ニュース
» 2012年11月14日 14時45分 UPDATE

統合基盤「PureSystems」に管理ソフトなどを追加 日本IBM

日本IBMは、統合システム基盤「IBM PureSystems」の中核を成すハードウェア「IBM Flex System」に新たなコンポーネントを搭載した。

[ITmedia]

 日本IBMは11月14日、統合システム基盤「IBM PureSystems」のハードウェア部分である「IBM Flex System」に新たなコンポーネントを搭載すると発表した。

 今回追加するのは、管理ソフトウェア「IBM Flex System Manager」、リアルタイムのデータ圧縮や使用頻度に応じたストレージ階層間のデータ自動再配置が可能な内蔵ストレージ「IBM Flex System V7000 ストレージ・ノード」、Flex System x220/x240コンピュートノード専用のストレージ拡張ユニット「IBM Flex Systemストレージ拡張ノード」、プロセッサ「IBM Flex System p260コンピュート・ノード」、Fibre Channel over Ethernet(FCoE)対応のネットワークスイッチ「IBM Flex System Fabric EN4093R 10Gb Ethernet Scalable Switch」。これらのコンポーネントをPureSystemsのファミリー製品である「IBM PureFlex System」に組み込んで提供していく。

 Flex Systemの最小構成価格は、122万100円(税込)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -