ニュース
» 2013年07月29日 16時56分 UPDATE

2013年の国内IT市場は前年比0.9%減、ハードウェア市場が落ち込み

IDC Japanは2013〜2017年の国内製品別IT市場の予測を発表した。

[ITmedia]

 IDC Japanは7月29日、国内製品別IT市場の2013年第1四半期(1〜3月)の実績および最新の景気動向などに基づく2013〜2017年の予測を発表した。

 これによると、2013年の国内IT市場規模の予想は前年比0.9%減の13兆7525億円となった。ハードウェア市場は6兆2242億円で同5.0%減、ITサービス市場は5兆309億円で同1.9%増、パッケージソフトウェア市場は2兆4974億円で同4.3%増と予測されている。国内IT市場に国内通信サービス市場を加えた国内ICT市場の2013年の市場規模は、前年比0.1%減の25兆1680億円になると同社では予想している。

 2013年の国内IT市場がマイナス成長となる背景には、2012年の比較的高い成長率の反動、2012年のIT市場成長をけん引していたスマートフォンブームの一巡と成長鈍化、通信事業者によるLTEサービス向け投資の2012年への前倒しの影響、家庭向けPC市場の落ち込みをはじめとするハードウェア市場のマイナス成長などが挙げられる。昨今のアベノミクスによる金融緩和政策は、企業のIT投資にはプラス要因となるが、一般消費者市場に波及効果として顕在化するには、時間を要するとIDCは予測している。

 2012〜2017年の年間平均成長率は0.1%、国内ICT市場の平均成長率はマイナス0.5%と予測している。2017年の国内IT市場規模は13兆9173億円、国内ICT市場規模は24兆6221億円になるとIDCはみている。

 2013年の国内ICT市場は、クラウド化の進展と2012年に拡大した大規模なスマートモバイルデバイス市場の定着が最大の特徴という。予測期間中の国内ICT市場全体の成長率は緩やかな変化となるが、市場構造などの側面において、成長けん引の主役交代や新たなビジネスの誕生などの質的変化がもたらされると同社にはみる。ITスペンディング リサーチマネージャーの廣瀬弥生氏は、「ITベンダーは今後のクラウド化の進展やスマートモバイルデバイス関連市場の拡大がもたらすICT市場の変化に対応し、新たな事業戦略を早急に検討すべきである」とコメントしている。

idc0729.jpg 国内製品別IT市場実績と予測:2012年〜2017年、出典:IDC Japan

関連キーワード

IDC | 2013年 | ICT | 市場規模


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ