ニュース
» 2012年11月09日 18時28分 UPDATE

新山梨県立図書館、RFIDを活用した図書館システムを採用

今月11日にオープンする新山梨県立図書館にNECが図書館システムを構築した。

[ITmedia]

 NECは11月9日、RFID(無線ICタグ)などを活用した図書館システムを新山梨県立図書館に構築したと発表した。

新山梨県立図書館情報システム全体概要 新山梨県立図書館情報システム全体概要

 新山梨県立図書館は11月11日にオープン。NECの図書館システムを導入したことで、所蔵資料約80万点にRFIDを貼付し、貸出管理や蔵書点検などの業務から、自動貸出機や予約棚システムなどの利用者サービスまで、全面的にRFIDを採用した。

 また、図書に貼付されたRFIDを読み取ると、表紙画像やタイトルなどの情報を表示するとともに、図書館が所蔵している関連図書の一覧も自動的に表示する検索システム「おくだけサーチ」も導入した。従来の蔵書検索システムは、はじめにキーワード入力が必要であるため、目的のタイトル名や著者名が明確でないと活用が難しかった。

 そのほか、電子書籍の貸出サービスも開始。館内ではインターネットが利用できるPCや、NEC製のタブレット型端末で貸出、閲覧できる環境を整備しているという。

関連キーワード

図書館 | RFID


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -