ニュース
» 2013年07月10日 14時30分 UPDATE

Samsungのサンノゼキャンパス、2015年半ばに開設へ

Appleが2016年に移転する予定の新本社キャンパスのすぐ近くで、Samsung Semiconductorの米国キャンパスの建設が始まった。Appleより一足早く、2015年半ばには完成する予定だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 韓国Samsung Electronics傘下のSamsung Semiconductorの新米国キャンパスの建設が、今週開始された。米カリフォルニア州サンノゼの約10万2200平方メートルのキャンパスの設計は、米NBBJが請け負った。

 NBBJは、Googleのマウンテンビューの本社拡張の設計も請け負っている。Samsungの新キャンパスは、米Appleが2016年に移転する予定の新キャンパスのすぐ近くに位置する。SamsungのキャンパスはAppleより早く、2015年中旬には完成する見込みだ。

 ファクトシート(PDF)によると、広大な敷地に10階建てオフィスビルや4階建てのパーキング、フィットネスセンターやバスケットコートなどのアメニティー施設、公園などが配置される。オフィスビルは、研究開発部門と営業部門がアトリウムで分けられており、アトリウムで交流しやすくなっている。このキャンパスには約2000人の従業員が勤務することになる予定。

 samsung
 samsung 2
 samsung 3 (写真:NBBJ)

 Samsungはカリフォルニア州メンロパークにもイノベーションセンターを建設すると発表している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ