ニュース
» 2013年11月22日 15時47分 UPDATE

x86の仮想化環境向け外付型ディスクストレージ、2013年売上は22.5%増と成長

IDC Japanによると、x86仮想化環境で利用される国内外付型ディスクストレージシステムの2013年の売上額は、前年比22.5%増の305億4400万円となる見込みだ。

[ITmedia]

 IDC Japanは11月22日、x86の仮想化環境で利用される国内外付型ディスクストレージシステム市場に関する予測を発表した。2012年の同市場の売上額は前年比23.7%増の249億3400万円だったが、2013年はさらに同22.5%増の305億4400万円となる見込みだ。

 売上の増加要因は、x86仮想化環境の普及率の上昇と、その規模の拡大が挙げられる。また、サーバ仮想化環境が中堅・中小規模の企業にまで普及するのに伴い、サーバ仮想化とともに初めて外付型ディスクストレージシステムを導入する企業も増えているという。

 国内企業が利用しているシステムは、売上額ベースではFC-SANの構成比が最も高いが、NASやiSCSIの構成比も上昇している。NASは導入や運用の容易さが、iSCSIは低コストでSANが構築できることがユーザーから評価されている。

 また、一つのシステムでブロックとファイルの両方に対応できるマルチプロトコルストレージの導入も進んでいるという。ハイパーバイザ環境ー別では2012年までVMware環境向けが売上額において高い構成比を占めていたが、2013年は多様なハイパーバイザー環境向けの需要が拡大し始めている。

 IDCは同市場の2012〜2017年における年間平均成長率を15.8%と予測している。

idc1122.gif 国内x86仮想化環境向け外付型ディスクストレージシステム売上額の実績と予測:2012年〜2017年、出典:IDC Japan

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -