ニュース
» 2012年08月30日 16時07分 UPDATE

JALグループ、社内教育システムを3カ月で構築

約3万1000人のJALグループ社員が利用するシステムを富士通グループが手掛けた。

[ITmedia]

 富士通は8月30日、日本航空(JAL)グループの社内教育システムを構築して7月から本格稼働を開始したと発表した。構築はeラーニングシステム「Internet Navigware」を活用して、富士通システムズ・イーストが3カ月で実施したという。

 新システムはInternet Navigwareをカスタマイズしたもの。基本教育研修に加え、整備業務管理システム「JAL Mighty」とも連携させることで、整備士などの資格情報および教育受講情報などを連携できるようにした。

tkjal01.jpg eラーニングシステムのログイン画面

 国内外からグループ全社員が共通利用でき、教育完了までのスピードアップ、教育・受講スケジュール調整の効率化、集合教育における出張コストの削減も図ったという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -