ニュース
» 2013年02月06日 17時18分 UPDATE

BlackBerryとトレンドマイクロ、モバイルアプリの不正対策で提携

「Trend Micro Mobile App Reputation」を利用して、アプリストアへの不正アプリの混入を防ぐという。

[ITmedia]

 カナダのBlackBerry(旧Research In Motion)は米国時間の2月4日、モバイルアプリのセキュリティ対策でトレンドマイクロと協業すると発表した。BlackBerryの公式アプリストア「BlackBerry World」への不正アプリの混入を防ぐという。

 提携ではBlackBerry Worldで配布されるモバイルアプリについて、トレンドマイクロの「Trend Micro Mobile App Reputation」を使ってマルウェアの混入やプライバシー侵害のリスクなどを審査し、安全が確認されたアプリをBlackBerry Worldで配布できるようにする。

 Trend Micro Mobile App Reputationは、トレンドマイクロの米国法人が昨年2月に開発したもの。モバイルアプリの挙動を解析し、外部サーバへの不正な情報の送信や機密情報への不正アクセスといったリスクを評価する仕組みをクラウドサービスで提供しており、Android向けなど200万種類のアプリを解析しているという。

 最近ではモバイルアプリを使って個人情報の窃盗やマルウェア感染などを狙う攻撃が増加。AppleやMicrosoftは事前審査で公式ストアへの不正アプリの混入を防ぎ、Googleでは「Bouncer」という仕組みで公式ストアにアップロードされた不正アプリを排除する仕組みを採用している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -