ニュース
» 2013年07月23日 19時43分 UPDATE

Google、Windowsアプリからもクラウドプリントを可能に

Googleのクラウド印刷サービス「Googleクラウドプリント」が、Windowsのアプリケーションからも使えるようになった他、一意のリンクを割り当てることでプリンタを共有できるようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは7月22日(現地時間)、クラウド印刷サービス「Google Cloud Print」(β版)の幾つかの新機能を発表した。

URLによるプリンタの共有が可能に

 Google Cloud Print対応プリンタに一意のリンクを割り当てることで、このリンクを通知されたユーザーが自分のPCやモバイル端末からプリンタを使えるようになった。

 Google Cloud Printの[印刷設定を管理]→[プリンタ]に追加された[共有]ボタンで設定する。

 print 1

 自分がオーナーのプリンタを選択して[共有]をクリックすると共有設定画面になり、非公開を「変更」すると以下の画面になる。

 print 2

 ここで「リンクを知っているユーザーがプリンタにアクセスできます」を選択して[保存]をクリックすると共有用のリンクが生成される。デフォルトではこのリンクを利用してプリントできる枚数は1日当たり15ページの上限が設定されているが、この枚数は変更できる(無制限にすることも可能)。

 print 3

 リンクを受け取ったユーザーは、このリンクをWebブラウザなどで開くと、[Add Printer]ボタンが表示され、これをクリックすれば印刷できるようになる。

Windowsアプリケーションからも使えるように

 Google Print DriveをインストールすればWindowsのアプリケーションからもクラウドプリンタを選択できるようになった。例えばAdobe Readerなどで印刷できる。Windows 7/Vista/XPに対応。

 print 4

Windowsサービス版

 Windowsサービスの「Google Cloud Print Service」も登場した。企業や学校の管理者は、同サービスをインストールすることで既存のプリンタをGoogle Cloud Printのプリンタとして使えるようにできる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ