ニュース
» 2013年02月25日 12時13分 UPDATE

So-netがIT基盤システムを仮想化で再構築 サーバ台数を5分の1以下に

So-netは、会員向けサービスなどを提供するIT基盤を仮想化環境で再構築した。

[ITmedia]

 ソネットエンタテインメント(So-net)は、すべての情報システムが稼働するサービス提供基盤を仮想化環境で再構築した。システム構築を支援した伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)が2月25日に発表した。

 基幹系システム、会員向け各種サービス、CRMシステムなど、So-netのISP事業を支える共通IT基盤システムを、HP、VMware、EMCの各社製品を組み合わせた構成で刷新。1000台以上あった物理サーバを5分の1以下に削減し、集約された仮想サーバが稼働する大規模クラウドを実現した。

 これによって、会員向けの新規サービスを提供開始するまでの期間を従来と比べて7割以上削減したという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ