ニュース
» 2014年01月10日 07時58分 UPDATE

企業のMacの82%は旧バージョン、セキュリティ問題も修正されず

Sophosが調べた結果、最新版の「OS X Mavericks 10.9」を使っている企業はわずか18%だった。

[鈴木聖子,ITmedia]

 Macを使っている企業の82%は最新版の「OS X Mavericks 10.9」に更新しないまま、脆弱性が放置された古いバージョンを使い続けている――。セキュリティ企業の英Sophosが1月9日のブログでそんな調査結果を公表した。

 Mavericksは、Appleが2013年10月から無料提供を開始した最新OSで、2013年12月には脆弱性を修正する更新版もリリースされた。その一方で、OS X 10.6(Snow Leopard)、10.7(Lion)、10.8(Mountain Lion)については更新が途絶え、脆弱性が修正されないまま放置された形になっている。

 そこでSophosは、同社のMac版ウイルス対策製品を使っている法人ユーザーとホームユーザーを対象に、Mavericksがどの程度普及しているかを調べた。

 その結果、ホームユーザーは55%がMavericksを使っていたのに対し、法人の場合、Mavericks導入率はわずか18%にとどまった。残りはMountain Lionがほぼ半数の47%を占め、Lionが10.7%、Snow Leopardが10.6%となっている。

sophos001.jpg 企業と家庭でのMac OSの割合(Sophosより)

 SophosのブログではAppleの対応について、「Mavericksへのアップグレードを無料にしたのは結構なことだが、誰もがアップグレードできるわけではない。Mountain Lionは登場から15カ月しかたっていないのに、既に見捨てられてしまったようだ」と指摘する。

 さらにMicrosoftの対応と比較して、「Microsoftは12年以上もサポートしてきたWindows XPの打ち切りで非難されている。Appleも、15カ月よりもう少しましな対応をしてもいいのでは」と述べ、「もしもMavericksにアップデートできないのなら、Windows 7かLinuxをインストールすべきかもしれない」との考えも示した。

関連キーワード

OS X Mavericks | Mac | Sophos | Apple | 企業 | 脆弱性


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ