ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  J

  • 関連の記事

「JAL(日本航空)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「JAL(日本航空)」に関する情報が集まったページです。

JAL、羽田国内線で初、飛行機の「ショートプッシュバック」を導入 6月1日開始
ショートプッシュバックって……何?(2021/6/1)

混乱を解消したい:
本格導入はいつ? JALが実証実験を進める3つの「デジタル健康証明書」
新型コロナの感染拡大を受けて、空港が大変なことになっている。日本から海外へ渡航する際、各国ごとに必要な手続きや入国後の制限が大きく異なり、航空会社にも利用者にも混乱が広がっているのだ。こうした騒ぎを解消するために……。(2021/5/19)

コスト削減に取り組んだ:
JAL、2866億円の赤字に転落 業績予想は未定
JALが決算を発表した。コロナ禍の影響を大きく受けた。コスト削減に取り組んだが大幅な赤字に陥った。(2021/5/7)

非接触チェックイン、自動車椅子、顔認証決済――
コロナ禍の逆風をチャンスに変える 日本航空(JAL)に聞くデジタル変革のヒント
新型コロナウイルスの逆風が吹き荒れる中、テクノロジーを活用して顧客価値創造に挑戦しているのが日本航空(JAL)だ。同社でデジタル変革を実現してきた西畑智博氏にポイントを尋ねた。(2021/5/6)

うさぎ号:
国内初! JALの客室乗務員がタクシーに乗って、出雲市をガイド
JALと出雲市は、JALの客室乗務員が出雲周遊観光タクシー「うさぎ号」のガイドとして出雲市内の観光業務に従事する事業を発表した。(2021/5/2)

ANAも:
JAL、ラウンジでの酒類提供を一時中止 緊急事態宣言を受けての措置
日本航空が空港のラウンジでの酒類の提供を一時中止する(2021/4/28)

出向によって社員の成長を促す JALの人事部に聞く、3つの目的
コロナ禍で、苦しい時期を過ごしている日本航空(JAL)。多くの社員を他企業へ出向させているが「人件費の削減を第一優先に置いたことはない」という。では、その目的は何か。(2021/4/28)

JTBが三菱地所・JALらと業務提携 オーダーメイド型「ワーケーションプログラム」を発売
JTBは、オーダーメイド型「ワーケーション プログラム」の販売を開始した。(2021/4/2)

コロナ禍で注目:
JTB、オーダーメイド型「ワーケーションプログラム」を発売
JTB、JAL、三菱地所、スノーピークの子会社が共同でワーケーション事業に取り組む。各社の強みを生かして、オーダーメイド型のプログラムを提供する。(2021/3/26)

空港の自動チェックイン機、タッチパネルを非接触化 JALが国内初
JALは、空港内の自動チェックイン機にタッチレスセンサーを取り付け、操作画面に直接触れずに搭乗手続きができるようにする。国内初の試みという。(2021/3/23)

航空券とサウナ付き施設を自由に組み合わせ:
JAL、「サウナー」向けパッケージ商品発売 サウナ愛好家は650万人以上
日本航空とジャルパックは3月16日、日本全国のサウナ施設と提携した「JALサ旅(サウナ旅)ダイナミックパッケージ」を発売した。(2021/3/17)

JAL、国内航空券の期間限定タイムセールを開催 東京〜札幌5000円、東京〜沖縄6000円など
JALグループが国内運賃の割引セールを実施。販売期間は3月16日午前0時〜24日午後11時59分。(2021/3/15)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
JALが推進する「ワーケーション」 旅行先で仕事をするだけじゃない”真の活用法”とは
新型コロナウイルス感染拡大により、在宅勤務やテレワークなど新しい働き方が広まっているが、コロナ禍前から働き方改革の一環として「ワーケーション」の導入に力を入れてきた企業がある。それが日本航空(JAL)だ。なぜワーケーション導入に至ったのだろうか。(2021/2/17)

大幅に下方修正:
日航、出向は1日1000人で最長2年に 最終赤字予想は?
日本航空は1日、令和3年3月期の連結業績予想を下方修正し、最終損失が前回発表の2400億〜2700億円から3千億円(前期は480億円の黒字)に膨らむとの見通しを発表した。(2021/2/1)

PR:旅行に備えてマイルをためたい! それなら普段のお買い物でも「JALカード」がおすすめ
(2021/2/24)

旅客機や地上交通からの乗り換えも:
「空飛ぶクルマ」のルートをヘリで飛行 ANAHDなどが実証実験
中日本航空、名古屋鉄道、ANAホールディングス(HD)は、ヘリコプターを使って「空飛ぶクルマ」の飛行ルートを想定した実証実験を行うと発表した。三重県志摩市から中部国際空港(愛知県常滑市)までのルートを飛行する。(2021/1/6)

「乱気流の揺れ」を未然に防ぐシステム、JALとウェザーニューズが構築 21年1月に運用開始
怖くなくなる……!(2020/12/23)

磯山友幸の「滅びる企業 生き残る企業」:
大赤字のANA救済 JALとの統合は「最悪のシナリオ」
「JAL、ANA統合論」の行方は?(2020/12/8)

「逃げ場のない恐怖」「爆発音で目が覚めた」 JAL904便がエンジントラブルで緊急着陸、乗客が撮影した映像が怖すぎる
こわい。(2020/12/4)

機体に巨大ミッキー! JALのミッキー特別塗装機「JAL DREAM EXPRESS FANTASIA 80」を見てきたよ
機体も機内もミッキーたくさん。国内主要路線で活躍します。(2020/11/19)

2021年度には新たに2機追加:
JAL傘下ジップエア、グループ内から100人募集 コロナ禍でも拡大路線
JAL傘下の格安航空会社(LCC)「ZIPAIR Tokyo(ジップエア トーキョー)」が、JALグループ全社員を対象に客室乗務員約100人を募集することがわかった。本格的な旅客便運航に向け、JALグループ全体の人員配置を見直す戦略。(2020/10/22)

「背もたれを戻していない乗客」までVRで再現 JAL、客室乗務員のVR訓練を実験
JALは、航空機内を再現した仮想空間内で、客室乗務員が機内の安全確認をする訓練を実験的に行う。専用施設での訓練と異なり、乗客の姿までVRで再現可能だ。(2020/9/30)

コロナの影響も:
学生が「インターンしたい」人気企業ランキング ANA・JALは転落、1位は……?
2022年卒業予定の学生を対象にした「インターンシップ人気企業ランキング」を楽天が発表。1位は……?(2020/9/25)

レガシーからの脱却を目指せ JALの「翼を支える」クラウド基盤とは?
JALは、IBM主催の「IBM think summit Japan 2020」で、IT基盤を再構築するプロジェクト「ITグランドデザイン」の一環として、同社のクラウド基盤を刷新したと発表した。(2020/9/10)

空港係員がアバターに JALが「リモート案内」サービス
JALがアバターを用いたリモート空港案内サービスの実証実験をスタート。非接触・非対面でも高品質な接客を目指す。(2020/9/9)

リモートで:
非対面でも笑顔、羽田空港に“アバター案内人” JALとパナが実験
羽田空港で、JAL係員がリモートで案内する実験が始まる。ディスプレイ上のアバターを通して、搭乗客に出発ロビーなどを説明する。(2020/9/8)

JAL、空港までの相乗りサービス提供 ベンチャーと連携、AIで同乗者ピックアップを最適化
JALがベンチャーと連携し、自宅やホテルと空港の移動をスムーズにする相乗りサービスをスタート。AIで同乗者ピックアップを最適化し、空港利用前後のシームレスな移動を実現する。(2020/9/8)

10月にはホノルル線就航も:
JAL系LCCのジップエア、ソウル線で貨物専用便運航 旅客便は9月中の就航目指す
JAL傘下のLCCジップエアは、9月12日より東京ーソウル線を貨物専用便として就航すると発表。韓国からの機械部品などを運ぶ。ソウル線は旅客便としての就航を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で延期を発表していた。旅客便は9月中の就航を目指している。(2020/9/8)

記念写真を自動撮影、売店で手ぶら決済 JALとNEC、空港で顔認証の実験
JALとNECが、ITを活用した旅行サービスの分野で協業。南紀白浜空港や羽田空港で映像分析や生体認証の実証実験を行う。主な実験は、記念写真の自動撮影や、顔認証によるキャッシュレス決済など。(2020/9/4)

JAL、ドローン操縦者向け講座スタート 現役パイロットが講師に
JALは、ドローンなどの無人航空機を操縦するオペレーター人材を育成する講座を始める。JALの現役パイロットなどが講師を務め、安全運行のためのノウハウを教える。(2020/9/2)

第1弾はインド:
JALとヤマト、海外駐在員向け輸送で連携 コロナ禍での海外生活支援に
日本航空とヤマトグローバルロジスティクスジャパンは、企業の海外駐在員を支援する取り組みで連携。9月1日、インド向けに日本の生活物資を輸送するサービスを開始。新型コロナウイルスの影響で日本の商品を取り寄せるのが困難になっているため、法人向けの専用サービスを設ける。(2020/8/28)

指を3センチ離して操作できる:
JAL、「画面触れずに操作」できるチェックイン機 羽田で試験導入
日本航空は8月24日、画面に触れずに操作ができる自動チェックイン機の試験導入を羽田空港で開始した。画面から3センチ程離れた状態で指を動かし搭乗手続きなどができるという。JALでは利用者の反応を見ながら本格導入を検討したいと話す。(2020/8/26)

JAL、自動チェックイン機の操作を非接触で可能に 赤外線センサー活用、羽田で実験
JALは、タッチパネル式の自動チェックインに赤外線センサーを搭載することで、画面を指で直接触れずに、非接触で搭乗手続きなどを行う実証実験を羽田空港で始めた。(2020/8/25)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
JALの大幅減収決算が示唆、コロナ影響はリーマンショックの2倍以上?
需要急減により窮地に立たされている空運業であるが、かつては不景気に強い傾向があったことをご存知だろうか。そうであるとすれば、なぜ今回の不景気では最も打撃を被った業界の1つに数えられることとなったのだろうか。(2020/8/14)

PR:まるで社内向けYouTube!? JALが社内の情報共有に動画を活用、従業員が効果的な使い方を生み出す好循環に
(2020/8/21)

欠番の「日本航空123便」が航空機位置情報アプリに出現? 真相をアプリ運営会社と日本航空に聞いた
8月6日午前0時ごろ、“JL123”というコードの航空便が、航空機の位置情報をリアルタイムに表示するアプリ「Flightradar24」上に現れた。同日午前1時までに姿を消したが、なぜ日本航空123便を表す便名が現れたのか。Flightradar24と日本航空に取材した。(2020/8/6)

欠番の「日本航空123便」がフライトレーダーに出現 ネットも一時騒然、真相は?
怖い話ではないようですが……。JALに聞きました。(2020/8/6)

売上高は78.1%減:
JALの1Q、最終赤字937億円 「極めて厳しい結果」 固定費900億円削減へ
日本航空(JAL)の2020年4〜6月の連結最終損益は、937億円の赤字(前年同期は129億円の黒字)に転落。新型コロナウイルス感染拡大に伴い、旅客需要が激減する中で固定費の削減などを進めたが、減収を補えなかった。(2020/8/3)

スマートファクトリー:
工場見学もバーチャルに、キリンとJALの工場でMR技術使って実施
日本マイクロソフトはコラボレーションツール「Microsoft Teams ライブイベント」とMixed Reality(複合現実)技術である「HoloLens 2」を活用し、見学者目線の工場見学をリアルタイムで遠隔地に配信する「おうちで工場見学を楽しもう!!リモート社会科見学」を開催。2020年6月27日には第1弾となるキリンビバレッジ湘南工場、同年6月28日にはJAL羽田整備工場において実施した。(2020/7/28)

磯山友幸の「滅びる企業 生き残る企業」:
「GoTo東京除外」でハシゴ外されたJAL、ANA 大手の破綻相次ぐ航空業界の悲鳴
世界で経営が行き詰まる航空会社が相次いでいる。欧州の「ルフトハンザ」や、「エールフランスKLM」はすでに政府が資本注入することで合意。「GoTo東京除外」でハシゴを外されたJAL、ANAは?(2020/7/22)

【新型コロナ対応】主要空港「対応状況」まとめ
発着場所など、普段と動線が変わる空港が多数。成田空港にはダンボールベッドが並んだ様子も。【4月17日14時更新】羽田空港/JAL国内線 第1ターミナル北ウイングの出発カウンター、保安検査場、ラウンジなどの施設を4月17日から閉鎖。【4月21日16時更新】。羽田・成田の店舗や施設は時短営業・休業を継続、一部空港でカフェ、売店の営業が再開【5月8日20時更新】。成田、各航空会社のチェックインカウンターを状況に応じて変更/KIXの9月年次イベント中止【5月22日20時更新】国内線ターミナルで多くの店舗が再開【6月6日更新】(2020/4/10)

JALが「au 5G」サービスを導入 航空機整備の遠隔作業支援も視野に
KDDIは、同社が提供する「au 5G」サービスの「JAL Innovation Lab」導入について発表。2回の実証実験を経てさらなる5Gの業務活用への取り組みを加速させ、実証実験第2弾で取り組んだ「航空機整備の遠隔作業支援」などの実用化にむけた検討も進めていく。(2020/3/30)

JALが「au 5G」導入 航空機の遠隔点検、タッチレス搭乗など実用化へ
JALが「au 5G」を業務に導入すると発表。高画質な映像を使った航空機の遠隔点検や、5Gスマートフォンを活用したタッチレス搭乗サービスなどの実現を目指す。国内の航空会社が5Gを正式導入するのは初。(2020/3/30)

「ありがたやー」「最高でした」 年に一度の激レア飛行「JAL 2020年初日の出フライト」に乗ってみた
「特別感」がすごい! 数千メートル上空で見た初日の出と富士山の様子をどうぞ〜。(2020/1/6)

日本IBMが日本航空の新システム基盤を構築、3つのクラウド基盤を統合運用
日本IBMは、日本航空のハイブリッドクラウド基盤とその統合管理システムを構築し、全面的な運用を開始した。統合管理基盤でプライベートとパブリック、専有と共有など、性質やベンダーが異なるクラウド基盤をまとめて管理する。(2019/9/30)

IoTで空港業務を効率化 荷物運搬車の位置と整備士の動線を把握――NECとJAL、羽田空港で共同実証
NECと日本航空(JAL)は、羽田空港(東京国際空港)で、IoTを活用して空港業務を効率化する実証実験を実施。屋外での荷物コンテナ運搬車の位置把握にはLoRaWAN、屋内での整備士の動線把握にはBLEを活用し、有効性を確認した。(2019/9/30)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
旅行のVR体験や遠隔操作の案内ロボ、JALの矢継ぎ早なイノベーションの原動力は
2018年に開設した「JALイノベーションラボ」は、旅行をVR技術で疑似体験できるシステムや、熟練案内スタッフの遠隔操作ロボットなど、さまざまなアイデアを形にしてきた。日本航空の取り組みから、イノベーション推進のヒントを探る。(2019/9/13)

激レア機体にネット騒然 戦後初の国産旅客機「YS11」がヤフオクに出品、現役なのは自衛隊が保有する2機のみ
かつて存在したメーカー「日本航空機製造」が作った戦後初の国産旅客機。(2019/9/10)

内装が上質 JAL国内線仕様のボーイング787-8、羽田〜伊丹線に就航 10月27日運行開始
「日本の伝統美」をアピールする新客室仕様に。(2019/8/26)

JAL、成田〜ウラジオストク線を新規開設 2020年度夏季ダイヤから
飛行時間は最短で1時間15分、意外と近い!!(2019/7/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。