ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「不正アプリ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「不正アプリ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

スマホにマイナカード機能搭載、課題は何か?
2022年度中に、スマートフォンにマイナンバーカードの機能を内蔵することを目指し、総務省らが活動を続けている。まずはAndroidスマートフォンから搭載し、iPhoneについては最速でもその1年後以降となる見込みだ。ではマイナンバーカード機能の搭載における現状の課題はなにか。(2022/5/9)

12世代Intel Coreで変わった点
「vPro」搭載PCは普通のPCと何が違う? テレワークを狙う攻撃に焦点
第12世代のIntel Core向け「vPro」は、ファームウェアからOS、メモリに至るまで幅広いセキュリティ機能をそろえるとIntelは強調する。具体的には、どのような機能があるのか。(2022/4/1)

北京五輪のスマホ情報セキュリティ パラでは使い捨てスマホ配布も 日本の対応“後手後手”
北京冬季五輪で選手らが中国に持ち込んだスマホの情報が、諜報活動などで抜き取られる危険性が懸念されている。日本政府は帰国時の航空機内で公式アプリ「MY2022」の削除を徹底し、帰国後も同意の上で専門家の検査を行うという。(2022/2/14)

IPAの「情報セキュリティ10大脅威2022」 “Log4j”影響でゼロデイ攻撃が浮上
情報処理推進機構(IPA)が、2021年に起きた情報セキュリティ事案の影響の大きさを示すランキング「情報セキュリティ10大脅威2022」を発表した。組織部門では新たに「修正プログラムの公開前を狙う攻撃」(ゼロデイ攻撃)が7位にランクインした。(2022/1/27)

この頃、セキュリティ界隈で:
そのQRコードは大丈夫? 詐欺目的の利用増加、キャッシュレス決済の普及を逆手に
米国でQRコードを使った詐欺の手口が相次いで報告されている。非接触のキャッシュレス決済での利用など便利な反面、軽い気持ちで読み取ってしまいがち。そこに付け込み、悪用するケースが増えているとして、米連邦捜査局(FBI)などが注意を呼び掛けた。(2022/1/26)

迷惑SMSは受信拒否 ドコモとソフトバンクが春に機能追加へ フィッシング詐欺対策で
NTTドコモとソフトバンクが、迷惑SMSの受信を拒否する機能の提供を今春に始める。スミッシングによる被害を防止する。(2022/1/13)

ITmedia Mobile 20周年特別企画:
当時は“世界最先端”だった――日本の「ケータイアプリ」の歴史を開発目線で振り返る
昔のケータイ(フィーチャーフォン)は、「Java」または「BREW」で構築したアプリを楽しむことができました。かつて「ケータイ向けWebブラウザ」に携わっていた筆者が、かつてのケータイ向けアプリを開発目線で振り返っていきます。(2021/12/28)

バンキング型トロイの木馬が30万台以上のAndroidに感染か 国内金融機関も標的に
Androidを使っている場合、Google Play Store経由でインストールしたアプリであっても注意が必要だ。同ストアからインストールしたアプリを介して30万台以上のAndroidにトロイの木馬が感染したことが明らかになった。(2021/12/2)

2段階認証すら突破する場合も フィッシング詐欺から身を守るには? NTTドコモに聞く
携帯キャリアや宅配業者を装った、身に覚えのないSMSやメールが届いたことがある、という人は多いだろう。個人情報を盗まれてアカウントを乗っ取られたり、不正なアプリをインスールしたりする恐れがある。こうした「フィッシング詐欺」で被害に遭わないための対策をNTTドコモに聞いた。(2021/11/26)

ドコモ装う不正アプリ被害、iPhoneでも確認 構成プロファイル悪用
NTTドコモなどの通信事業者を装って不正アプリをインストールさせ、ネットワーク暗証番号などを詐取するフィッシングの手口。AndroidだけでなくiPhoneでも被害を確認しているという。(2021/11/26)

Apple、「サイドロードと他社アプリストア許可は強固なセキュリティ保護を台無しにする」と主張
Appleは「Building a Trusted Ecosystem for Millions of Apps」というPDF文書を公開した。(2021/10/14)

ドコモオンラインショップでギフトカードの不正購入 約1億円の被害
NTTドコモは、フィッシングSMSに記載したURLのリンク先から「NTTセキュリティ」などを装った不正なアプリのインストールを促し、悪意のある第三者による決済の発生について注意喚起を行った。(2021/10/4)

ドコモを名乗るSMSで1億円被害、全額補償へ ドコモオンラインショップでiTunesカードなどの販売を一時停止
NTTドコモは、同社の名乗るフィッシングSMSにより詐欺被害が起きたと発表。被害金額は約1億円、被害人数は約1200人。ドコモオンラインショップでの「App Store & iTunesギフトカード」などの不正購入が確認されたという。対象者には全額補償する。(2021/10/4)

Appleが開発者との集団訴訟で和解 App Store以外での支払いを容認
Appleが8月27日、2019年に起きた米国の複数の開発者による集団訴訟について和解したと発表。その内容を日本語で公開した。中小開発者への支援や検索機能の維持、審査レポートの公開など、開発者にとっては見逃せない声明だ。(2021/8/27)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(63):
“祭り”は終わった? いや、始まってもいない!
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策の話。でも堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学・ネタをお届け! 今回は、1年の延期を経て開催された一大スポーツイベントでのセキュリティ対策を端的にまとめた3ページの資料についてお話しします。(2021/7/26)

不正アプリをインストールしてしまったら? 携帯各社がフィッシング詐欺へ注意喚起
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルは、通信事業者などを装うフィッシング詐欺へ注意喚起。被害を防ぐためにユーザーが注意すべき点や、不正なサイトへのアクセスや不正アプリのダウンロード時の対応についても案内している。(2021/7/21)

+Style初のタブレットが6月29日に発売 2万4800円から5000円オフキャンペーンも
プラススタイル初のタブレット「+Style タブレット」が6月29日に発売。6月22日〜6月30日の期間、標準価格2万4800円(税込み)が5000円オフになるキャンペーンも行う。(2021/6/22)

半径300メートルのIT:
ワクチン接種を装った偽のSMSが流行中 “あえてガラケーがいい”という人たちに情報を伝えるには
COVID-19のワクチン接種を装った偽のSMSが出回っています。最新のトレンドをテーマとしたフィッシング詐欺への対策としては、情報共有が非常に重要になってきますが、中高年世代の中には“ガラケー”一筋の方もいます。情報格差を是正するために私たちはどうすればいいのでしょうか。(2021/6/1)

「ワクチン接種予約受付中、アプリインストールして」──正体は偽SMS トレンドマイクロが注意喚起
トレンドマイクロはコロナワクチンの接種予約を装った偽のSMSを確認したとして、自社の公式サイトで注意を呼び掛けた。(2021/5/28)

偽のワクチン接種案内がSMSで トレンドマイクロが注意喚起
トレンドマイクロが、新型コロナウイルスのワクチン接種予約を装う偽のSMSを確認。メッセージ内のURLリンクから不正サイトへ誘導されないよう呼び掛けている。(2021/5/28)

ドコモをかたるフィッシングメールやSMSに注意 「dアカウント」のID・パスワードを窃取
フィッシング対策協議会が、NTTドコモをかたるフィッシングメールやSMSを確認したとして注意を呼び掛けた。電話料金や商品発送の案内を偽り、本文中のリンクから偽サイトに誘導するという。(2021/5/27)

大手ECなどかたるフィッシングメール、1年で5倍に 被害に遭わないためには?
大手ECサイトなどをかたるフィッシングメールが1年で5倍近く急増している。被害に遭わないためには何ができるのか、専門家に聞いた。(2021/2/18)

「AppleのiOSをプライバシー保護で追撃」と専門家
Android 11の「仕事とプライベートをより厳密に分ける機能」とは?
Googleがリリースした「Android 11」は仕事用データと個人用データの分離を強化するなど、データ保護機能を充実させた。専門家にAndroid 11の見どころと課題を聞く。(2020/10/25)

macOSやiOSなどのアップデートが公開 4件の脆弱性に対処
macOSのアップデートは、4件の脆弱性に対処した。「iOS 14.0.1」「watchOS 7.0.1」「tvOS 14.0.1」もアップデートが公開された。(2020/9/28)

iOSアプリの広告SDKに不正な挙動、セキュリティ企業が報告
米国のセキュリティ企業Snykは、中国のMintegralが2019年7月から提供しているSDKのiOSバージョンに悪質な挙動があると伝えた。(2020/8/25)

この頃、セキュリティ界隈で:
クラウドを狙う“同意フィッシング”、セキュリティ教育機関も被害
(2020/8/24)

Androidの月例セキュリティ情報公開、Frameworkなどに深刻な脆弱性
Frameworkの脆弱性は、悪用されればリモートの攻撃者が細工を施したファイルを利用して、非特権プロセスで任意のコードを実行できてしまう可能性がある。(2020/8/4)

新型コロナウイルス便乗のビジネスメール詐欺、Microsoftがドメイン制圧
Microsoftは法的措置を講じて世界62カ国で犯行に使われていたドメインを制圧し、新型コロナウイルスに便乗する詐欺を阻止した。(2020/7/9)

IoTセキュリティ:
PR:モノづくりを変える「Raspberry Pi」の力、セキュリティを確保する手法とは
産業用途でも活用が広がっているのが、シングルボードコンピュータの「Raspberry Pi」である。Raspberry Piはどのように使われ、モノづくりをどのように変えたのか。活用状況と活用のポイントについて、「Raspberry Pi」のB2B活用支援で多くの実績を持つメカトラックス 代表取締役の永里壮一氏、トレンドマイクロ IoT事業推進本部 IoT事業開発推進部 シニアスペシャリストの堀之内光氏が対談を行った。モデレーターはMONOist 編集長の三島一孝が務めた。(2020/6/10)

ヨシ! 童話にちなんだクイズに答えると(なぜか)仕事猫スタンプがもらえる「サイバー防災」キャンペーンが開始
どういう理屈?(2020/6/9)

IT担当者が知っておくべき情報を紹介
「Android」を“危険なOS”にする主な脅威とセキュリティ対策の情報源まとめ
さまざまな脅威が見つかっている「Android」。IT管理者はこうした脅威に対処するために、最新のセキュリティ情報を把握する必要がある。これまでに見つかった主要な脅威と、最新情報の参照方法を紹介する。(2020/5/5)

本番より過酷な演習で転んだ経験をサイバー犯罪対策の最前線に生かせ:
金融機関にふさわしい対応の在り方を問うた「サイバークエストIV」
銀行や証券会社などの金融機関は、非常に多くのサイバー攻撃にさらされ続けている。それらと最前線で戦うには何が必要だろうか。影響を最小限に抑えるべく、優先順位をつけつつ手を打っていかなければならない。(2020/4/22)

国内の防衛技術への不正アクセスを狙うサイバー攻撃も:
経済産業省が「コロナ便乗犯罪」を警告 不安に漬け込む詐欺やテレワークを狙った攻撃など
新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う社会の混乱に便乗した犯罪が世界各国で増加している。経済産業省は国内企業に対し「産業界へのメッセージ」として注意喚起し、取り組むべき対策を提唱した。(2020/4/20)

自宅LANのセキュリティを確保する6大対策【後編】
在宅勤務を危険にする「知識不足」「モバイル」「不審ソフト」への対処法は?
インターネットに家庭内LANを介して接続する際、何に注意を払うべきだろうか。データプライバシーを保護するための対策を3つの観点に基づいて解説する。(2020/4/18)

4月のAndroid月例セキュリティ情報公開、重大な脆弱性に対処
リモートの攻撃者に特権プロセスで任意のコードを実行される脆弱性などが修正された。(2020/4/7)

子供向けアプリなど56本にマルウェア、Google Playストアから削除
マルウェア「Tekya」が仕込まれていたアプリは56本。そのうち24本は子供向けアプリ、残りは電卓や翻訳などの実用アプリだった。(2020/3/25)

新型コロナウイルス便乗のランサムウェア、Androidユーザー脅迫して身代金要求
新型コロナウイルス追跡アプリを装うランサムウェア「CovidLock」は、ユーザーが自分の端末にアクセスできない状態にした上で、全てを消去し暴露すると脅して身代金を要求する。(2020/3/19)

Google、悪質な広告を表示するアプリ600本を削除 不正検出の新技術を開発
ユーザーの意図しないところで電話発信や端末ロックの解除をしたり、地図アプリのナビゲーション機能を使っている最中に全画面広告を表示したりといった手口を「悪質」と判断して削除した。(2020/2/21)

世界を読み解くニュース・サロン:
「ストーカーアプリ」の危険な現実 メール盗み見、会議盗聴を疑うべき“異常”とは
行動などを監視するアプリ「ストーカーウェア」について、米国人の1割が使った経験があることが分かった。他のアプリと同じように入手できるものも多く、相手に気付かれずにインストールできてしまう。スマホに“異常”を感じたら、被害に遭っている可能性がある。(2020/2/20)

新型コロナウイルスに便乗した攻撃メールに注意 「マスク無料送付」「保健所の通知」をかたるワナ
くれぐれも、記載のURLや添付ファイルにアクセスしないように。(2020/2/5)

組織における脅威1位は2019年と変わらず、2020年の「情報セキュリティ10大脅威」とは
IPAは、社会的に影響が大きかった2019年の情報セキュリティ事案の中から候補を選出し、審議して決定した「情報セキュリティ10大脅威 2020」を発表した。個人と組織、それぞれで10種類の脅威が選ばれた。(2020/1/30)

格安スマホに悪質マルウェア、米国政府が補助金支給 販売元はWebアクセス不可
米政府の補助金を受けて低所得世帯向けに販売されていた格安スマートフォンに、削除不可能なマルウェアがプリインストールされていた。(2020/1/10)

既知の脆弱性を悪用するアプリがGoogle Playストアに混入
Androidの既知の脆弱性を悪用して不正なアプリを呼び込み、ユーザー情報を盗み出していた。(2020/1/7)

Googleはいかにして有害アプリを排除しているのか Google Playの最新動向
Googleが12月6日、「Google Play」2019年の取り組みを説明した。Googleでは毎日、500億を超えるアプリをスキャンして、悪質な挙動がないかをチェックしている。特にGoogle Play以外で配信さているアプリは、Playで配信しているものより8倍、有害と思われるアプリが多いという。(2019/12/6)

Androidの深刻な脆弱性「StrandHogg」の悪用を確認 人気アプリほぼ全てに影響か
Androidの未解決の脆弱性が悪用されている証拠があるとセキュリティ企業が報告した。この脆弱性を悪用した悪質なアプリ36本が見つかったとしている。(2019/12/3)

GoogleやSamsungのAndroidスマホ、カメラアプリを無断で操作できる脆弱性が判明
脆弱性を悪用すれば、悪質なアプリ経由でカメラアプリを乗っ取って、ユーザーの知らないうちに写真や動画を撮影したり、位置情報を特定することが可能だった。(2019/11/20)

Androidの「カメラ」アプリに無断で写真や動画を撮影・送信する脆弱性(修正済み)
「Googleカメラ」とSamsungのカメラアプリに、ユーザーに無断で写真や動画を撮影し、任意のサーバにアップロードできてしまう脆弱性があったとセキュリティ企業が調査結果を発表した。両社はアプリを既に修正済みだ。(2019/11/20)

Googleがセキュリティ3社とアライアンス結成、Play Storeの不正アプリ公開阻止へ
機械学習などを使って審査待ちのアプリを分析して不正なアプリを発見し、Play Storeでの公開を阻止する(2019/11/7)

Google Playストアに紛れ込む不正アプリを未然に防ぐ「App Defense Alliance」結成
Googleが、公式Androidアプリストア「Google Playストア」に紛れ込もうとする不正アプリを未然に防ぐためのアライアンス「App Defense Alliance」を結成した。ESET、Lookout、Zimperiumの3社が参加する。(2019/11/7)

Google、Androidの月例セキュリティ情報公開
10月までセキュリティパッチの対象とされていたAOSP 7.1.1は、今回から対象外となった。スマートフォン「Google Pixel」シリーズの初代である「Pixel」と「Pixel XL」は2019年10月でサポートが終了している。(2019/11/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。