ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「iStorage」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「iStorage」に関する情報が集まったページです。

読み取り性能は前モデルの2倍 IBMがハイブリッドクラウド向けストレージを発表
IBMは、コンテナネイティブなソフトウェアデファインドストレージソリューション「IBM Spectrum Fusion」と「IBM Elastic Storage System」ファミリーの2機種を発表した。ハイブリッドクラウド環境での利用に向けて容易なデータ管理を実現する。(2021/4/30)

Veeam、GCP向けクラウドネイティブなバックアップ/リカバリーを提供開始
Veeam Softwareは、Google Cloud Platform(GCP)向けのクラウドネイティブなバックアップ/リカバリーソリューション「Veeam Backup for Google Cloud Platform」を提供開始した。ハイブリッド/マルチクラウド環境にも対応し、企業のクラウド活用を支援する。(2021/2/5)

ストレージ環境の運用を自動化 クラウド時代に向けたレノボのデータ管理製品群とは
レノボは、「ThinkSystem」シリーズを拡充する新たなデータ管理ソリューション群を発表した。Lenovo ThinkSystem DMシリーズの対応ストレージネットワークには、Amazon S3オブジェクトが追加された。(2020/12/22)

国際基督教大学が「Arcserve UDP Cloud Hybrid」を導入 遠隔地バックアップでBCP対策を強化
国際基督教大学は、大規模災害などに備えてBCP対策を強化するため、遠隔バックアップ/災害対策サービス「Arcserve UDP Cloud Hybrid」を導入した。授業支援システム、教務システムなどを運用する学内システムのバックアップをクラウドに複製し、可用性を高めた。(2020/8/28)

NECがiStorageの新製品を発表 クラウドバックアップサービスも提供
NECは2020年7月21日、クラウドや仮想化向けのストレージサービスの新製品群を発表した。性能に加え、BCPの観点からレプリケーション機能も強化した。災害対策ソリューションとして「クラウド遠隔バックアップサービス」も合わせて提供する。(2020/7/22)

NEC、「iStorage HS」と連携したクラウド活用の遠隔バックアップサービスを提供開始
NECは、同社製ストレージシステム「iStorage HS」シリーズ向けの遠隔バックアップサービスを発表した。(2020/7/21)

効率改善とコスト削減の切り札、見逃したままではありませんか?:
PR:3つの“あるある”で解き明かす、SSD「本当の話」
ITインフラのパフォーマンス向上、コスト削減は多くの企業に共通する悩み。サーバ、ストレージへのSSD導入は即効性ある解決策となり得るであろうことは分かっていても、“SSDに関する思い込み”から、まだ導入を見送っている企業も多い。ではそのイメージ、本当なのだろうか?――NECの3人のプロフェッショナルにSSDの「最新かつ本当の話」を聞いた。(2020/2/28)

管理ソフトはプリインストール済み:
NECが中小規模向け1Uサイズのファイルサーバ「iStorage NS300Ri」を発売
NECは、1Uサイズのラックマウント型ファイルサーバ「iStorage NS300Ri」を発売した。ファイルサーバ統合管理ソフトとシステムの構成情報や稼働状況を定期的に管理者に報告するツールをプリインストールした。(2019/12/4)

NEC、中小規模システム向けの1Uラックマウント型ファイルサーバ
NECは、中小規模システム向けの1Uラックマウント型ファイルサーバ「iStorage NS」新モデルを発表した。(2019/12/3)

NEC、フラッシュメモリ対応を強化した「iStorage M シリーズ」の新製品4機種と「性能分析サービス」を発表
NECは、ユニファイドストレージ製品「iStorage M シリーズ」の新製品として、HDD/SSDハイブリッドモデル3機種と、オールフラッシュモデル1機種を発売。併せて、ストレージの性能分析と問題点の改善策を提案する「iStorage性能分析サービス」の提供も開始した。(2018/6/8)

データ保護の最適解「バックアップアプライアンス」の選定と比較【第4回】
【徹底比較】ターゲット型アプライアンス主要製品を比較、バックアップソフトとの接続性も
4つの主要なターゲット型バックアップアプライアンス製品を徹底比較。重複排除の範囲や接続プロトコル、価格などに着目した。連係するバックアップソフトとの相性など、製品選定時の注意点も解説。比較表は無料でダウンロードできる。(2016/12/22)

NEC、ERP刷新で経営ビッグデータの活用システムを構築完了
NECグループの基幹システムにインメモリデータベース「SAP HANA」基盤を導入し、国内向けシステムとして本番稼働を開始した。さらなる経営のスピードアップと効率化を目指す。(2016/9/14)

三井住友銀行、勘定系システムのBCPを大幅強化、NECが支援
NECは、三井住友銀行の勘定系システムで東日本・西日本の両データセンター間での相互バックアップ環境を構築。メガバンクの基幹システムの大幅なBCP強化を実現したという。(2016/9/6)

製造ITニュース:
仮想化基盤を短期間で導入できるソリューションを発売
NECは、仮想化基盤の導入を検討しているユーザー向けに「仮想化簡易導入ソリューション」を発売した。(2016/2/3)

PR:マイナンバー収集後に落とし穴? 保管や利用時もカバーするセキュリティ対策とは
マイナンバー制度開始に伴い、企業では着々と対応作業が進む。しかし、多くの企業でマイナンバーを収集した後のセキュリティ対策にまだ “漏れ”があるようだ。急がれる部分での対策を支援するのが、NECの「マイナンバー安心セット」で提供している「機密ファイル保管サーバセット」だ。(2015/12/16)

Editor's Eye:
PR:あなたの会社のマイナンバー対策、安全管理措置は満たしてる? 既存のセキュリティ対策では不備を指摘される恐れも
(2015/12/1)

NEC、マイナンバー保管先のファイルサーバを守るセットを発売
ファイルサーバ内のデータの暗号化やサーバへのアクセス管理など対策を講じられる。(2015/11/18)

製造IT導入事例:
経営効率化に向け、自社基幹システムのプラットフォームを全面刷新
NECは、自社グループの販売・経理・購買業務を支える基幹システムのプラットフォームを全面的に刷新する。経営ビッグデータのリアルタイム処理基盤として、新たにSAPのインメモリプラットフォーム「SAP HANA」を採用する。(2015/11/18)

NEWS
急務のマイナンバー制度対応、NECは中堅・中小企業向けに「安心セット」を提供
NECは、2015年11月12、13日の2日間、東京国際フォーラム(有楽町)にて、同社の最新技術・製品を紹介する「C&Cユーザーフォーラム & iEXPO2015」を開催。展示内容から、マイナンバー対応に関する製品の一部を紹介する。(2015/11/12)

NECがERPを大刷新 2016年度の稼働を目指す
SAPの最新ERP「S/4HANA」を基幹システムのプラットフォームに採用し、自社製品・クラウドサービス基盤で稼働させる。(2015/11/5)

SSDなどのフラッシュストレージを業界団体SNIAメンバーが解説
読めば分かる! フラッシュストレージの基本
最近、普及が進む「フラッシュストレージ」。さらに深く理解するため、その種類や普及の背景、導入効果などの基本的解説をお届けする。(2015/10/6)

NEC、データバックアップを高速化する新ストレージ発売
最新モデルでは従来機比で性能と容量が2倍近くにアップした。(2015/9/17)

PR:今から間に合うマイナンバーの安全対策 企業が押さえるべきはココ!
マイナンバー制度の開始が目前に迫る中、多くの企業がその対応に追われている。ただ、各種ガイドラインを見ても「具体的にどうするの?」と頭を抱え、とりわけセキュリティ対策で戸惑う中小企業が少なくない。マイナンバーの安全確保に向けたノークリサーチ シニアアナリストの岩上由高氏のアドバイスと、その実践に役立つ具体的なソリューションを紹介しよう。(2015/8/31)

PR:人事・給与システムの改修だけで大丈夫? マイナンバーの安全を守る最適解とは
2016年1月のマイナンバー制度開始まで半年を切り、企業では対応が急がれる。その作業では業務システムの改修だけではなく、12桁のマイナンバーの保護が肝心だ。残り少ない期間でマイナンバーの安全を確保するための方法を紹介しよう。(2015/8/24)

Editor's Eye:
PR:NEC、サポート終了対象のサーバOSを検出する無償サービスを提供
(2015/5/25)

三井住友銀行の勘定系システムが始動 最新メインフレームで
NECのACOSシリーズを採用した勘定系システムが本格稼働を迎えた。(2015/5/11)

OpenStack超解説セミナーリポート:
OpenStack、結局企業で使えるものになった?
OpenStackを採用することで、企業のITインフラはどう変わるのか、導入のシナリオや注意点は何か。そんな問題意識の下で開催した@IT主催セミナー「OpenStack超解説 〜OpenStackは企業で使えるか〜」ではOpenStackの企業利用の最前線を紹介した。(2014/10/30)

NEC、SDN対応仮想化&クラウドサービス基盤の新製品
NECが、SDNに対応した仮想化・クラウドサービス基盤の新製品「Cloud Platform Suite R4.1」を発売する。(2014/10/28)

NECがACOSメインフレームの新モデルを発表
メインフレーム「ACOSシリーズ」の新しい中型機と専用ストレージを投入する。(2014/10/16)

NEWS
仮想化基盤の運用性を高めたストレージ製品群を発表――NEC
SSD採用によるディスクI/Oの高速化に加えて、業務システムが混在する仮想化基盤の運用性を高める機能を利用できる。(2014/10/15)

ホワイトペーパー:
重複排除バックアップアプライアンス(エントリーモデル)比較表
中堅・中小企業や遠隔サイト用途など、比較的小規模な環境でも導入可能な「重複排除バックアップアプライアンス」(エントリーモデル)。9製品の重複排除機能や導入コストを比較する。(2014/6/18)

NEC、基幹システムや統合基盤向けストレージを発売
様々な種類のデータを一元的に管理できるユニファイドストレージの新モデルを発表した。(2014/4/15)

SMB/遠隔サイト用途にも適する9製品の比較表を提供
【徹底比較】エントリー向け重複排除バックアップアプライアンスの機能と導入コスト
中堅・中小企業や遠隔サイト用途など、比較的小規模な環境でも導入可能な「重複排除バックアップアプライアンス」(エントリーモデル)。その重複排除機能や導入コストを比較する。(2014/4/2)

NEC、ASEAN防災人道支援調整センターの災害情報システムの強化を支援
インドネシアにある「ASEAN防災人道支援調整センター」のシステム強化策がフェーズ2段階に入り、ICT製品の納入および保守サポートをNECが担当する。(2013/12/24)

2カ月で160本作った還暦開発者が送る10のアプリ開発ノウハウ(5):
指定したフォルダー内の画像をスライド形式で表示させるには
古(いにしえ)からのVBでWindows 8.1向けのさまざまな機能のアプリを開発する手順やコツを解説していく。今回は、指定したフォルダー内の画像を順次スライドさせながら表示させる方法をサンプルを交えて解説する。(2013/11/18)

NEC、中小規模の仮想化向けサーバやストレージを発売
バックアップ転送速度が向上したExpress5800シリーズのエントーサーバや、HDD容量を増やしたiStorage NSシリーズを発売する。(2013/10/16)

エンタープライズディスクストレージ製品紹介:NEC
仮想化環境の必須要件を満たすミッドハイストレージ「iStorage M700」
NECが2012年11月に販売開始した「iStorage M700」は、SSDの二次キャッシュやキャッシュ分割機能など、クラウドや仮想化との親和性を高める機能を備えたミッドハイモデルストレージだ。(2013/7/2)

NECがストレージ新製品、SANとNASの対応強化
SAN対応ストレージ「iStorage Mシリーズ」のNASオプション製品「と、エントリー向けNASシリーズの新製品「iStorage NS500Rd」を発売した。(2013/5/15)

NECも「垂直統合型製品」の出荷をアナウンス
NECはパートナーと共同で「垂直統合型製品」を出荷する。データベース関連ではOracle Databaseの他、次期SQL Server「Hekaton」搭載モデルのリリースも予告している。(2013/4/3)

NEC、Linux/Unbreakable Enterprise Kernelの一次保守サービスを開始
NECは、オラクル製品のサポートサービスを強化した。(2013/3/27)

NEC、メインフレーム向けストレージを発売 SSDを全面採用
メインフレーム用では業界初というSSDストレージの「iStorage A5000」を発表した。(2013/3/19)

NEC、バックアップのストレージ新機種と新サービスを発表
「iStorage HSシリーズ(HYDRAstor)」の新モデルと、これを用いたバックアップサービスを新たに提供する。(2013/3/13)

中堅中小企業に贈るバックアップガイド【応用編】:
PR:業務を止めない!――クラウドでも利用できる先進のバックアップシステムとは?
万一の災害発生時でも事業継続を実現するには、データバックアップの仕組みが必須。さらに、出来る限り早期にシステムを復旧したいというニーズに対応するために、NECでは独自のソリューションも提供している。(2013/2/22)

NEC、「東京第三データセンター」でサービス開始
NECはクラウドサービス拠点となる最新鋭データセンターの稼働を開始した。(2012/12/3)

NECがSAN対応ストレージの新製品、データの「自動最適配置」機能を装備
ミッドレンジ向けストレージの「iStorage M700」をNECが発表。処理性能を従来の3倍に高めたという。(2012/11/5)

山梨大学が情報システム基盤をハイブリッドクラウド化
旧山梨大学および旧山梨医科大学にあった情報システム基盤を、プライベートクラウドとパブリッククラウドサービスを併用する形で統合した。(2012/10/29)

NEC、NAS製品にタワー型の新モデルを投入へ
「iStorage NSシリーズ」に内蔵可能なHDD容量が最大20テラバイトのタワー型新モデルを加えた。(2012/10/17)

NEC、クラウド基盤パッケージに中規模向けモデルを追加へ
「Cloud Platform Suite」に中規模の仮想化基盤構築向け製品をラインアップした。(2012/8/30)

NEC、データセンター向け構成管理ソフトを発売
データセンター内のIT資産構成の自動取得や一元管理が行える。(2012/8/22)

NEC、大容量化と節電対応を図ったNAS新製品を発売
2Uラック型モデル「iStorage NS500Rc」をNECが発売した。(2012/8/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。