ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「コミュニティー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

「アメーバピグ」PC版終了へ 「Flashから移行できず苦渋の決断」 開始から10年、ユーザーに悲しみ
Flashベースのコミュニティサービス「アメーバピグ」PC版が12月2日に終了する。Flashが2020年末に終了することを受け、Flashを使わないサービスの技術検証を重ねてきたが「別の技術で完全再現することが困難を極めた」とし、「苦渋の決断」ながら終了を決めたという。(2019/3/12)

Android Beta公式コミュニティ、4月閉鎖予定のGoogle+からRedditに引っ越し
Googleのソーシャルサービス「Google+」が4月に閉鎖されるのを前に、Android Beta ProgramのコミュニティがGoogle+からRedditに移行した。「Android Q(仮)」のプレビュー情報などは、今後こちらで告知される。(2019/3/11)

日経傘下のFinancial Times、テクノロジーメディアのTNW(The Next Web)買収
経済紙のFinancial Timesがコンシューマー向けテクノロジーメディアのTNW(The Next Web)を買収した。TNWのイベントビジネスにより欧州のテクノロジーコミュニティへの浸透を深めるのが狙いとしている。(2019/3/6)

YouTube、違反警告を改定 事前警告+3ストライクでポリシー学ぶ機会を
YouTubeがコミュニティガイドライン違反警告の方法を2月25日から改定する。従来の「3ストライク」の前に該当コンテンツ削除だけでペナルティなしの「事前警告」が届くようになる。(2019/2/20)

検査・維持管理:
つくば市が路面劣化を自動検出する“AI診断システム”の実験をコミュニティーバスで開始
つくば市は、道路パトロール車やつくバスに搭載したビデオカメラの画像情報をもとに、AIが路面の破損状況などを自動で検出する「道路路面診断システム」の実証実験を行う。(2019/2/13)

ドコモ、60歳以上のユーザー向け新特典プログラム dポイントプレゼントも
NTTドコモは、3月1日から「60歳からのスマホ特典」をリニューアルした「ドコモ 60歳からのスマホプログラム」を提供開始。「dヘルスケア」や「dエンジョイパス」、Webサイト「らくらくコミュニティ」でさまざまな特典が受けられる。これを記念し、dポイントがもらえるプレゼントキャンペーンも行う。(2019/2/9)

YouTube、「次の動画」で陰謀論などの問題動画を勧めない改善に着手
YouTubeで動画を視聴すると「おすすめ動画」を表示する「次の動画」機能で、「コミュニティガイドライン」すれすれのコンテンツは表示しないテストが始まる。陰謀論や偽の難病治療法などは表示されなくなる見込み。(2019/1/26)

クリエイターの持続可能なマーケティング活動を支援:
BASEとグリーが提携、「Fanbeats」利用企業のネットショップ開設などを支援
BASEは、同社が提供するEコマースプラットフォーム「BASE」と、グリーが展開するファンコミュニティープラットフォーム「Fanbeats」とのサービス提携を開始した。(2019/1/24)

スマート工場EXPO2019:
センサーやアクチュエータレベルからデータを簡単に取得、IO-Linkの価値訴求
IO-Linkコミュニティ ジャパンは、「第3回スマート工場EXPO」に出展し、増えつつあるIO-Link対応デバイスを紹介するとともに、主要な産業用イーサネットとIO-Linkデバイスを組み合わせてデバイス監視を行う動作デモを行った。(2019/1/22)

Facebook、地域請願ツール「コミュニティアクション」提供へ
Facebook上で地域の問題を提起し、関連政府機関や政治家に改善を請願するツール「コミュニティアクション」がまずは米国で利用できるようになる。(2019/1/21)

KubeCon + CloudNativeCon 2018詳報(3):
2000店舗に展開の事例など、エッジでのKubernetesに注目が集まる
全米2000店舗にKubernetesクラスタを展開しているファストフードチェーンの事例などで、エッジにおけるKubernetesへの関心が高まっている。Kubernetesコミュニティーでも議論が始まった。(2018/12/20)

KubeCon + CloudNativeCon 2018詳報(2):
KubernetesとCNCFの、デベロッパーエクスペリエンス改善への取り組み
アプリケーション開発者およびアプリケーション運用者にとってのKubernetesの使い勝手に関する課題は、KubeCon + CloudNativeCon 2018でも多くの参加者が口にしている。KubernetesコミュニティーとCNCFはどう対応しようとしているか。(2018/12/19)

2018年を振り返る:
Facebook活用で地方創生、神戸市の取り組みで見えた成果と課題とは?
フェイスブック ジャパンと神戸市が2018年7月に提携した「地域経済・地域コミュニティ活性化に関する事業連携協定」はどのような成果を生み出したのか。神戸市の担当者が語った。(2018/12/17)

KubeCon + CloudNativeCon 2018詳報(1):
成熟期を迎えようとするKubernetes、期待にどう応えていくのか
2018年12月中旬に米ワシントン州シアトルで開催された「KubeCon + CloudNativeCon 2018」は、8000人の参加者を集めた。期待の高まりに、CNCFおよびKubernetesコミュニティーはどう応えていくのか。(2018/12/17)

日経、noteと「Nサロン」開講 “業界のリーダー”招いて議論
日本経済新聞社は、ピースオブケイクが運営する「note」と共同で、コミュニティーサービス「Nサロン」を来年2月に始める。(2018/12/3)

買収後に背負う負担の大きさを危惧
IBMのRed Hat買収がオープンソースのコンテナ管理に及ぼす影響
IBMのRed Hat買収ではIT管理ツールなどの幅広い分野が影響を受ける。中でもオープンソースのコンテナ管理技術コミュニティーへの影響は大きく広がりそうだ。(2018/11/14)

「経年増価」の街づくり:
「シェアする街」で資産価値を向上 エネルギー、土地、防災など共有で アキュラホーム
住み続けることで資産価値が高まっていく「経年増価」の街づくりが動き出した。木造注文住宅を手がけるアキュラホーム(東京都新宿区)が“シェアする街”として10月20日から前期分譲24戸の販売を始めた「ヒルサイドテラス若葉台」(同稲城市)だ。全棟に搭載した太陽光発電で得た売電収入を街の維持管理費として運用するエネルギーのシェアのほか、土地や防災、育児なども共有する。住民同士のコミュニティーを自然と育む仕掛けを作ることで景観や住環境の維持向上を促す。(2018/11/12)

【週刊】ママさん設計者 番外編:
長野県の町工場コミュニティーSESSAの切磋琢磨っぷり(後編)
2014年から町工場のコミュニティー化に取り組み、協業ならではの高いテクノロジーで医療機器分野に貢献することを目的に設立された、長野県諏訪市の任意団体 SESSAを紹介します。(2018/10/17)

IoTセキュリティ:
IoT製品の脆弱性リスクを最小限に抑えるプログラムを提供開始
トレンドマイクロは、IoT製品の開発段階で脆弱性リスクを最小限に抑えるプログラムを発表した。同社が運営する脆弱性発見コミュニティー「Zero Day Initiative」で提供する。(2018/10/15)

「Windows 10 October 2018 Update」、問題修正版をインサイダー向けに提供開始
Microsoftが、「Windows 10 October 2018 Update」のアップデートで「ドキュメント」フォルダのファイルが消失する問題を特定・修正できたとして、停止していた提供再開を目指し、まずはInsiderコミュニティ向けに更新版提供を開始した。(2018/10/10)

【週刊】ママさん設計者 番外編:
長野県の町工場コミュニティーSESSAの切磋琢磨っぷり(前編)
2014年から町工場のコミュニティー化に取り組み、協業ならではの高いテクノロジーで医療機器分野に貢献することを目的に設立された、長野県諏訪市の任意団体 SESSAを紹介します。(2018/10/10)

upd8メンバーによる特別番組も配信:
VTuber専門コミュニティーサービス、Candeeが提供開始
Candeeは、VTuber(バーチャルYouTuber)に特化したライブ配信コミュニティーサービス「Colon:(コロン)」を提供開始した。(2018/10/5)

名刺管理アプリのSansan、京都にAIラボ開設 技術者コミュニティーを活性化
名刺管理アプリを提供するSansanが、京都にAI技術者の活動拠点「Sansan Innovation Lab」を開設した。ITベンチャーを中心としたAI技術者と開発者向けイベントなどを開催する。(2018/10/3)

批判の的になっていた:
「もうブロックチェーンやICOに投資しない」 中国仮想通貨業界の大物が突然の宣言
中国のベンチャーキャピタル企業BitFund創設者で“仮想通貨長者”として知られるリ・シャオライ氏は9月30日、今後はブロックチェーンやICO関連のプロジェクトに投資することはないと発表。現地の仮想通貨コミュニティーでは波紋が広がっているという。(2018/10/1)

「スマブラ」新作を心待ちにしつつプレイを諦める末期がん患者 その呟きを受け、コミュニティーが再び任天堂を動かす
任天堂は以前、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」でも同様のはからいを見せたことがありました。(2018/9/22)

NoOps Meetup Tokyo #1:
NoOpsのコミュニティーイベントに“Opsの味方”が登場 「NoOps? よろしい、ならば戦争だ」
「運用のうれしくないことをなくそう」というテーマで行われたNoOpsコミュニティーのイベント「NoOps Meetup Tokyo」。そこに何と「Opsの味方」を名乗る日本マイクロソフトの真壁氏が登壇。両者は決裂するのか、それとも和解するのか……?(2018/9/21)

【週刊】ママさん設計者「3D&IT活用の現実と理想」:
町工場コミュニティーの結合による新しいメーカーの形を考えてみる
まるで週1の連続ドラマのような感覚の記事、毎週水曜日をお楽しみに! 今期のメインテーマは「設計者が加工現場の目線で考える、 3DとIT活用の現実と理想のカタチ」。2018年9月のサブテーマは『3D化とIT化は本当に後継者育成の鍵になるのか」を考える』です。(2018/9/19)

任天堂の新キャラ「キノピーチ」は何者なのか? キノコ族から人間へと変異し生まれた謎のキャラにコミュニティーは混乱
キノピーチが発端となって「そもそもピーチはキノコ族説」なども浮上する形に。(2018/9/18)

【週刊】ママさん設計者「3D&IT活用の現実と理想」:
丁稚奉公と町工場連携のコミュニティー化
まるで週1の連続ドラマのような感覚の記事、毎週水曜日をお楽しみに! 今期のメインテーマは「設計者が加工現場の目線で考える、 3DとIT活用の現実と理想のカタチ」。2018年9月のサブテーマは『3D化とIT化は本当に後継者育成の鍵になるのか」を考える』です。(2018/9/12)

セキュリティ・アディッショナルタイム(25):
動く標的を追いかけて――「Spamhaus」約20年の歩み
「脅威インテリジェンス」の重要性が認識されるようになる前から、ほぼ20年にわたって、スパムメールの送信元IPアドレスや悪意あるドメイン名をリスト化し、コミュニティーに提供し続けてきたSpamhausプロジェクト。その狙いをあらためて尋ねてみた。(2018/9/10)

日本のマジック文化を変える――900人の手品愛好家が集合した「マジックマーケット」潜入レポ
「コミュニティが形成されづらい世界」での、コミュニティ。(2018/9/7)

Go AbekawaのGo Global!〜Aaron Patterson編:
Rubyがきっかけで、「www(草生える)」を英語で解説――GitHubのエンジニアが語る、“世界とつながるスキル”
プログラミング言語「Ruby」のコミュニティーで英語と日本語を駆使して活躍するGitHubのソフトウェアエンジニア、Aaron Patterson(アーロン・パターソン)氏。Twitterで「www(草生える)」を英語で解説したことでも有名な彼は、18歳からプログラマーとして成長を重ねてきた苦労人でもある。そんな彼がRubyに出会ったきっかけと、今考える「オープンソースの世界でエンジニアに必要なスキル」とは?(2018/8/30)

スポーツチームを“投げ銭”で応援 NEMブロックチェーンで実現へ
NEMブロックチェーンを活用し、ファンがスポーツチームに“投げ銭”して応援できるコミュニティーサービスが9月にスタートへ。(2018/7/17)

人工知能ニュース:
日本ディープラーニング協会がG検定合格者の会を開催、コミュニティー設立へ
日本ディープラーニング協会は2018年7月4日、東京都内で「G検定」合格者の会を開催した。2017年12月と2018年6月に試験を行ったG検定の合格者1959人のうち約180人が参加。成績優秀者を表彰するとともに、G検定合格者によるコミュニティーを設立する方針を明らかにした。(2018/7/5)

サンリオ風キャラを作れる「ちゃんりおメーカー」がアプリになって登場 街づくりやコミュニティー要素が楽しそう
あのキャラクターたちにも会えるかも。(2018/7/4)

金型設計屋が見たM-Tech 2018:
地域に縛られずSNSでつながる、中小企業のゆるリンク「メイカーズリンク」
モノづくりのコミュニティーのメイカーズリンクは「第22回 機械要素技術展」(以下、M-Tech 2018、2018年6月20〜22日、東京ビッグサイト)に出展。SNSでつながった12社が共同でブースを構え、バラエティに富む加工技術や製品を披露した。(2018/6/22)

日本でも本格展開:
Quora共同創業者兼CEOに聞く、知識共有コミュニティーのビジネスモデルに必要なたった1つのこと
日本国内でも本格的にサービスを展開し始めた「Quora」。知識共有コミュティーの未来とそこで展開されるビジネス像について、Quora共同創業者兼CEOのアダム・ディアンジェロ氏に聞いた。(2018/6/19)

TwitterとInstagramでブランドと親和性の高い「トライブ」を探索:
スパイスボックスが「ソーシャルトライブ調査」を提供、企業やブランドがアプローチすべき集団とキーパーソンを発掘可能に
スパイスボックスは企業やブランドがコミュニティー形成のためにアプローチすべき集団やその中で影響力を持つ人を探す「ソーシャルトライブ調査」の提供を開始した。(2018/5/31)

武闘派CIO友岡賢二のサムライ日記:
自らの価値を測る「外のモノサシ」――それこそがコミュニティーの価値
初ガツオの季節に高知で開催された「コミュニティリーダーズサミットin高知」。ライトニングトークやディスカッションを通じて分かった、コミュニティーを運営する上で重要な4つのポイントとは。(2018/5/30)

携帯市場、「ガラケー商品開発研究所」発足 店舗でイベントも開催
携帯市場は、フィーチャーフォン利用者の課題解決を目的としたサービス・商品開発プロジェクト「ガラケー商品開発研究所」を発足。Webサイトでの情報発信をはじめ、利用者の情報交換やトレーディングなどを行えるコミュニティーイベント「携帯市BAR」も随時開催する。(2018/5/18)

ホワイトペーパー:
徹底解説:次世代のメモリ技術「NVDIMM」の正体
次世代メモリ技術の発展により、ストレージとメモリを統合するアプローチが現実味を帯びてきている。不揮発性メモリをDIMMスロットに搭載する標準仕様「NVDIMM」は既に利用できる製品だ。最近ではOpenStackコミュニティーもNVDIMMの採用を検討している。(2018/5/18)

Facebook、コンテンツに関する申し立て窓口を設置
Facebookが、「コミュニティ規定」に違反するとしてコンテンツを削除する際、ユーザーへの通知に異議申し立てのためのリンクを設置する。申し立てを受けると人間が審査し、誤りだと判断した場合はコンテンツを復帰させる。(2018/4/25)

武闘派CIO友岡賢二のサムライ日記:
情シスやエンジニアをコミュニティーに放流しよう!
中世のお城のような高い塀の中に情シスやエンジニアを囲い込んで、外の世界から断絶させていたのでは、視座が下がり視野は狭くなる一方です。(2018/4/13)

人集めに成功する秘訣とは?:
20人規模のCSIRTを持つリクルート、立ち上げ当初は「募集しても人が来なかった」?
セキュリティエンジニアの不足が叫ばれる中、インシデントレスポンスだけでなく、脆弱性検査やフォレンジックなど、さまざまな一芸を持つ人材を集め、自社を超えて、セキュリティコミュニティー全体にも貢献しているRecruit-CSIRT。しかし、立ち上げ当初は「募集をしても全く人が来なかった」という。(2018/4/9)

成熟度、拡張性、プラガビリティーが向上:
ストレージ、セキュリティ、ネットワーキング機能が充実――「Kubernetes 1.10」が公開
Kubernetesコミュニティーが公開した「Kubernetes 1.10」では、成熟度、拡張性、プラガビリティーが引き続き向上している。(2018/3/28)

自然エネルギー:
再エネによる地域事業創出へ、企業と自治体のマッチング図る新協会
再生可能エネルギーを基軸とした持続可能なコミュニティの実現に向けて、新たな協会が設立された。企業と自治体の連携により地域事業創出を目指す、日本サステイナブルコミュニティ協会だ。(2018/3/27)

ルイージに“性器”は存在する? 海外コミュニティがルイージの股間に注目し大きさが測られる
「マリオの乳首」の次はこれか……。(2018/3/19)

「メルカリ アッテ」5月末終了へ 直接会って取引するコミュニティーアプリ
メルカリ子会社のソウゾウが、地域コミュニティーアプリ「メルカリ アッテ」のサービス提供を5月末で終了。経営資源の見直しが理由という。(2018/3/16)

スマートファクトリー:
「e-F@ctory」がアジア強化、台湾と韓国にコミュニティー設立へ
三菱電機は、同社のスマートファクトリー「e-F@ctory」の推進を行うコミュニティー「e-F@ctoryアライアンス会」を、新たに台湾と韓国で設立する。提携パートナーの拡張を図るとともに、現地での導入拡大を加速する狙い。(2018/2/28)

中間層の開発者が対象
IDE「AWS Cloud9」の注目度が高まる、Microsoftの開発者基盤を脅かすか
Amazon Web Services(AWS社)は統合開発環境(IDE)「AWS Cloud9」を携えて、Microsoftが最重点分野として長年支配してきた開発者コミュニティーに挑戦する。(2018/2/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。