ニュース
» 2013年07月16日 17時41分 UPDATE

日本オラクル、「JD Edwards Enterprise One」のインメモリアプリを発表

日本オラクルは中堅企業向けERP製品「JD Edwards EntepriseOne」のインメモリアプリケーションをリリース。ビッグデータ活用を支援する。

[ITmedia]

 日本オラクルは7月16日、中堅企業向けERP製品「JD Edwards EnterpriseOne」のインメモリアプリケーションの提供を開始した。

 新製品は、複雑な価格情報や顧客の過去の受注情報、複数のプロジェクトにわたる予算・実績・予測情報などの大量データをリアルタイムに高速処理し、企業の売上や利益の向上、プロジェクト管理などを支援する業務アプリケーションとなる。オラクルのデータベースマシン「Oracle Exadata」とアプリケーション実行基盤「Oracle Exalogic Elastic Cloud」を基盤とすることで、バッチ処理などにおけるデータの集計・分析処理を高速化するという。

 製品ラインアップは、「JD Edwards EnterpriseOne In-Memory Sales Advisor」と「JD Edwards EnterpriseOne In-Memory Project Portfolio Management」の2種類。

 JD Edwards EnterpriseOne In-Memory Sales Advisorは受注情報、利益率、取引量に応じた製品単価などの情報を即時に提供し、既存顧客により上位の製品やサービスを勧める販売を支援する。JD Edwards EnterpriseOne In-Memory Project Portfolio Managementは、企業のプロジェクトマネージャーや意思決定者がプロジェクトのコストや利益などの財務状況を迅速に把握するための案件情報を提供し、企業が取り組むプロジェクト情報の一元的な集計と分析を実現するとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -