ニュース
» 2012年10月02日 15時26分 UPDATE

EMCがECMソフトの最新版、コーディングレスでシステム構築が可能に

EMCジャパンは文書管理ソフト「EMC Documentum」の最新版を発表した。

[ITmedia]

 EMC ジャパンは10月2日、文書管理ソフトウェア製品の最新版「EMC Documentum D2」を発売した。コーディングレスによるカスタマイズができるようになり、本番稼働までの時間とコストの削減と、全社規模のドキュメント活用が可能になるとしている。

 Documentum D2は、ウィジェットやガジェット技術を取り込んだユーザーインタフェースを採用。部門単位や特定業務単位での文書管理のほか、目的や用途に応じた豊富な機能を搭載する。「ワンクリックで必要な情報にたどりつく」ことを目標に開発したといい、例えば、分厚いマニュアルを使わずにトレーニングが行えるなどの効果が期待される。

tkemc01.jpg ユーザーインタフェースのイメージ

 また同社は、Documentum D2をベースした業種別ソリューションの開発も進めているという。2013年には製薬業向け「Life Science ソリューション」、エネルギー業界やEPC(設計・調達・建設)業界向けのEPFMソリューションの提供を予定する。

 販売価格は500万円(税別)から。

関連キーワード

EMC | Documentum | 文書管理


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -