ニュース
» 2014年02月07日 16時03分 UPDATE

アズジェント、標的型攻撃の無料診断サービスを開始

顧客企業のネットワーク内の任意ポイントに、チェック・ポイントのセキュリティ検査デバイスを一定期間設置して実施する。

[ITmedia]

 アズジェントは2月7日、企業向けに「標的型攻撃無料診断サービス」を開始した。

 診断にはチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズのセキュリティ検査デバイスを利用する。アズジェントのエンジニアが顧客企業を訪問して、ネットワーク内の任意のポイントに診断用デバイスを設置。1週間の監視を行った後に、採取したログデータを分析して分析結果をレポートで提出する。推奨されるセキュリティ対策も提案するという。

 ログデータの分析ではマルウェアなどの不正プログラムの有無、組織内部から外部の攻撃者サーバへの通信の痕跡の有無、ファイル共有ソフトなど情報漏えいにつながる恐れのあるアプリケーションの有無など、ネットワークの視点から多階層的なチェックを行う。

asjent01.gif サービスイメージ

 診断にはネットワークのミラーポートを利用するため、顧客がネットワーク構成を変更する必要はない

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -