プロナビ
ニュース
» 2020年07月21日 11時55分 公開

NEC、「iStorage HS」と連携したクラウド活用の遠隔バックアップサービスを提供開始

NECは、同社製ストレージシステム「iStorage HS」シリーズ向けの遠隔バックアップサービスを発表した。

[ITmedia]

 NECは7月21日、同社製ストレージシステム「iStorage HS」シリーズ向けの遠隔バックアップサービス「クラウド遠隔バックアップサービス」を発表、本日提供を開始する。

 遠隔バックアップ先をパブリッククラウド(AWS)で実現するサービスで、最小容量1TBからの利用が可能。重複を排除し圧縮したデータを転送することで、コストを抑えながらセキュアにデータを保管することが可能になるとしている。

photo クラウド遠隔バックアップサービスの運用イメージ

 利用料金は月額3万7000円から(初期費用10万円、税別/以下同様)。


 また、企業向けのストレージシステム「iStorage M」シリーズの新モデル3製品を発表、本日販売を開始する(出荷は2020年8月27日)。

 今回発表されたモデルはiStorage Mシリーズのミドルレンジモデルで、HDDとSSDの混載に対応したハイブリッドストレージモデルの「iStorage M520」「iStorage M720」と、SSD搭載専用モデルの「iStorage M720F」の3構成を用意。テレワーク等で使用されるVDI(Virtual Desktop Infrastructure)環境での利用など、多様なビジネス用途に対応する。

 価格はiStorage M520が1363万円から、iStorage M720が2284万1000円から、iStorage M720Fが2409万8000円から。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう