ニュース
» 2012年12月14日 08時00分 UPDATE

NEC、グループウェア「StarOffice」の最新版を発売 タスク共有機能を強化

NECは、グループウェア製品の最新版「StarOffice Xシリーズ V4」を発売。部門や全社単位でのタスク共有機能を備え、企業の情報共有を効率化するという。

[ITmedia]

 NECは12月13日、グループウェア製品の最新版「StarOffice Xシリーズ V4」を発売した。部門や全社単位でのタスク共有機能を備え、企業の情報共有を効率化するという。同日出荷を開始し、価格は「Standard」版(50ID〜)が80万円から、「Enterprise」版(1000ID〜)が1980万円から(いずれも税別)。

 StarOfficeは、メール、ポータル、スケジュール管理、掲示板などの機能を備える企業向けコラボレーション支援ツール。新バージョンは個人、部門、全利用者などの単位でメッセージを送り、閲覧状況を確認できる「業務通達」機能を搭載。発信者はメッセージを誰が読んだか確認できるほか、メッセージ内で指示したタスク(アンケート回答など)の進捗も把握できる。

photo 業務通達の利用画面

 また、同製品の機能をSaaS型で提供する「OfficeForce」のサービスメニューも刷新した。メール機能を除くグループウェア機能のみを提供する「OfficeForce Blue」と、メールサーバ付きの「OfficeForce Red」を用意。価格はBlueが月額390円/ID、Redが月額590円/ID(いずれも税別)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -