ニュース
» 2012年09月06日 07時22分 UPDATE

Apple端末の情報流出にFBI、Appleとも関与を否定

FBIは「完全なでっち上げ」とツイートし、AppleもFBIへの情報提供を否定した。

[鈴木聖子,ITmedia]

 ハッカー集団「Anonymous」の一派が米連邦捜査局(FBI)からApple端末のUDIDを盗んだと公言している問題で、FBIとAppleがそれぞれ関与を否定するコメントを出している。

 FBIは9月4日に声明を発表し、「FBIのノートPCが不正侵入され、Apple UDIDに関する非公開データが流出したとの報道については認識している。現時点で、FBIのノートPCが不正侵入されたことを裏付ける証拠も、FBIがこのデータを収集していたことを裏付ける証拠も存在しない」とした。

 これに先立ち、FBI広報のTiwtterでは「われわれは問題の情報を持っていなかった。つまり完全なでっち上げだ」とツイートしていた。

 一方、Apple広報はIT情報サイトAllThingsDの取材に対し、「FBIがAppleに対してこの情報を要求したことはなく、われわれはFBIにもいかなる組織にも、この情報を提供していない」と強調した。さらに、間もなく登場予定のiOS 6ではUDIDに代わって新しいAPIを採用し、UDIDの使用は間もなく禁止されると説明している。

tkfbi01.jpg 不正アクセスはないとするFBIのプレスリリース

関連キーワード

FBI | Apple | Anonymous | 不正アクセス | 情報流出


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ