ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「Documentum」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Documentum」に関する情報が集まったページです。

EIM(エンタープライズ情報管理)で開かれる新たな地平:
PR:日本でデジタル化の取り組みがうまくいかない理由、欧米企業と国内企業における非構造化データの活用格差とは
「エンタープライズ情報管理(EIM:Enterprise Information Management)」は、ECMをもう一段大きく発展させたものだ。日本ではそれほど一般的ではないが、英語圏ではECMやBPM、CEM(顧客体験管理)、BIなどのアナリティクス、eDiscovery(電子証拠開示)などのコンプライアンス対応、そして企業間データ連携といった、企業の情報を管理したり、企業間で情報を連携させたりするさまざまな機能を包含した仕組みとして注目度が増している。(2018/5/23)

製品徹底レビュー
「McAfee Total Protection for Data Loss Prevention」を専門家が検証
ITセキュリティ専門家が、物理アプライアンスと仮想アプライアンスに配備可能なDLP製品スイート「McAfee Total Protection for Data Loss Prevention」を詳しく検証する(2017/8/4)

Box、Dropbox、kiteworksなど
ビジネス向けファイル同期・共有ツール11製品を徹底比較(前編)
企業向けファイル同期・共有(EFSS)製品は、従業員間のファイル共有、共同作業、ファイル編集を支援し、ワークフローを円滑にする。モバイルニーズに対応した11個のEFSS製品を紹介する。(2017/7/14)

IT環境や業務に合ったニーズの見極めが必要
「OneDrive」「Dropbox」「Google Drive」 “失敗しない”ファイル同期/共有ツールの選び方
ファイル同期/共有ツール(EFSS)を比較する企業にとって、セキュリティ、ユーザーの操作性、コラボレーションの機能、ファイルの同期機能は見逃せない。(2017/7/9)

キャズム理論が進化している:
GEに学ぶ、日本企業の「これから」
「キャズム理論」と聞くと、「ウチの会社でその考え方を活用するのは難しいのでは?」と思う人が多いのでは。キャズム理論は誕生から25年が経っているが、例えばGEのような大企業でも活用され始めているのだ。具体的にいうと……。(2016/12/16)

キャズム理論が進化している:
市場を刈り取るために、何をすればいいのか
「テクノロジーの技術に詳しい人を集めて、徹底的に理解した上で、ビジネスを立ち上げよう」と思っている人もいるのでは。しかし、この方法で本当に大丈夫なのか。そこで、役立つのが最新のキャズム理論である。(2016/12/9)

エグゼクティブインタビュー
「競合はDropboxやBox」 クラウド対応を急ぐAlfrescoの戦略とは
ユーザーにおけるクラウド利用の急速な拡大で、従来オンプレミスでソフトウェアを提供してきたベンダーの戦略も転換が迫られている。コンテンツ管理製品ベンダーのAlfresco幹部にクラウドへの対応を聞いた。(2014/5/16)

投資の優先順位が高いのに、実際には手が付けられない理由:
日本の風土にマッチしたECMとは?
ITRの「IT投資動向調査2014」によると、「全社的なコンテンツ管理インフラの整備」「情報・ナレッジの共有/再利用環境の整備」といった、ECMに関連するトピックに高い関心を示す企業は多い。にもかかわらず実際の投資にまで至らないのはなぜだろうか。(2014/3/27)

非構造化データの統合管理に強み、米ZLが新バージョンを発表
非構造化データの統合型アーカイブソリューションを展開するZL Technologiesが最新版製品を発表。国内パートナーを拡充し、日本での事業を強化する。(2013/10/16)

PR:「企業向けDropbox」、Syncplicityの実力
スマートフォンやタブレット端末が普及するのにしたがい、オンラインストレージのサービスがさかんに使われるようになってきた。多様なデバイスで最新のファイルにアクセスできたり、複数の関係者と簡単にファイル共有できることは、生産性向上に大きく寄与する。しかしいくら便利でも、企業で使う場合にはコンシューマ向けのサービスというわけにはいかない。企業で使っても問題ないDropboxのようなサービスがあればいいのにと思ったなら、EMCのSyncplicityがまさにそれだ。(2013/5/29)

EMCがECMソフトの最新版、コーディングレスでシステム構築が可能に
EMCジャパンは文書管理ソフト「EMC Documentum」の最新版を発表した。(2012/10/2)

需要再燃でECMに新たな風? 専業ベンダー2社のトップに聞く
日本企業の「エンタープライズコンテンツ管理(ECM)」に対するニーズが高まっているとして、専業ベンダー2社のトップが相次いで来日。日本市場での事業強化を表明した。(2012/5/28)

マカフィーが新社長を起用、現社長の加藤氏は会長職に
Intelや旧DEC、EMCなどで要職を務めたジャン-クロード・ブロイド氏が社長に就任する。(2011/9/30)

Cisco、企業向けソーシャルネットワークシステム「Cisco Quad」を発表
UCシステムに注力するCiscoが、ビデオ会議や社内SNS機能を盛り込んだコラボレーションツール「Cisco Quad」、Webベースの「WebEx Connect IM」、動画撮影・共有サービス「Cisco Prosumer Video」を発表した。(2010/6/14)

Salesforceのデータも検索可能に:
「Google Search Appliance」、検索結果比較ほか新機能追加
企業向け検索アプライアンスのGSAに、検索機能向上のための比較検討機能と、Salesforce.comのデータを検索できるコネクタが追加された。(2009/8/20)

EMC、情報漏えい対策と文書管理の体験サイトを開設
EMCジャパンは、情報漏えい対策製品「Documentum IRM」とドキュメント共有サービス「Documentum eRoom」の30日間無償トライアルを始めた。(2009/8/18)

Efficient ITを実現する情報インフラの全体最適化
コストを削減しながらビジネスに貢献する戦略的ITを実現する、情報を中心としたEfficient IT。それを実現するのが情報インフラストラクチャの全体最適化だ。企業は今、何をすべきか? そのヒントになるホワイトペーパーを集めた。(2009/3/11)

Dreamforce 2008 Report:
クラウドはナレッジマネジメントをも進化に導く
蓄積された情報の共有にフォーカスしていた「ナレッジマネジメント」という手法が変わろうとしている。情報に加え「ヒトとヒト」のつながりがコンテンツ管理にも求められているからだ。そしてこの分野でも、クラウド型サービスがキーとなっている。(2008/11/18)

IT企業にさまざまな影響:
ウォール街の「壮大な」リスクマネジメント崩壊
ウォール街の現在の危機は、IT業界にもっとシリアスな問題が近づきつつあることを警告する経済的な心臓発作にすぎないかもしれない、とITの専門家たちはささやく。(2008/10/3)

ホワイトペーパー:
文書管理とエンタープライズコンテンツ管理の違いは?
エンタープライズコンテンツ管理(ECM)とは何なのか? ECMを実践することでどのようなメリットがあるのか? 文書管理との違いを述べつつ、ECM製品導入のメリットを解説する(提供:EMCジャパン)。(2008/9/18)

NEWS
EMC、Web 2.0技術を大幅採用した「EMC Documentum」新バージョンを発表
EMCが企業向けコンテンツ管理(ECM)製品スイート「EMC Documentum 6.5」を発表。前バージョンに比べ、Web 2.0技術の採用による使い勝手向上や、処理能力・拡張性の強化が図られたという。(2008/9/4)

EMC、企業コンテンツ管理製品の新バージョン:
Flex活用で直感的なコンテンツ管理を実現
(2008/9/3)

国内でECMの浸透を:
EMCが「Documentum」新版 「リスクのない企業内Web2.0」の実現へ
EMCジャパンは“Web2.0”ベースの使い勝手を取り入れた企業内コンテンツ管理の製品群「EMC Documentum 6.5」を発表した。企業がコンテンツ管理の厳格化を進める背景を追い風に日本市場でのECM製品を拡販。Web2.0の企業内導入のけん引役も担う。(2008/9/3)

ホワイトペーパー:
効率化とセキュリティ──企業が抱えるコラボレーションのジレンマ
社内外とのコラボレーションは、情報漏えいの危険性に常に注意を払わなくてはならない。一方、業務効率を上げるために情報共有の効率化は欠かせない。このような相反する課題を解決する方法はあるのか(提供:EMCジャパン)。(2008/7/8)

社内文書の活用を推進:
NEC、情報管理ソフト「InfoFrame」の展開強化
NECは情報管理ソフト製品「InfoFrame」で、迅速なドキュメントの検索やシステム間連携を図るための機能強化などを進める。(2008/6/16)

セキュアな情報共有を実現するDocumentumシリーズ
漏えいの危険が潜む社外とも簡単かつ安全に情報共有
情報共有をするに当たって手が掛かるのがアクセス権限の設定やセキュリティ対策だ。社内外で安全に情報共有し、業務を効率化するためにはどのような方法がよいのか?(2008/3/31)

MS、無料の企業向け検索サーバソフト「Search Server 2008 Express」発表
Microsoftの「Search Server 2008 Express」では、エンタープライズ級の機能と使いやすさを組み合わせた。(2007/11/7)

検索技術ラボも開設:
ユニバーサル検索に対応、Google検索アプライアンス最新版
日本市場でも提供されるGoogle検索アプライアンスの最新版。新機能「ユニバーサル検索」と、Googleが新たに開設した技術検索支援サイトに迫る。(2007/10/11)

Google、企業向け検索アプライアンスの最新版発表
「Google Search Appliance 5.0」は、1度のクエリーで異なる種類の検索が可能な「ユニバーサル検索」機能を備える。(2007/10/11)

EMCジャパン、REALCOM KnowledgeMarketを全社導入
EMCジャパンは、リアルコムの情報共有基盤を全社導入した。今後は、同社のECM製品やアーカイブストレージとの連携を検討するという。(2007/10/10)

Analysis:
ECMはITを業務に近づけることができるか
エンタープライズ・コンテンツ管理」(ECM)という製品ジャンルをご存知だろうか。欧米では確固たる市場が存在し、今後4、5年は年平均十数%の伸びが期待されているようだ。(2007/9/3)

EMCジャパン、Eclipse搭載のECM製品
EMCジャパンは、エンタープライズコンテンツ管理のプラットフォームとなる最新版「Documentum 6」を発表した。(2007/9/3)

NEWS
EMCジャパン、企業向けコンテンツ管理プラットフォームの最新版を発表
SOAにも対応するWebサービスベースのAPIと新しい開発ツールを提供する「EMC Documentum 6」を9月末日より出荷開始する(2007/9/3)

エンタープライズサーチの新バージョンとコネクタを発表――日本オラクル
日本オラクルは企業向け検索エンジンの新バージョン「Oracle Secure Enterprise Search 10g Release 1(10.1.8)」と、同製品で利用できる検索コネクタを発表した。(2007/4/2)

Officeとの連携が最大の強みとなるか、SharePoint Server 2007
ドキュメント管理ソリューションのSharePoint Server 2007は、同時リリースされた2007 Office Systemとの連携によってその威力を十分に発揮できる。だが、導入には幾つか注意すべき点もある。(2007/3/23)

ドキュメント管理機能を一新したSharePoint Server 2007
すぐに使えるワークフローの提供やドキュメントライブラリの強化により、SharePoint Server 2007は、従来のバージョンよりもさらにドキュメント管理に適した製品となっている。だが、こうしたソリューションを使った作業がユーザーに負担と思われてしまうと、ドキュメント管理の効果があがらない恐れもある。(2007/3/19)

McAfee、CEOにEMCのデウォルト氏を任命
McAfeeが、2006年10月にストックオプション問題で退任したCEOの後任に、EMCの執行副社長デビッド・デウォルト氏を任命した。(2007/3/7)

特別企画 Lotusphere 2007に見るIBM Lotusの戦略:
IBMコラボレーション製品は、どこへ向かうのか?
「一蓮托生」とは同じハスの花の上に生まれ変わること、あるいはハスの根がつながっていることから生まれた言葉だという。情報共有基盤もコンテンツの資産化により、ユーザーと製品ベンダが一蓮托生の関係になりやすく、ユーザーは製品ロードマップに注目せざるを得ない。今回は、今年1月に米国で行われたLotusphere 2007の発表内容から、Notesの未来と戦略を客観的に洞察していこう。(2007/2/28)

RSA Conference 2007 Report:
統合進むセキュリティ業界、「これまでのアプローチはうまくいかない」とRSA
EMCの情報セキュリティ部門となったRSA Securityのアート・コビエロ氏が、セキュリティ業界の統合と、これまでのアプローチの限界について語った。(2007/2/7)

Adobe、新CFOにEMCのギャレット氏
2006年11月に前任が就任半年で辞任して以来、CEOが兼務していたAdobe Systemsの最高財務責任者に、マーク・ギャレット氏が任命された。(2007/1/25)

コグノス、代表取締役社長に岡本バイスプレジデントが昇格
コグノスは1月11日、代表取締役社長に岡本克司氏が就任したことを明らかにした。(2007/1/11)

Google、企業向け「Google Search Appliance」に機能追加
Googleが、企業向け検索アプライアンスに新機能を追加。検索結果をグループ表示したり、文書のタイプに応じて表示順を変えることが可能になる。(2007/1/5)

CMSビジネス活用術(5):
“シームレス”が生み出すCMSのビジネス活用シーン
CMSはどれだけ、どのようにWebビジネスの可能性を広げていくのだろうか? 想定される活用シーンから、CMSに求められる機能や役割を考えていこう。(2006/12/23)

内部からの情報漏洩防止を「実施」するアプライアンス
マクニカネットワークスは、個人情報や機密情報の社外への流出を検知し、ブロックする機能を備えたアプライアンス製品「CI Appliance 1500」の販売を開始した。(2006/12/14)

拡大するEMC インフラ総合ベンダーとして勝負
売り上げに見るEMCの業容は、既にソフトウェア・サービスが全体の半数を超え、かつてのストレージ専業ベンダーとしての面影は薄れつつある。(2006/12/13)

ストレージ関連ベンダ それぞれの戦略(7):
[アイシロン] クラスタストレージとともに事業を伸ばす
簡単に設置でき、ニーズに応じて半自動的に容量を拡張していける新世代のNASを提供しているのがアイシロン・システムズだ。同社の戦略と今後の展望を聞いた(2006/10/19)

ストレージ関連ベンダ それぞれの戦略(6):
[CA] 時代が包括的なストレージ管理を求めている
CAは過去数年にわたり、ストレージおよびデータ管理のあらゆる局面をカバーする包括的な製品群を構築してきた。その背景と今後の戦略を聞いた(2006/10/14)

MicrosoftとEMC、コンテンツ管理で提携
EMCは提携に伴い、Microsoft SQL Server 2005対応製品、Microsoft SharePoint Server 2007対応製品2種の計3製品を発売する。(2006/10/5)

コンテンツ管理に乗り込むEMCの武器は「ソフトウェア」
EMCはソフトウェア、中でもエンタープライズコンテンツ管理(ECM)の分野へ積極的に取り組む方針だ。(2006/8/31)

EMC、ProActivityを買収
(2006/6/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。