ニュース
» 2013年01月30日 15時56分 UPDATE

富士通、ソーシャルメディア分析サービスを開始

分析可能なソーシャルメディアは国内最大規模という。

[ITmedia]

 富士通は1月30日、ソーシャルメディアのデータを収集、解析、分析するクラウドサービス「FUJITSU DataPlaza ソーシャルメディア分析ツール」を開始した。

 新サービスは、FacebookやTwitter、ニュースサイト、主要ブログなどの個人の声といったデータを集めて、解析と分析ができる。分析可能なデータは過去13カ月前からもの。日別や週別、月別といった視点や、デモグラ(属性)、ポジネガ(評判)、クラスタ(注目ワード)などの分析、また、Twitter分析(オプション)が行える。

fujitsu0130.jpg 分析レポートのイメージ

 消費者の声から傾向や特徴を発見することで、商品やサービス、顧客対応などの改善や向上、自社の市場でのポジショニングや評価の把握、マーケティング施策の効果測定などに利用できるという。

 料金は初期導入が10万円、月額利用料が8万円となる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -