Special
» 2013年02月25日 10時00分 UPDATE

元カブドットコム・IT戦略担当が語るプロジェクト成功の要諦とは?

ソーシャルメディア情報を活用した株価分析サービスから移動営業所による証券窓口サービスに至るまで、数多くのプロジェクトを統率した敏腕ITマネジャーが示すプロジェクト成功のポイントとは。

[PR/ITmedia]
PR

 「ITマネジャーに求められるのは、世の中にある要素技術によって何が実現できるのかについて、技術および業務視点から発想し続けていくことで、自分たちの製品やサービスに足りないところをつむいでいく力だ」――。こう話すのは、インターネット取引を専業とする証券会社、カブドットコム証券で社長付IT戦略担当を務めていた谷口有近氏。

 谷口氏は、2001年にカブドットコム証券に入社してから2013年初頭に退社するまで、さまざまなプロジェクトに携わり、自らが主導した経験を持つ。例えば、マイクロソフトのクラウドサービス「Windows Azure」を活用した株価配信システムの構築や、Twitterなどのソーシャルメディアから収集した膨大な情報を収集、分析するシステムの開発、さらには、データセンター消費電力量の削減、移動営業所による証券窓口サービスの展開など、枚挙に暇がなく、幅広いプロジェクトに取り組んできた。

元カブドットコム証券 社長付IT戦略担当の谷口有近氏 元カブドットコム証券 社長付IT戦略担当の谷口有近氏

 そうしたプロジェクトを通じて谷口氏が身に付けたのは、技術背景の理解とその活用である。例えば、仮想化やクラウドなどの技術がもてはやされる背景には、それらが、企業が抱える業務上または経営上の課題の“何か”を解決しようとしてくれる存在であるからだ。技術はそれらを生み出したバックグラウンドの個性に強く依存していて、採用する技術が解決できる課題とプロジェクトが抱えている課題のズレを理解することが、技術の活用には重要であり、従って、プロジェクトと技術は切り離せない関係にある。

 プロジェクトマネジャーやプロジェクトリーダーは、技術が何を達成するものなのかを理解する必要があり、最近の技術をより良く理解するためには、何かしらプログラミングの知識が必要なのだという。「たとえ、そのプロジェクトで利用する言語でコードを書くことができなくても、それが何を意味するかが分かることが大切だ」と谷口氏は話す。

 加えて、プレスリリースの内容を検討することもITマネジャーにとって重要な役割だという。「プレスリリースを出す前提でプロジェクトを検討するということは、他人に自慢できるようなシステムを開発するということになる。これは他の開発担当メンバーのモチベーション向上にもつながり、結果的に品質も向上することが多いと感じている」と谷口氏は説明する。外部に対してアピールすることで、先端のITに追随しているという企業イメージを作り出すことができ、その結果、優秀なエンジニアなどの人材確保にもつながるのだという。なお、谷口氏は上述したプロジェクトに関するプレスリリースのほとんどを自分自身で執筆していたそうだ。

 以下では、カブドットコム証券での谷口氏の取り組みを振り返るとともに、ITマネジャーとして押さえておくべき勘所などを探っていく。

システムのインフラ全般を担当

 谷口氏が入社したころのカブドットコムは、その前身となる日本オンライン証券の創業からわずか2年しか経っておらず、少人数の社員で世の中に新しい金融サービスを提供する、名実ともに“金融ベンチャー”という言葉がふさわしい会社だった。前職でプログラミング経験があった谷口氏は、入社間もなくインフラ担当者として、サーバの構築、運用、管理などを一手に引き受けていた。

 2年ほどした後、同社はネットワークシステム更改のタイミングを迎えた。しかしながら、社内に専任の担当者は不在で、外部のSIベンダーなどと構築した創業時の設計のまま稼働している状況だった。そこで谷口氏は自発的に基盤側の担当としてネットワーク担当も兼務することとなった。ネットワークシステム導入から4年が経過しており、製品技術は飛躍的に進歩していたため、基本設計の変更を決断。共に悩み、設計していくことができるSIベンダーを谷口氏自身で探し出し、サーバが高パフォーマンスを発揮できるネットワーク構成を新たに設計した。

 こうした経験を生かして、2006年ごろからは同社のインフラと運用を統括するマネジメント職として、さらには2009年よりITエバンジェリストとして、一般的に組織の中で分断しがちである運用部門と開発部門の橋渡し役を務めることになった。

誰にでも分かる金融情報を!

 一方で、証券会社に身を置く一人として谷口氏が常々感じていたのは、金融の世界、とりわけ株取引は、一般投資家に対する保護が厚いが故に、結果的に一般個人にはさまざまな面でハードルが高いものだということだった。そこでインターネット上に広がる情報や技術を利用して、個人投資家や、まだ金融に興味が無い消費者にとって分かりやすい金融情報を提供したいと考えるようになった。「マネーゲームという批判もあるが、金融は人々の日々の生活に直結しているもの。もっと分かりやすく、興味を引くサービスを提供する必要性は、業界の課題として引き続き存在し続けている」と谷口氏は話す。

 そうした発想のもと、谷口氏が打ち出したのが、「ソーシャルセンサー」によってソーシャルメディアの情報を分析し、株価の動向との関連性を提示するサービスである。具体的には、IBMのテキストマイニングツール「IBM Content Analytics」やビッグデータ分析を支援するHadoop構築ソフトウェア「IBM InfoSphere BigInsights」などを活用して、ソーシャルメディア情報の収集、分類、分析などを行った。検証では、46社の銘柄、約4万3000の関連キーワードを相関分析。ここから得られたデータを基に、Twitterでつぶやかれているキーワードと株価の変動を照らし合わせて、両者の関連を調べることが可能になったという。

 「証券アナリストによる、情報収集力と経験を最大限に活用した大局的な分析は、さすがに個人では難しい。機関投資家のディーリング部門を退職した個人投資家が市場を引っ張ることはあるが、情報格差が利益を生産する金融商品において、アナリストや一部リーダーとなる個人投資家の情報に依存する一般的な個人投資家は、どうしても限界がある。アナリストとはまったく違う視点で金融情報を可視化できるようにする必要があり、それが可能になれば武器となるはず」(谷口氏)

 こうした斬新なサービスの陰には、経営トップとのリレーションが大切になってくる。いわゆる、経営(ビジネス)とITの問題である。谷口氏によると、幸いなことにカブドットコム証券の齋藤正勝社長はITに深く精通しており、理解が得やすかったそうだが、必ずしもそうした企業が多いわけではない。

 谷口氏は「経営トップの理解がないのであれば、自分自身が現場やSIベンダーと経営陣との橋渡しとなってITの必要性と、それが事業にどう貢献するのかをトップに翻訳して伝えるとともに、試行錯誤さまざまなアプローチを行い続けるべきだ。うまくいかないこともあると思うが、とにかくあきらめず続けること。もし若い人であれば、まず5年間を目処に少しずつの実績でかまわないから頑張り続けてみてはどうか」と力を込め、「5年やって駄目なら、その組織は変わらない。抜本的な違うアプローチを考えたほうが良い」と語る。こうしたコミュニケーションスキルや調整力もITマネジャーに求められる資質なのだ。

 最後に、谷口氏はユーザー企業のITマネジャーに対し、プロジェクト成功のための秘けつを語った。

 「例えばトラブルの際、ユーザー企業だから、発注元だからといって、自社内での責任論を振りかざし、ITベンダーやSIベンダーに横柄な態度をとる人もいるが、それがトラブルの円滑な解決やプロジェクトの最終的な成功、全体最適から遠のいていると認識すべきだ。同じシステムを構築し運用する仲間だという意識をまずマネジャーが持ってプロジェクトに取り組めば各方面から意見が出るようになる。こうした仕事の進め方の方が楽しいだろうし、最終的にプロジェクトの達成度だけでなく、メンバーの達成度や満足度は高まるのだ」(谷口氏)

ソーシャルメディアの活用

ibm_marketing.jpg

実際のソーシャルメディア分析映像や、ビジネス応用事例など、ソーシャルメディアを活用したリアルタイム・マーケティングの情報はこちら


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia エンタープライズ編集部/掲載内容有効期限:2013年3月31日


日々増え続ける膨大なデータに対して、あなたならどう応えますか!?

IT現場ウォッチャー・村上福之が斬る!

迫り来る納期、増えるプロジェクトメンバー。されども何も生み出されない……。そんな「ダメプロジェクト」はなぜ発生してしまうのか。システム開発現場の“負のあるある”について、クレイジーワークス総裁の村上福之さんに寄稿してもらった。

TwitterやFacebookなどの利用につきまとう“炎上”の危険性。企業がソーシャルメディアを活用する場合の炎上リスクについて、IT部門はどう考えればいいのか。「ソーシャルもうええねん」の著者でもあるクレイジーワークス総裁の村上福之さんに寄稿してもらった。

多くの困難を伴う「パッケージ導入」。IT部門が経営陣向けに説明する時とプロジェクトを動かす時では、異なる視点が必要だ。クレイジーワークス総裁の村上福之さんによる連載の最終回は、ITマネジャーに求められる“二枚舌スタイル”について。

ITマネジャーインタビュー連載

納期や予算、メンバー管理……。開発の現場にはさまざまな苦難も付きまとう。オンラインサービスの最前線を指揮してきたクックパッドの井原正博氏は、「ITで価値創造する」というマインドを忘れないことが大事だと話す。

「アメーバピグやアメブロなどのシステム担当者ってどんな人!?」。上智大学の準ミスキャンパスである細野さんが、サイバーエージェント Amebaサービスのインフラ全体を統括する怡土氏に仕事ぶりなどを聞いた。

ITマネジャーあるあるキャンペーン

ITマネジャーや、IT部門に従事する読者のみなさんが業務に関わる「それ、あるある〜!」をTwitterでつぶやいてください。

集まった投稿の中から、編集部が厳選した「ベストITマネあるある」をピックアップし、読者のみなさんが投票。一番共感の多かった「あるある」をその回のグランプリとします。また、各回でグランプリを獲得した「あるある」から、さらなる読者投票で全体グランプリを選出します!
投稿が選ばれた人にも、投票してくれた人にも抽選でAmazonギフト券をプレゼント!

STEP1:@ITM_campaignをフォロー

STEP2:ハッシュタグ「#ITマネあるある」付きで投稿


詳細は特設サイトで!