ニュース
» 2013年09月06日 07時28分 UPDATE

Microsoft、14件の月例セキュリティ情報を公開予告

内訳は「緊急」が4件と「重要」が10件。日本時間の9月11日に公開する。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Microsoftは9月の月例セキュリティ情報を米国時間の9月10日(日本時間11日)に公開する。内訳は、深刻度が最も高い「緊急」が4件と、上から2番目の「重要」が10件の計14件。5日の事前通知で明らかにした。

 それによると、緊急レベルの4件ではInternet Explorer(IE)、Outlook、SharePoint、Windowsの脆弱性に対処する。このうちIEの脆弱性はWindows 8上のIE 10を含む全バージョンに存在し、クライアント版のWindowsは特に深刻な影響を受ける。

 また、Outlookの更新プログラムではOutlook 2007/2010の深刻な脆弱性に、Windowsの更新プログラムではWindows XPとWindows Server 2003の深刻な脆弱性にそれぞれ対処予定。なお、Microsoftが2014年4月8日でXPのサポートを打ち切った後は、たとえこうした脆弱性が見つかったとしても、修正のためのアップデートは提供しない。

 Officeとサーバソフトを対象とする更新プログラムでは、SharePoint Services 2.0/3.0、SharePoint Foundation 2010/2013と、アプリケーションサービスのExcel ServicesやBusiness Productivity Servers、Word Automation Services、Excel Web App 2010、Word Web Appなどの深刻な脆弱性に対処する。

mssec01.jpg Microsoftの公開予告

 一方、重要レベルの10件では、Windows、Office、.NET Frameworkに存在する権限昇格や情報流出、サービス妨害(DoS)などの脆弱性に対処を予定している。

関連キーワード

脆弱性 | Microsoft | 月例パッチ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ