ニュース
» 2012年09月19日 18時06分 UPDATE

無線LANの運用管理もUTMで、フォーティネットが新アプライアンスを発表

フォーティネットは、無線LANアクセスポイントや管理機能を標準装備するUTM新製品を発売した。

[岡田靖,ITmedia]

 フォーティネットジャパンは9月19日、無線LAN機能を搭載したUTM(統合脅威管理)アプライアンスの新製品「FortiWiFi-40C」および「同60C」、無線LANアクセスポイントの新製品「FortiAP-221B」を発売した。併せて、モバイルクライアントアプリ「FortiClient」のiOSおよびAndroid向け新バージョンもリリースしている。

 FortiWiFi-40Cおよび同60Cは、UTM製品のFortiGate-40Cと同60Cをベースに、無線LANのアクセスポイントと管理機能を標準搭載した新モデルとなる。IPSec/SSL VPN、ウイルス対策などのセキュリティ対策機能に加え、無線LANインフラの管理も1台のアプライアンスで行えるのが特徴。ファイアウォールスループットは40Cが200Mbps、60Cが1Gbps、UTM機能を全て利用する場合の参考価格は、40Cが14万2000円、60Cが22万7000円となっている。

 同社では以前からUTMのFortiGateシリーズに無線LANコントローラ機能を搭載しており、FortiAPと組み合わせて安全な無線LAN環境を一元的に管理できる仕組みを提供。FortiAP-221Bでは「Dynamic Frequency Selection(動的周波数選択)」に対応したことで、より柔軟性の高い無線LAN環境を運用できるようになった。

yokttn01.jpg FortiWiFi-40C(左)および同60C

 新製品のFortiWiFiは、無線LANアクセスポイント機能もUTM本体に一体化することで、無線LAN環境をよりシンプルに利用できるようにしたもの。小規模オフィスや店舗、また、多店舗多拠点を展開する際のエッジ用などに適しているという。FortiWiFiにもFortiAPシリーズを増設する(最大5台まで)ことができ、オフィスレイアウトの都合で電波が届きにくい場所などもカバーできるようにしている。

 さらに、FortiWiFiではクライアントモードを備え、無線LAN子機としても利用可能とした。広大な敷地の中の離れた場所にLANを展開したいときなど、ネットワークケーブルを用意することなく無線LAN経由で接続できるという。

yokttn02.jpgyokttn04.jpg FortiWiFiの特徴(左)とFortiWiFiのみが備えるクライアントモード

 FortiClientのiOSおよびAndroid向けの最新版は、FortiGateもしくはFortiWiFiへインターネットからVPN接続を行うためのアプリとなる。いずれも無償利用でき、AppleやGoogleの公式アプリストアからダウンロード可能。FortiGate/FortiWiFiのVPNおよび各種認証機能はユーザー数無制限のライセンスが提供されており、他社のモバイルデバイス管理ソリューションと組み合わせてBYOD環境を構築できるという。

yokttn03.jpgyokttn05.jpg FortiClient for iOSとFortiClient for Android。VPN機能はOSの特性により異なり、Android版ではワンタイムパスワード認証やクライアント証明書にも対応する

関連キーワード

無線LAN | UTM | Fortinet


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -