ニュース
» 2014年04月02日 14時11分 UPDATE

りそなHD、3万台のXPをWindows 8に移行――日本最大規模

併せてOffice 2003のマイグレーションも実施。2月末に対応を完了した。

[ITmedia]

 りそな銀行や近畿大阪銀行などを展開するりそなホールディングスが、グループ内のOA端末約3万台で利用していたWindows XPとOffice 2003を、Windows 8とOffice 2013に移行させた。日本マイクロソフトが4月2日に発表した。

 りそなHDが採用したのは、Windows 8 EnterpriseとOffice 2013 Professional Plus。2013年4〜8月に、業務アプリケーションを仮想化し、同時にWindows 8 のポリシー設計やシステム管理製品のSystem Center 2012 Configuration Manager(SCCM)構築などを実施した。営業店で2カ月間試行し、8月から本格移行に着手。2月末に完了した。

 移行時に約半数のPCを新規調達したが、購入から2年程度までのPCはアップグレードを行い、PCの調達コストを抑えたという。PCのセキュリティ対策製品にはSystem Center 2012 Endpoint Protectionを採用し、SCCMからリモートインストールなどを行って、PCの展開作業を効率化させた。

 マイクロソフトの発表に、執行役 IT企画部長の白鳥哲也氏は、「一気にWindows 8への移行を決断したが、最新製品を使って効率化するという考えに反対はなかった。SCCMを活用して、異例のスピードで展開を実現した」とのコメントを寄せている。

 マイクロソフトによれば、りそなHDでの導入は国内最大規模という。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -