ニュース
» 2013年09月17日 18時03分 UPDATE

サプライチェーン業務を支援するインメモリ・アプリを発表、日本オラクル

日本オラクルは、ロジスティクス、需給計画、原価計算などの業務を支援するインメモリ・アプリケーション4製品を発表した。

[ITmedia]

 日本オラクルは9月17日、企業のサプライチェーン業務を支援するインメモリ・アプリケーション製品「Oracle In-Memory Cost Management」「Oracle In-Memory Logistics Command Center」「Oracle In-Memory Consumption Driven Planning」「Oracle In-Memory Performance Driven Planning」を発売した。

 新製品群は、企業のサプライチェーン業務において、膨大な基幹システムのデータをもとに計算・分析やシミュレーションを高速に実行することが要求されるロジスティクスや需給計画、原価計算のためのアプリケーションとなる。同社のエンジニアド・システムでデータベース向けの「Oracle Exadata Database Machine」、アプリケーション実行の「Oracle Exalogic Elastic Cloud」、分析向けの「Oracle Exalytics In-Memory Machine」を基盤として稼働する。エンジニアド・システムの特徴を生かし、従来に比べ約9倍の高速処理を実現したという。

 各製品の特徴は次の通り。

  • Oracle In-Memory Cost Management:原価計算処理を高速に実行するアプリケーション。複雑な部品構成(BOM)による生産を行っているような製造業の原価計算処理や、為替、材料費価格の変動、景気の変動、戦略的価格への変更等の環境変化に対応するためのシミュレーションを迅速に行える
  • Oracle In-Memory Logistics Command Center:物流業務の実行や計画・予測のためのシナリオをもとにした物流シミュレーション処理を高速化するアプリケーション。複数シナリオによる計画・予測を作成し、各シナリオのシミュレーション結果を事前定義されたKPI(指標)をもとに分析・比較できる。グローバル化が進み、複雑性を増す物流管理業務において物流コストの低減やサプライチェーンの持続的改善を支援する
  • Oracle In-Memory Consumption Driven Planning:需要計画や消費主導型の計画を高速に実行するアプリケーション。POSデータをはじめとする企業の持つさまざまなチャネルから取り込まれる大量データを活用した需要計画を高速に実行する。日次店舗レベルによる販売計画、補充計画などの粒度の細かい計画をハイスピードに実施し、また企業全体で統合管理することが可能
  • Oracle In-Memory Performance Driven Planning:複数分野にわたるグループ全体のサプライチェーン計画処理を高速に行うアプリケーション。膨大な地域、組織、製品の種類を単位として、計画処理を高速化することで計画サイクルタイムの短期化を実現し、サプライチェーンにおける迅速な意思決定を支援する

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ