速報
» 2013年09月11日 03時59分 UPDATE

iOS 7は9月18日公開 iWork、iMovie、iPhotoが無料に

Appleの次期モバイルOS「iOS 7」は9月18日にiPhone 4S、iPhone 5、iPad mini、第3世代以降のiPad、第5世代のiPod touch向けに無料ダウンロード可能になり、iPhone 4とiPad 2にも対応する。9月1日以降にアクティベートしたiOS 7搭載端末では、これまで有料だったiWork、iMovie、iPhotoが無料でダウンロードできる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは9月10日(現地時間)、次期モバイルOS「iOS 7」を18日にリリースすると発表した。同日にiPhone 4S、iPhone 5、iPad mini、第3世代以降のiPad、第5世代のiPod touchで無料でダウンロードできるようになり、遅れてiPhone 4とiPad 2もアップデート可能になる。なお、対応する機能は端末によって異なる(機種によって使えない機能については別記事にまとめた)。

 taiou

 ソフトウェアエンジニアリング担当副社長のクレイグ・フェデリギ氏は発表イベントで、「(iOS 7へのアップデートは)完全に新しい端末を手に入れるようなものだ」と語った。同社は6月のWWDCでiOS 7の主な新機能を発表している。

 新たに発表されたのは、2013年9月1日以降にアクティベートされたiOS 7搭載端末では、これまで有料だったiOS版のiWork(Keynote、Pages、Numbersのスイートで各850円)、iMovie(450円)、iPhoto(450円)が無料になることだ。

 iwork

 条件を満たす端末をiOS 7にアップデートすると、これらのアプリのダウンロードを勧める画面が表示され、「Download All」をタップすることで入手できる。

 また、同日発表された「iPhone 5s」のプロセッサ「A7」は64ビットで、iOS 7は64ビット互換だ。iOS 7の内蔵アプリはすべて64ビットのA7に最適化されている。なお、Appleによると、現行のサードパーティーアプリの64ビット版への移行は“シームレスに”行えるという。

 なお、日本では新しいストリーミング音楽サービス「iTunes Radio」は提供されない。この他、Appleの「iOS 7で利用できる機能」ページによると、以下の機能は(少なくともリリース段階では)日本で利用できない。

  • マップの渋滞状況
  • マップのビジネスレビュー&写真
  • Siriのレストラン・映画レビュー
  • Siriの音声の男女切り替え(当初は米国の英語、仏語、独語のみで可能)
  • Siriのレストラン予約
  • Siriの上映時間表示

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -