ニュース
» 2013年07月10日 14時21分 UPDATE

日本初のHTML5技術専門サイト、NTT Comが開設

NTTコミュニケーションズは、HTML5を中心とした最先端のWeb技術の普及促進を図る推進プロジェクト「NTTコミュニケーションズHTML5ラボ」を展開する。

[ITmedia]

 NTTコミュニケーションズは7月10日、次世代Webブラウザの標準仕様である「HTML5」を活用したICTサービス開発を推進するプロジェクト「NTTコミュニケーションズHTML5ラボ」を展開すると発表した。同日に日本初というHTML5技術専門サイト「HTML5 Experts.jp」を開設している。

 同社によると、このプロジェクトは、最先端のWeb技術の普及促進と、HTML5を活用した新たなICTサービス開発の推進が目的となる。専門サイト開設のほか、セミナーや勉強会などの各種イベントを通じてHTML5の啓発活動とWebサービス開発者の支援を行い、今後のICTサービスの新たな発展に貢献していくとしている。

 「HTML5 Experts.jp」では、国内外で活躍する40名以上のWeb技術専門家が執筆したHTML5を中心とする最新技術の動向や活用方法の解説、Web業界の著名人のインタビュー、事例やイベントの紹介など、多彩な記事を公開するという。同サイトの編集長には、国内のHTML5開発者のリーダーとして活躍する白石俊平氏を招聘(しょうへい)した。コンテンツやOS、デバイスの業界に対し中立な立場でWeb技術情報を提供していくとしている。

ncom0710.jpg HTML5 Experts.jpサイト

 NTTコミュニケーションズは、全国各地のWeb技術者コミュニティーと連携し、HTML5技術セミナーや勉強会、さらには、HTML5技術をテーマにしたハッカソンやアプリコンテストなど、技術の実践を目的にしたイベントを順次開催していく計画だという。

 また、クラウドサービスやネットワークサービス、アプリケーションサービスと連動するマルチデバイス連携やVoIP連携などの開発も進める。HTML5を活用したサービスはWebブラウザ上で利用できるため、OSや端末ごとに専用アプリケーションを開発する手間がないため、クラウドサービスや映像配信サービスなどをマルチデバイス向けに容易に提供できるとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -