ニュース
» 2012年10月19日 07時31分 UPDATE

「JavaはOracleから直接入手を」、Apple経由のプラグインに削除措置

OS X向けのJavaセキュリティアップデートを導入すると、Appleが提供したJavaアプレットのプラグインが、全ブラウザからアンインストールされる。

[鈴木聖子,ITmedia]
tkmcjv001.jpg

 米Appleは、10月16日に公開したOS X向けJavaのセキュリティアップデート「Java for OS X 2012-006」で、Appleが提供したJavaアプレットのプラグインを、全ブラウザからアンインストールする措置を取ったことを明らかにした。

 Java for OS X 2012-006は、OS X Lion v10.7とOS X Mountain Lion v10.8向けに公開され、Java SE 6を最新版に更新して深刻な脆弱性を修正している。さらに、このアップデートをインストールすると、Web上でJavaが必要な領域に、「Missing plug-in」と表示されるようになるという。

 ユーザーがJavaアプレットを使いたい場合は、この領域をクリックして、Oracleから最新版のJavaアプレットをダウンロードする必要がある。

 また、アプレットの設定用アプリケーション「Java Preferences」も、既に不要になったとして同時に削除された。

 Mac版のJavaをめぐっては、Javaの脆弱性を突いたマルウェア「Flashback」が今年に入って猛威を振るい、Appleが対応を強いられた経緯がある。同社は9月にリリースしたJavaのアップデートで、どのアプレットも長期間実行されなかった場合にJavaプラグインを即座に無効化する措置を導入。今回はこの対策をさらに強化した形となる。

関連キーワード

Java | Apple | Mac | Oracle(オラクル)


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ