ニュース
» 2013年08月12日 16時30分 UPDATE

国内プライベートクラウド市場は前年比43.9%増――IDC予測

IDCによれば、国内プライベートクラウド市場は、2013年に導入形態の多様化が進んだことなどにより、前年比43.9%増の4627億円の規模に急成長する見込みだ。

[ITmedia]

 IDC Japanは8月12日、国内プライベートクラウド市場予測を発表した。これによると、2013年の国内プライベートクラウド市場は前年比43.9%増の4627億円になる見込みで、それ以降も国内プライベートクラウド市場は高い成長を維持するという。中でも、事業者データセンターを活用したプライベートクラウドが同市場の成長をけん引する見込みだ。

 国内プライベートクラウド市場は、2012〜2017年の年間平均成長率が34.5%で推移し、2017年の市場規模は2012年比4.4倍の1兆4129億円になるとIDCでは予測している。現在、プライベートクラウドの導入形態は多様化が進んでおり、プライベートクラウドソリューションの仕様/機能も日進月歩で発展、ソリューションごとに特徴が異なってきている。これまでのプライベートクラウドソリューションは、「インフラストラクチャの効率化」あるいは「産業特化型アプリケーション(共同センター型ソリューション)」が注目されてきたが、システム間連携、アプリケーション開発/運用の効率化、さらにはビッグデータへの対応をもたらすプラットフォームとして機能の拡充が進んでいるという。

 多様化が進むプライベートクラウド市場において、オンプレミス型のプライベートクラウドでは「インテグレーテッドシステム(ハードウェアとソフトウェアの垂直統合型製品)」、ホスティング型プライベートクラウドでは「ディスクリートモデル(迅速性/拡張性に加え柔軟性を有した標準化サービス)」の重要性が高まっている。さらに、「自治体クラウド」「農業クラウド」「ヘルスケアクラウド」に代表される業界クラウド(コミュニティクラウドサービス)は、ユーザー企業の「既存業務の効率化」から「IT(クラウド)を使った事業強化、新市場の創造」へと、サービス価値が変化していくとIDCではみている。

idc0812.gif 国内プライベートクラウド市場 支出額予測:2012年〜2017年(出典:IDC Japan)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ