-bombing
Zoomに爆弾を落とす行為が頻発しており、逮捕者も出ている。(2020/4/20)

Zoombombingは犯罪 米司法省が警告
新型コロナの影響でユーザーが急増したWeb会議サービス「Zoom」で問題になっている「Zoombombing」は逮捕または罰金の対象であると、米司法省が警告し、被害者はFBIに報告するよう呼び掛けた。(2020/4/5)

偽ワクチン宣伝の不正サイトに差し止め命令 新型コロナ便乗詐欺、米当局が重点摘発
問題のWebサイトは新型ウイルス対策の医療関係サイトを思わせるURLを利用。送料4.95ドルと引き換えにワクチンを提供すると称して、消費者がクレジットカード情報を入力するよう仕向けていた。(2020/3/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。