LINEMOの新料金「ベストプラン」発表 3GB以下で990円、3〜10GBで2090円 5分以内かけ放題とのセットプランも

» 2024年06月06日 09時45分 公開
[金子麟太郎ITmedia]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 ソフトバンクは6月6日、オンライン専用ブランドLINEMO(ラインモ)の新料金プランとして、「LINEMO ベストプラン」と「LINEMO ベストプラン V」を発表した。7月下旬以降から提供する。記事内は全て税込み。

LINEMO LINEMOの新料金プランのニュースリリース

 LINEMOベストプランは、データ使用量が10GBまでの場合で、最安をうたう料金プランだ。毎月のデータ使用量に応じて2段階の月額基本料が自動的に適用され、月額基本料はデータ使用量が3GB以下なら990円、3GBを超え10GB以下なら2090円となる。

 LINEMO ベストプラン Vは、5分以内の国内無料通話とデータ通信をセットにした、より多くのデータ容量を消費する人に向けた料金プラン。LINEMO ベストプランと同様に2段階の月額基本料が自動で適用される。月額基本料はデータ使用量が20GB以下なら2970円、20GBを超え30GB以下なら3960円となる。

 SMSの利用料は、送信時が1通につき3〜30円(3.3〜33円)、受信時が無料となる。データ追加時にかかる料金は、1GBごとに550円だ。

LINEMO 料金表。LINEMO ベストプランとLINEMO ベストプラン Vの違い

 新料金プランを提供する理由について、同社は、現在提供中の3GBのミニプラン(月額990円)だと足りないという人の声や、スマートフォンユーザーの4人に3人が、毎月のデータ使用量が10GB以下という調査結果などを受け、提供するに至ったとしている。

 同社専務執行役員の寺尾洋幸氏は、6月6日の発表会で、「他キャリアと比べても、十分競争力のある料金で、複雑な条件なしでこの料金を提供できる」とアピールした。さらに、寺尾氏は「業界全体の動きと、ユーザーニーズの両方を見ながら、料金プランを決めている」との考えを述べた。

 使った分に応じて請求額が変わる段階制の料金プランは、シンプルである反面、予想以上に請求が来てしまうリスクもあるという。

 「細かく切り刻んだ料金プランだと、オンラインブランドではなかなか伝えづらい」(寺尾氏)反面、3GBのミニプラン(月額990円)と、20GBのスマホプラン(月額2728円)の中間容量を「新たに発表したベストプランでカバーできる」(寺尾氏)と踏む。

事務契約手数料が無料 LINEのカウントフリーなども

 同社は、LINEMOならではの「充実のサービス」として、事務契約手数料が無料になること、トークや通話の際にデータ消費量をカウントしない「LINEギガフリー」が使えること、音楽サブスクリプションサービス「LINE MUSIC(一般が月額980円/学生が月額480円)」が6カ月無料になること、Appleのサブスクリプションサービス「Apple TV+」「Apple Arcade」が3カ月無料(4カ月目以降は月額900円)になることを挙げている。

LINEMO LINEMOの事務契約手数料は無料。LINEのカウントフリーも利用できる

LINEMOベストプラン発表記念キャンペーン

 割引対象期間にミニプランを10GBまで990円で利用可能な「LINEMO ベストプラン発表記念キャンペーン」が6月14日に開始となる。受付終了日はベストプランの受付開始日前日。対象者は、新規契約でLINEMOのミニプランに加入した人と、既にLINEMOを利用している人(エントリー制)だ。

LINEMO 6月14日に始まる「LINEMO ベストプラン発表記念キャンペーン」

ミニプランとスマホプランは新規受付終了へ

 なお、同社はLINEMO ベストプラン/ベストプラン Vの提供に伴い、ミニプランとスマホプランの新規受付を終了する。

【更新:6月6日17時14分】キャンペーンなどの情報を追加しました

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月17日 更新
  1. “完全ワイヤレスイヤフォン”を外出先で使わなくなった理由 (2024年06月16日)
  2. スペックダウンでも「Xperia 1 VI」に触れて“納得”した理由 「らしさ」を犠牲にして得たもの (2024年06月16日)
  3. 「Vポイント」の“ためる、使う”でトクする方法 ポイント二重取りとVポイントPayアプリの活用がカギ (2024年06月14日)
  4. 最近はやりの「スマホショルダーストラップ」がダイソーで110円! スマホケースに挟み込むタイプで使いやすいが課題も (2024年06月16日)
  5. 好調Tecnoの折りたたみスマホの課題は“重さ” 後継機は薄型軽量化で衛星通信対応か? (2024年06月16日)
  6. KDDIの5Gが“真の実力”を発揮、通信品質の評価を覆せるか 「5G SA」の本格展開も見据える (2024年06月15日)
  7. 「サイゼリヤ」のスマホオーダーはシンプルだけどスゴいやつ(私もようやく体験できました) (2024年06月15日)
  8. 楽天カード利用で最大3万ポイント還元など 「楽天マジ得フェスティバル」開催 (2024年06月14日)
  9. 新しい「iPad Pro」を手にして分かったeSIMのメリットと課題 iPhoneのeSIMオンリーは時期尚早か (2024年06月14日)
  10. 約20万円でも「Xiaomi 14 Ultra」が想定以上の反響だった理由 ミッドレンジは“企業努力”で価格を維持 (2024年06月17日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー