ニュース
» 2013年06月14日 16時56分 UPDATE

出会い系サイトに誘導するiOSアプリが出現、App Storeで流通

シマンテックは、Androidで氾濫する出会い系やワンクリック詐欺に似た手口を使うiOSアプリを発見。厳しい審査で知られるApp Storeで配布されていた。

[ITmedia]

 シマンテックは6月14日、iPhoneやiPadユーザーを出会い系サイトに誘導する不審なアプリがApp Storeで配布されているのを発見したとブログで報告した。既に削除されているが、厳しい審査で知られるApp Storeで「なぜ承認されたのか」と疑問を呈している。

 見つかったアプリは、ユーザーがインストールして起動すると、特定のURLにアクセスし、アクセス先サイトのコンテンツをアプリ内で表示する。アクセス先は偽の出会い系サービスとなっており、登録するとすぐに実在しない人物――サクラ――からメッセージが届く。ポイントを購入しないと、やり取りを継続できない仕掛けだった。

symantec02.jpg 誘導先の出会い系サイト(シマンテックより)

 Androidではアプリから出会い系サイトやアダルト系サイトに誘導して、ユーザーから金銭を巻き上げる手口が常態化しているが、厳しい事前審査を実施しているApp Storeでこうしたアプリが見つかるのは珍しい。同社によれば、App Storeの英語ページではこのアプリがゲームとして紹介されていたが、日本語ページではアダルト関連である、18歳以上が対象であることなどが紹介されていたという。

symantec01.jpg App Storeでのアプリ紹介ページ。左は英語(シマンテックより)

 このアプリは既にApp Storeから削除されている。同社は、「フレームとして機能するだけなので、(Appleによる)承認プロセスの間は、ゲーム関係など別のコンテンツを表示していたかもしれない」と推測。「詐欺グループは、詐欺を拡散するためにさまざまな手法を駆使するので、ダウンロード元にかかわらず、アプリをダウンロードするときには警戒が必要」と解説している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ