ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「Apple TV」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
王者Netflixを倒すのは誰か?――動画配信各社の“戦国時代”、勝敗を徹底分析
戦国時代を迎えている動画配信サービス。首位のNetflixは果たして勝ち残れるか? 映像ビジネス報道の第一人者が各サービスを徹底分析。(2020/3/30)

Apple、ミー文字ステッカーなどを追加した「iOS 13.4」を配布開始
iPhoneの最新OSは13.4となった。(2020/3/25)

iOS 13.4、iPadOS 13.4の新機能、すべて解説します 「iPadでマウス」の使い方も
MACお宝鑑定団のITmedia NEWS向けスペシャルコンテンツ。(2020/3/25)

Apple、マウスとトラックパッドのサポートなどを追加した「iPadOS 13.4」配布開始
iPadでマウスとトラックパッドがちゃんと使えるようになった。(2020/3/25)

ストレージは2倍に:
「MacBook Air」がモデルチェンジ 第10世代Coreプロセッサと新Magic Keyboardを搭載して10万4800円から
Appleの薄型ラップトップが、CPUやキーボードを刷新してモデルチェンジ。ストレージの増量と合わせて、より快適に使えるようになった。(2020/3/18)

Apple、最大で1万8000円分のApple Storeギフトカードがもらえる学生向けキャンペーンを開始
Appleは、学生または教職員を対象とした「新学期を始めよう」キャンペーンを開始した。(2020/2/7)

A13搭載に? Apple TV 4K (6th generation) を示すコードが見つかる
3年ぶりにApple TVの新モデルが出る可能性が出てきた。(2020/2/7)

Appleの決算は過去最高の増収増益 最新iPhoneとウェアラブル、サービスが好調
Appleのホリデーシーズンを含む10〜12月期決算は、売上高は前年同期比9%増、純利益は11%増で過去最高だった。昨年9月発売の「iPhone 11」シリーズやAirPodsなどのウェアラブル、注力するサービスが好調だった。(2020/1/29)

NBCUniversalの定額動画サービス「Peacock」、広告付き無料プランもありで7月本格始動
Comcast傘下のNBCUniversalがサブスクリプション制動画サービス「Peacock」のプランを発表した。広告付きで無料の「Free」と広告付きで月額5ドルあるいは広告なし出月額10ドルの「Premium」を用意する。Premiumでは東京オリンピックの開閉会式のライブ配信などを予定。(2020/1/17)

Apple TV+に3本の新作 Apple、SXSW 2020で初公開
大規模イベントSXSWで、Apple TV+新作が初披露される。(2020/1/17)

新しい13インチMacBook Proが登場間近か? Escapeキーは? キーボード改良は?
16インチMacBook Pro同様のキーボードを望む声は大きい。(2020/1/14)

目指すは過去に自分が作ったファイナルファンタジーと同じような作品:
Apple Arcadeは大きなチャンス――ティム・クックCEOも期待を寄せる大作JRPG「ファンタジアン」が目指すこと
坂口博信氏が率いるミストウォーカーがApple Arcade向けに新タイトル「ファンタジアン」を開発している。坂口博信氏や同社に訪れたAppleのティム・クックCEOに話を聞いた。(2020/1/10)

Apple、App Storeの元旦売上高で新記録
2019年にはさまざまなサービスを投入したApple。そのサービスについてまとめた発表を行った。(2020/1/9)

Apple、最高で2万4000円分のギフトカードがもらえる「Appleの初売り 2020」を開催
Apple Storeとオンラインサイト両方で初売り実施中。(2020/1/2)

ITはみ出しコラム:
令和元年で印象に残ったITニュース“7選” AIからネットいじめ問題まで【2019年振り返り】
2019年の振り返り企画。今回のテーマは、海外ITニュース全般で印象に残った7つの出来事をまとめてみました。(2019/12/29)

IHSアナリストと振り返る半導体業界:
2019年は転換の年、2020年は“半導体不足”の時代に突入
半導体業界にとって2019年は、市場全般の低迷に加え、米中貿易問題、日韓貿易問題といった政治的な要素にも大きく影響を受けた年となった。IHSマークイットジャパンのアナリスト5人が、2020年の展望を交えつつ、2019年の半導体業界を振り返る。(2019/12/25)

Apple、2019年のベストアプリ「Best of App 2019」を発表
ニューヨークでリアルイベントが開催され、そこで2019年のベストアプリが発表された。(2019/12/3)

有料動画配信「戦国時代」に オリジナルやライブ競う
定額やレンタルで映画やドラマを見ることができるインターネット動画配信サービスが、群雄割拠の様相を呈している。(2019/11/27)

Apple、デベロッパー向けアプリ「WWDC」を「Apple Developer」としてリニューアル
WWDC参加者のためのアプリが、デベロッパー全般に向けたアプリとして改訂された。(2019/11/20)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「16インチMacBook Pro」登場 プロ向けに再構築された新モデルを速攻レビュー
Appleがまたも新しい「Pro」モデルを投入。今度は大型化して性能を大幅に引き上げた「16インチMacBook Pro」だ。いち早く実機のインプレッションをお届けする。(2019/11/13)

「Disney+」はAmazonのFire TVとSamsungとLGのスマートTVでも視聴可能に
Walt Disney Companyが11月12日から米国などで提供開始する動画サービス「Disney+」が、Amazon.comの「Fire TV」やSamsungとLGのスマートTVでも視聴できると同社CEOが語った。また、米国以外の一部の国でも、来年3月末から提供する。(2019/11/8)

Appleの動画配信サービス「Apple TV+」いよいよ開始! 全作品オリジナルで月額600円
9月10日以降にApple製品を購入で利用料無料に。(2019/11/2)

オリジナルの映像配信サービス「Apple TV+」開始 月額600円、端末購入で1年間無料
Appleは11月1日、月額600円の映像サブスクリプションサービス「Apple TV+」を開始した。オリジナルのテレビ番組や映画などが配信される。9月11日以降にiPhone、iPad、Apple TV、Mac、iPod touchを購入したユーザーは1年間無料でサービスを利用できる。(2019/11/1)

「全オリジナル」ビデオサブスクのApple TV+始まる 日本でも視聴可能
Appleは、ビデオサブスクリプションサービス「Apple TV+」の提供を開始した。(2019/11/1)

Appleの第4四半期は増収減益 ウェアラブルとサービスが好調
Appleの7〜9月期決算は、売上高は第4四半期としては過去最高の640億4000万ドル、純利益は3%減だった。クックCEOは、「ホリデーシーズンは非常に楽観している」と語った。(2019/10/31)

動画視聴に最適:
PR:最新ディスプレイ講座――新たな選択肢「OLED(有機EL)」がもたらす動画視聴の大革命
ディスプレイの購入にあたり、新たな選択肢が浮上している。そう、OLED(有機EL)だ。従来の液晶と何が違うのか、どこが優れているのか、気をつけるべきポイントは何かをまとめた。(2019/11/28)

WarnerMediaの定額動画サービス「HBO Max」は2020年5月に月額14.99ドルでスタート
AT&T傘下のWarnerMediaが、定額動画サービス「HBO Max」を2020年5月に米国で開始する。月額14.99ドルとApple TV+やDisney+より高いが、AT&Tのプランによっては無料になる。「ゲーム・オブ・スローンズ」のスピンオフ作品「House of The Dragon」など多数のオリジナルコンテンツも視聴できる見込み。(2019/10/30)

ソニー、有料テレビサービス「PlayStation Vue」を終了
ソニー・インタラクティブエンタテインメントが2015年に米国で立ち上げた、テレビコンテンツの有料ライブ配信サービス「PlayStation Vue」を終了する。主力のゲーム事業に専念するとしている。(2019/10/30)

アクティブノイズキャンセリング対応の「AirPods Pro」が10月30日に登場 2万7800円
Appleのワイヤレスイヤフォン「AirPods」に上位モデルが登場。シリコン製のイヤチップを装着するスタイルとなり、新たにアクティブノイズキャンセリング機能を搭載した。(2019/10/29)

Disneyの定額動画配信サービス「Disney+」、Verizonの一部ユーザーは1年無料に
米通信大手Verizonの定額無制限プランユーザーは、Walt Disney Companyが11月に米国で開始する定額動画配信サービス「Disney+」を1年間無料で利用できる。Disney+の年間サブスクリプション料は69.99ドルだ。(2019/10/23)

Appleにコンテンツをアップロードするデベロッパーツール「Transporter」配布開始
Appleのアプリストア、コンテンツストアにアップロードするための専用ツールが公開された。(2019/10/17)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「macOS Catalina」を導入して分かった“iPadとの一体感” iTunesの廃止は問題なし
Mac向け新OS「macOS Catalina」の正式版がリリース。iPadをサブディスプレイ兼ペンタブレットとして利用可能にする「Sidecar」をはじめとする注目の機能、そしてiTunesの廃止など、インプレッションをお届けする。(2019/10/9)

Apple、「iPadOS 13.1 ソフトウェア・アップデート」を配布開始 大幅な機能強化
iPadに専用OSがやってきた。ホーム画面でウィジェットが使えるなど、大きな機能強化がされている。(2019/9/25)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「iPhone 11」「11 Pro Max」を試して実感したカメラ大幅進化 そして将来の強みとは
9月20日の販売開始に先駆けて数日間、「iPhone 11」「iPhone 11 Pro Max」を試用した。進化したカメラの実力を中心として、実機に触れて試してみたインプレッションをお届けする。(2019/9/17)

DisneyのアイガーCEO、Appleの取締役を辞任 競合する「Disney+」と「Apple TV+」のスタート前に
Appleの取締役を2011年から務めてきたWalt Disneyのボブ・アイガーCEOが、Appleの取締役を辞任した。Appleは9月10日、Disneyが11月12日に月額6.99ドルで提供開始する「Disney+」と競合する「Apple TV+」を11月1日に月額5ドルで提供すると発表した。(2019/9/15)

石野純也のMobile Eye:
2019年は「iPhone 11」を主役に据えたApple 低価格路線でテコ入れ、コンテンツも強化
2019年のiPhoneは、「iPhone 11」がラインアップの中心であることが打ち出された。iPhone 11の価格はiPhone XRの発売時よりも安い。Appleによると、「より多くのユーザーに手に取ってもらうため」の価格設定だという。(2019/9/14)

「tvOS」「watchOS」のバグ報告にも報奨金
iPhoneの脆弱性に1億円、macOSも報告対象に Appleがバグ報奨金を大幅変更
Appleはバグ報奨金プログラムの対象を「macOS」の脆弱(ぜいじゃく)性にも拡大し、同時に報奨金を引き上げる方針だ。脆弱性の種類によっては、報奨金の金額は100万ドルにもなる。(2019/9/14)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
基本の「iPhone 11」か、冒険の「11 Pro」か 現地取材で分かった違い
米Appleのスペシャルイベントで発表された「iPhone 11」と「iPhone 11 Pro」シリーズ。基調講演から感じ取れたメッセージと、実機に触れたインプレッションを現地からお届けする。(2019/9/12)

2台・3台分の役割を果たすiPhone 11 Proのカメラ、触って分かったその「変態的」魅力
サンフランシスコ在住のデジタルクリエイターが現地で新iPhoneのカメラに触れて感じたこと。(2019/9/12)

0.01ドルに気付かされた新製品の価値:
言葉では伝わらない新iPhone 11とApple Watchのすごさの本質
9月11日(現地時間)、Appleのスペシャルイベントで数多くの製品が登場した。発表会の情報だけでは分からない、iPhone 11シリーズと新型Apple Watchの魅力に迫る。(2019/9/12)

月額600円の映像配信サービス「Apple TV+」11月1日開始 端末購入で1年間無料
Appleは、11月1日からオリジナル作品のみを提供する月額600円の映像サブスクリプションサービス「Apple TV+」を開始。iPhone、iPad、Apple TV、iPod touch、Macに対応し、7日間の無料トライアルも利用できる。(2019/9/11)

「Apple Arcade」日本でも9月20日スタート 月額600円(無料トライアルあり)
Appleの有料サブスクリプション式ゲームサービスが、日本でも提供される。月額料金は600円で、新規契約から1カ月間は無料トライアル可能だ。契約は家族6人まで共有できる。(2019/9/11)

新iPhoneは「Pro」含む3機種、特徴は? Apple発表内容まとめ
「新iPhone」3機種が発表されたAppleスペシャルイベントの内容をまとめた。(2019/9/11)

Appleが“ゲーム天国”「Apple Arcade」を9月19日にスタート
9月11日(現地時間)、Appleのスペシャルイベントでゲームのサブスクリプションサービス「Apple Arcade」を9月19日にスタートすると発表した。広告なしでオリジナルゲームがプレイでき、100タイトル以上のオリジナル作品を提供する。(2019/9/11)

Apple TV+、11月1日から開始へ Appleのオリジナル番組配信サービス 月額4.99ドル
世界100カ国以上でスタート。(2019/9/11)

Apple TV+、11月1日から提供開始 月額600円
Appleのオリジナル番組を月額600円で視聴できる。(2019/9/11)

Appleの定額ゲームサービス「Apple Arcade」は9月19日から! 月額600円で新作100タイトル以上を提供へ
コナミやカプコンといった日本のゲームメーカーも参加。(2019/9/11)

11日午前2時から:
Appleスペシャルイベント視聴方法 今年はYouTube配信も
次期iPhoneの発表がうわさされる米Appleスペシャルイベントをリアルタイムで視聴する方法を紹介。(2019/9/10)

11日午前2時から Appleの発表会をリアルタイムでチェックする方法
日本時間で9月11日午前2時から、Appleがスペシャルイベントを開催する。今回は「iPhone 11」シリーズや「Apple Watch」「Apple TV」などの発表が予想される。発表会の様子をリアルタイムで確認する方法を紹介する。(2019/9/10)

ディスカバリーが独自の動画配信サービス「Dplay」開始 男性が好む番組を無料で
ディスカバリー・ジャパンが独自の動画配信サービス「Dplay」(ディープレイ)を開始した。視聴は無料。(2019/9/9)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。