ニュース
» 2013年09月25日 08時12分 UPDATE

Apple TVのアップデート配信を再開、多数の脆弱性を修正

「Apple TV 6.0」では50件以上の脆弱性が修正されたが、不具合が発覚して一時配布が中止されていた。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Appleは、セットトップボックス「Apple TV」のソフトウェアアップデートを公開し、多数の深刻な脆弱性を修正した。このアップデートを巡っては、リリース後に不具合が発覚して一時配布が中止されるトラブルもあった。

 同社のセキュリティ情報によると、最新版の「Apple TV 6.0」では50件以上の脆弱性を修正した。中でも大多数を占めるWebKitのメモリ破損の脆弱性や、libxsltの更新版へのアップデートで修正された脆弱性は、不正なWebページを閲覧させて任意のコードを実行する攻撃に使われる恐れがあった。

 ほかにも不正なPDFや動画ファイルを使って任意のコードを実行される恐れのある脆弱性、情報流出やサービス妨害(DoS)などの脆弱性が多数修正されている。

 今回のアップデートは当初9月19日付で公開された。しかし、Mac情報サイトの「9toMac」などによると、アップデートをインストール後にApple TVが使えなくなったり、コンテンツが消滅したりするなどの不具合が一部のユーザーから寄せられていた。

 このためAppleはアップデートの配布をいったん中止し、米国時間の9月23日ごろに再開した。再開後のApple TV 6.0はビルド番号が「11A502」になっているという。当初のビルド番号は「11A470e」だった。

 Apple TV 6.0は第2世代以降のApple TVに対応している。

関連キーワード

Apple TV | 脆弱性


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -