ニュース
» 2013年03月13日 12時06分 UPDATE

NEC、バックアップのストレージ新機種と新サービスを発表

「iStorage HSシリーズ(HYDRAstor)」の新モデルと、これを用いたバックアップサービスを新たに提供する。

[ITmedia]

 NECは3月13日、バックアップストレージ「iStorage HSシリーズ(HYDRAstor)」の新製品と、この新製品を利用した遠隔バックアップサービスの提供を発表した。製品出荷とサービス開始日は4月26日を予定する。

 バックアップストレージの新製品は、1ノードから最大60ノードまでスケールアウト可能な「iStorage HS8-40」と、1ノード構成の「iStorage HS3-40」の2モデル。書き込み処理性能を従来機に比べて最大2倍に向上させたほか、ディスクドライブ容量を1テラバイトから4テラバイトに増強。従来機では最小3ノードからの構成だったものを1ノードから利用できるようにした。

nec0313.jpg iStorage HS8-40

 遠隔バックアップサービスではバックアップ先にNECのデータセンターを利用する。部門システムなど一部のデータで試行し、データ全体に適用するといった利用に適しているという。

 税別価格はStorage HS8-40(12テラバイト)が900万円から、iStorage HS3-40(8テラバイト)が298万円から。バックアップサービスの利用価格は月額9万円からで、7テラバイト単位で課金される。別途、初期費用30万円も必要。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -